猫の疥癬は人にも感染する? 症状や治療薬、予防法について獣医師が解説

猫の疥癬(かいせん)は伝染力がとても強い激しい痒みを伴う猫の皮膚病の1つです。猫だけでなく人間にも感染することがあるので注意が必要です。もし感染してしまってもあわてないでください。猫の疥癬の症状や原因、治療法など詳しく、シリウス犬猫病院院長の石村が紹介します。

疥癬とは

猫の疥癬とは、疥癬虫である「ヒゼンダニ科ショウセンコウヒゼンダニ属ネコショウセンコウヒゼンダニ(Notoedres cati)」による猫の感染症です。

同じヒゼンダニ科のミミダニ(耳ダニ症)と混同されがちですが、猫の疥癬は「ショウセンコウヒゼンダニ」に、ミミダニは「キュウセンヒゼンダニ」に分類され、虫体が異なります。ミミダニと比べると、ネコショウセンコウヒゼンダニは四肢が短く全体的に円形の形をしています。

猫の疥癬と耳ダニ症は皮膚症状の分布や虫体の形態によって区別されます。ネコショウセンコウヒゼンダニは「虫卵→幼ダニ→若ダニ→成ダニ」の4世代の発育期を持ちます。虫体は宿主の皮膚の角質内にトンネルをつくり、産卵を繰り返します。生涯を宿主の皮膚で過ごします。

ネコショウセンコウヒゼンダニ

耳ダニ
写真提供 Vet Derm Tokyo 伊從 慶太先生

疥癬にかかりやすい猫種・年代

家猫

特にかかりやすい品種などはありませんが、子猫や室外飼育の猫に多く見られます。性差はないとされています。

猫の疥癬の症状

猫の頭部
※苔癬化した猫の後頭部:皮膚が厚くなり硬くなることによりできる発疹(写真提供 Vet Derm Tokyo 伊從 慶太先生)

病変は主に頭部や耳に多く見られます。厚みのある黄色っぽいかさぶた(痂皮)が付着したり、フケ・発疹を伴います。激しい痒みを伴うのでひっかき傷や出血が認められ、二次感染を起こすと化膿することもあります。

進行していくと、脱毛および苔癬化(※)も認められます。耳や顔面以外では、前足、下腿に拡大していきます。病変を治療せずに放置すると、全身の広い領域に拡大し、食欲不振や削痩を起こし、死に至ることもあります。

※苔癬化 :慢性経過の炎症性皮膚疾患で認められ、皮膚が厚くなり硬くなることによりできる発疹


猫の疥癬の原因・感染経路

外を歩く猫

ほとんどの場合、感染猫との接触で感染します。外に出る習慣がある猫は特に気をつけましょう。室内でも網戸越しに野良猫と接触して感染することもあるので注意が必要です。

また飼い主が感染猫と接触することによって自宅に疥癬虫体を連れてきてしまう可能性もあります。頭部や耳を中心にフケやかさぶたなどの皮膚病変がある野良猫にはあまり接触しないようにするのがいいでしょう。

動物の保護施設や、ペットホテル、トリミングサロン、動物病院もしっかりとした予防対策をしていないと感染源になることがあります。

ヒトや犬にも感染する?

ヒトや犬にも感染が認められます。他の宿主への感染は基本的に接触感染です。宿主特異性(※)が強いですが、ヒトや犬においても痒みが発現することがあるので注意が必要です。

※宿主特異性:寄生生活を行う生物などが特定の生物のみを宿主とする性質のこと


猫の疥癬の検査・診断方法

皮膚掻把検査(※)を行い、疥癬虫体を確認し診断します。フケを顕微鏡で確認してみると、疥癬虫体や虫卵が見つかることもあります。犬の疥癬の検出率は20~50%と言われていますが、猫の疥癬ではそれよりも検出率が高いように感じます。

※皮膚掻把検査:皮膚の表面を削って、掻きとった検体をスライドガラスののせて観察します。皮膚に侵入した寄生虫を掘り出す必要があるため、検査の際すこし痛みが生じる場合があります。

