猫はブリ(鰤)を食べても大丈夫? 骨や食中毒には要注意

魚好きな猫にとってブリはよだれが出る食べ物ですよね。ブリと言ってもお刺身など熱を加えないもの、焼いたり茹でたりの調理の仕方によっては注意点があります。今回はブリの成分や猫がブリを食べる際に気を付けておきたいことを紹介します。

猫にブリをあげても大丈夫!

猫

ブリは猫に与えても大丈夫な食材のひとつですが、与える際に気をつけるべきこともあります。ここでは、猫にブリを与える際の注意点を紹介します。

アニサキスによる食中毒

天然もののブリには、昨今話題になっている寄生虫「アニサキス」よる食中毒の心配があります。ただ、刺し身として一般的に流通しているブリは養殖もので、寄生虫の心配はほぼありません。また、天然ものでも適切に冷凍処理されていればアニサキスは死滅しているので問題ありません。

厚生労働省が発表している報告によると、アニサキスは寄生虫(線虫)の一種で、サバやイワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類の内臓に寄生します。

鮮度が落ちると内臓から筋肉に移動し、生の状態で食べることで、アニサキス寄生虫が胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こします。人間だと嘔吐や激しい痛みを伴い、犬や猫にも同様の症状を起こす可能性があります。


ヒスタミン食中毒

ヒスタミン食中毒はヒスタミンという物質を含有している魚を摂取することによって発症する中毒です。魚がもともと持っているヒスチジンという物質が、細菌の持つ脱炭酸酵素の働きよって魚肉内でヒスタミンを生成します。魚を常温で放置することによって細菌が増殖するので、必然的にヒスタミンの生成される量も多くなり中毒を起こす確率が高くなります。

ヒスタミンは熱にとても強いため一度ヒスタミンが生成されてしまうと熱処理によって分解することは困難になります。予防策として新鮮な魚を購入することを心掛け、常温の状態で放置などしないようにしましょう。ヒスタミン食中毒になると摂取後2〜3時間で以下のような症状が出ると言われています。


ブリの小骨

ブリには細かい骨がたくさんあります。人間であれば骨があることを意識して噛む回数を増やすことができますが、猫はそんなこと考えません。「小骨に気をつけてね」と言っても分からないので、事前になるべく目立つものは取り除いてあげるようにしましょう。

また食べさせる前によく焼くか煮るかして、サンマの身をほぐしてからあげるようにするとよいでしょう。骨が残っていると食べている時に口内を傷つけてしまったり、胃腸に負担をかけてしまったりする可能性があります。

猫にブリの皮は大丈夫?

ブリの皮には、豊富なコラーゲンが含まれています。コラーゲンは関節の滑りを良くする効果があるため、猫にとっても安心で健康的な食材です。切り刻んで与えてあげると良いでしょう。


もちろん味付けはNG

猫にブリを与える場合は、何も味付けをせずに、茹でるか蒸すかして与えてあげましょう。調理する場合も、油や塩、胡椒は使わないようにしましょう。なお、にんにく玉ねぎは中毒症状を起こしますので厳禁です。


猫をブリに与える最適な量

どんなフードでも食べる量の管理は大切です。例えば体重3kgの猫ですと、1日あたりの摂取カロリーは100~150kcal程度、一般的な市販のフードで1日60g〜80g量になります。

ブリ自体はカロリーも高いですし、メインのキャットフードにトッピングとして使用することを考えると、与えるフード量の20%程度(1日12g程度)までに押さえた方が良いでしょう。

ブリとハマチの違い

ブリ

知らない人もいるかもしれませんが、実はブリとハマチは同じ魚です。出世魚(しゅっせうお)といって稚魚から成魚までの成長段階によって複数の名前を持っているのです。

稚魚の時は「わかし」と呼ばれているこの魚は、体長が40cmほどになると「いなだ」や「ハマチ」、体長60cm以上になると「ワラサ」と呼ばれるようになります。そして、体長が80cm以上になると「ブリ」と呼ばれるのです。

ブリの成分

ブリのお刺身
ブリの栄養成分は調理方法によっても異なるため一概に言うことはできませんが、今回は焼きブリの栄養成分を紹介します。

焼きブリの成分(100gあたり)
エネルギー(kcal) 304
たんぱく質(g) 26.2
炭水化物(g) 0.3
脂質(g) 20.4
水分(g) 51.8
カリウム(mg) 440
リン(mg) 170

ブリには血液をサラサラにしてくれる、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が多く含まれています。

カリウム

カリウムは塩分を排出する働きがあるので、血圧を維持してくれます。利尿作用が体内の水分量を調整してくれるので代謝が良くなります。

DHA

オメガ3の不飽和脂肪酸の一つで、皮膚粘膜の健康を保ち脳の働きを活発にしてくれる役割があります。認知症予防にもなるので、積極的に取り入れたい栄養素の一つです。

EPA

魚に多く含まれている不飽和脂肪酸です。EPAが血中に血栓ができるのを防ぐことで、血栓の詰まりが原因となりやすい心筋梗塞や脳梗塞になる確率を下げてくれます。

もし猫がブリを食べて体調を崩した場合の対処法

猫

ブリの身自体に中毒成分はありませんが、普段食べ慣れていないものを食べた場合、体調を崩してしまうことがあります。また、骨などが刺さってしまうと嘔吐下痢、腸閉塞を起こす可能性もあります。

もし猫にブリを食べさせて体調を崩した場合、早めに動物病院に相談しましょう。その際に、どのくらい、いつブリを食べて、どういった調理方法で与えたかをきちんと説明しましょう。


健康な食生活を

猫

猫にとってブリは、皮まで健康的な食材です。ただし、骨とアレルギーには注意して食べさせてください。基本的に手作りごはんは栄養に偏りが出るため、獣医師にレシピを提案してもらったり、毎日栄養を考えられる方以外は、ドッグフードのトッピングやおやつとして与えてあげることをオススメします。

人間にとって美味しい食材でも、猫にとっては危険な食べ物もたくさんあります。それらをきちんと理解した上で、楽しいペットとの食ライフを過ごしてくださいね!

※本記事は猫にブリを積極的に食べさせることを推奨するものではありません。猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。

ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。