犬の片目がおかしい? 考えられる原因やすべき対応を獣医師が解説

犬の片目がおかしい? 考えられる原因やすべき対応を獣医師が解説

犬は気分により表情がよく変化します。ただし、それは基本的には左右対称で起こり、非対称になる場合には何らかの原因が隠れている可能性があります。「片目だけ赤い」「片目だけショボショボしている」「片目だけ透明な膜が見える」など、犬の片目だけがおかしい症状の原因として、目や神経系の病気、腫瘍、口腔内疾患などが挙げられます。今回は犬の片目がおかしい場合に考えられる原因や応急処置を目黒アニマルメディカルセンター/MAMeCの顧問獣医師で獣医循環器認定医の佐藤が解説します。

考えられる原因と病気

チワワ

犬の片目がおかしいときに考えられる原因は以下の5点が挙げられます。

  • 加齢によるもの
  • 目の病気
  • 神経の病気
  • 腫瘍
  • 口腔内疾患による顔面の腫脹

加齢によるもの

老犬の場合、筋肉の衰えにより、片目だけおかしくなったように見える場合があります。この場合は病的なものではないので心配する必要はありません。

しかし加齢によるものなのか、病的なものなのか一見判断が難しいかと思いますので、心配な場合は病院に連れていきましょう。

目の病気

片目が腫れると左右で表情が変わる可能性があります。具体的には「緑内障」が挙げられます。緑内障には目の内部にある眼房水という水が過剰になることにより目が腫れる病気です。

他には、眼をショボショボする場合にも表情が異なる可能性があり、「結膜炎」や「角膜炎」「ぶどう膜炎」など目の炎症が原因になることもあります。

愛犬の眼に透明な膜?

犬の黒目に透明な膜のような水疱が見えたら、角膜炎の恐れがあります。目の病気は早めの治療が肝要です。

愛犬の眼が赤い?

愛犬の目に赤い膜がある場合は「角膜炎」「ぶどう膜炎」「チェリーアイ」などが疑われます。また、目が充血している場合は前述の目の病気以外にも外傷が疑われます。

いずれにせよ目の病気の恐れがありますので、早期治療ができるよう早急に病院に連れていきましょう。

神経の病気

左右の表情が異なる代表的な神経疾患に「ホーナー症候群」という病気があります。特徴は、瞳孔が小さくなり、まぶたが垂れ下がります。

目と脳、そしてその二つをつなぐ脊髄のいずれかに病変が存在する場合に「ホルネル症候群」が起こることがあります。

具体的には「椎間板ヘルニア」「外傷」「腫瘍」などが挙げられます。また、その神経系の経路の近くには耳が存在するために、「中耳炎」「内耳炎」などが原因になることもあります。

腫瘍

鼻腔内や目、口などの顔面のいずれかに腫瘍が発生し、大きくなってきた場合には、左右で表情が異なる可能性があります。

また、腫瘍の種類によって進行速度や悪性度が変わります。発生する場所によって症状が異なり、鼻の中なら、鼻水や鼻血、くしゃみなどが認められることがあります。口の中に発生した場合にはご飯が食べづらくなる可能性があります。


口腔内疾患による顔面の腫脹

犬は非常に歯周病が多いです。とくに上顎臼歯の歯周病がひどくなると、口につながる骨を溶かしてしまうことがあります。

骨が溶けると膿がたまり、目の下辺りの皮膚から膿が排泄されることがあります。この状態は細菌感染と炎症により顔面の腫脹が見られることがあります。


犬の片目がおかしいときの応急処置

犬

エリザベスカラーを着用

目に原因がある場合は痛みを伴うことが多いため、可能であればできる限り早めに病院へ連れて行きましょう。すぐに受診できない場合は、引っ掻いて悪化させないため、エリザベスカラーを着用するようにしましょう。

耳を観察して炎症の有無や耳垢を見る

神経系の異常か判断することは非常に難しいです。まず、耳を観察して、炎症の有無や耳垢の程度を見ていただくと良いでしょう。重度であれば原因の一つかもしれません。

また、椎間板ヘルニアが関与している場合には、痛みのためにあまり動きたがりません。重症化すると四肢に麻痺を起こしている可能性があります。

腫瘍が疑われる場合はすぐ病院へ

腫瘍が原因の可能性がある場合は、すぐに動物病院に行くようにしましょう。悪性の場合、進行が早く、元気の低下や食欲の低下により、生活の質が下がることがあります。

歯石予防のため、2〜3日に一度は歯磨きを

歯石が重度に付着していたり歯がぐらついている、歯肉が腫れている場合は、原因の一つとして考えられます。まずは、歯磨きをして予防ケアをしてあげましょう。一度付着した歯石は除去することが困難なため、病院へ行きましょう。

いつもと違うと感じたら病院へ

ミニチュアダックスフンド

愛犬の片目がおかしい場合、考えられる原因は「目だけ」というわけではありません。そこには神経だったり、腫瘍だったり思わぬ病気が隠れている可能性があります。

いつもと違うと感じたら、早めの受診をおすすめします。

第3稿:2020年3月19日 公開
第2稿:2017年8月23日 公開
初稿:2016年6月6日 公開

Share!