ダニ虫体

数ある皮膚疾患の中でもトップクラスの非常に強い痒みを伴う疾患です。また、症状の分布が頭部や耳に限局しやすいので、そのような症状が認められたらすぐに動物病院を受診しましょう。

院内感染を引き起こす可能性があるので、疥癬を疑った場合、動物病院の受付にてその旨を伝えると感染拡大のリスクが減るのでいいでしょう。また、先ほども述べたようにヒトに感染するリスクもあるので要注意です。

猫の疥癬の治療法

なるべくなら感染するのを避けたいところですが、もし感染してしまった場合は感染症ということを念頭に置き、しっかりと動物病院で治療しましょう。

猫の疥癬に対しての治療薬の選択肢は多いのですが、実は伴侶動物用医薬品として承認されている薬剤はありません。効能外での使用となりますが割と治療に対しては反応もよく、治療困難なイメージはありません。

近年、獣医療において駆虫薬の種類が豊富になり治療の選択肢が増えました。注射薬、スポットオン製剤が主流になっています。

治療薬

疥癬治療薬写真

猫の疥癬の治療は駆虫薬を用います。代表的な駆虫薬は以下の5つが挙げられます。

  • イベルメクチン(注射薬)
  • ドラメクチン(注射薬)
  • セラメクチン(スポットオン製剤、製品名レボリューション)
  • イミダクロプリド・モキシデクチン合剤(スポットオン製剤、製品名アドボケート)
  • フィプロニル・メトプレン・プラジクアンテル・エプリノメクチン合剤(スポットオン製剤、製品名ブロードライン)

症例ごとに適した薬剤を選択しますが、近年はスポットオン製剤の使用が増えているように実感します。

治療期間は方法によりさまざまですが、例えばイベルメクチンは1~2週間ごとに2~3回の注射をしたり、セラメクチンは14日または30日ごとに滴下したりするなど、症状に応じて数回行われることが多いです。

フィプロニル・メトプレン(スポットオン製剤、製品名フロントライン)は猫の疥癬駆除には効果がありません。また、補助的な外用療法として硫黄サリチル酸シャンプーなどで薬浴することもあります。環境中の疥癬に対しては、ピレスロイド系の殺虫剤を散布してもいいでしょう。

猫の疥癬の予防法

佇む猫

何度も言いますが、とにかく感染猫との接触を避けることが重要です。感染力がとても強いので、多頭飼育の猫では1匹が感染するとあっという間に他の猫にも広がる可能性があります。予防としては室内飼いの徹底が望ましいでしょう。

感染していた場合の環境対策

完全室内飼育の場合は、感染する可能性はかなり低いですが、もし感染していた場合は同居動物の治療による再感染防止が最も重要になります。ヒトや犬にも感染性を示すので、同居猫以外にも同居犬がいた場合は同様に駆虫しましょう。

マットやベッドなどは清掃または廃棄を行い、屋内環境の清浄化に努めましょう。廃棄できないものの場合は、ヒトの疥癬における対策に準じて50℃以上で10分間加熱処理を行います。

猫の疥癬の予後

猫

完全屋内飼育の猫では発症が少ないです。激しい痒みを伴うので、できるだけ早急に治療してあげましょう。自然治癒することはほぼありません。

治療に対する反応は良いほうで、治療して1~2カ月で良化する場合がほとんどです。しかし環境中の清浄化がうまくできていなかったり、同居動物の治療していなかった場合などは再感染するおそれがあるので注意しましょう。

いったん症状が改善しても、自己判断せずに獣医師の指示に従って、しっかりと治療しましょう。

予防を心がけましょう

外を見る猫

疥癬は激しい痒みや炎症を伴うので、できることなら感染するのを避けたいですね。また、万が一感染してしまった場合は速やかな対処を心がけましょう。

どんなに気をつけていても病気にかかってしまうことはありますが、愛猫をつらい目に合わせないためにも病気に対する知識をつけ、予防を心がけることが大事です。

引用文献

  • カラーアトラス 犬と猫の皮膚疾患 岩崎利郎監訳
  • 小動物の皮膚病診療Q&A 岩崎利郎監修

Share!