犬の肉球がザラザラしているのはなぜ? やけどや乾燥などではがれることも......

犬の肉球がザラザラしているのはなぜ? やけどや乾燥などではがれることも......

犬のシンボルマークとしてもよく使われる肉球。イラストにしてもかわいいいですし、肉球が好きな人は多いのでないでしょうか。犬にとって肉球は歩く際に必要な箇所であり、とても大切な器官です。クリームを使ったお手入れ方法や気を付けるべきことなどをご紹介します。

肉球の役割

犬の肉球

肉球は犬のほかにネコ科の動物やイタチ、アライグマ、ウサギの一部などが持っている器官です。

滑らずに歩ける

肉球は触ってみると柔らかく弾力があります。犬の肉球の表面を拡大した画像を見てみると、表面は細かい組織が密集していることが分かります。これを、円錐状突起(えんすいじょうとっき)といいます。

触ってみても猫の肉球はツルツルした感触ですが犬の肉球はザラザラしていることが多いです。一見似ていますが犬の肉球と猫の肉球はかなり違っているのです。

犬の肉球の表面がザラザラしているのは、野生動物として生きていた頃に北の寒い地方に住んでいたために、それに対応した肉球になったのです。雪の上や凍った地面の上でも滑らずに走るためです。犬の足は爪がスパイクの役割をし、肉球が滑り止め役割をしているのですね。

クッションの役割

肉球は弾力があります。そのため足音を消すことができます。犬は、野生時代は狩りをして暮らす肉食獣でした。柔らかい肉球は足音を消す役割があったのです。

また、犬の肉球は体重を支えるだけではなく、獲物を追って走ったりジャンプしたりする際のクッションの役割もしていました。

汗をかく器官

犬は人間のように体中から汗を出して体温調節をすることはできません。犬が体温調節をする場合は口を大きく開けて熱を放出するパンティングを行います。他の器官には汗をかく機能は無いのですが、肉球にだけはほんの少し汗腺が存在しています。

肉球にある汗腺の多くはアポクリン汗腺で、そこから出る汗は多くはマーキングのための臭い付けや肉球を保湿するための汗です。人間と同じエクリン腺も多少存在しているため温度調節の機能もわずかながらあります。

犬が肉球を舐めるのはどんなとき?

犬

犬が肉球を舐めるのはどんなときなのでしょうか。頻繁に舐めるときは異常がある場合が多いので注意が必要です。

肉球に異常がある

犬は基本的に自分自身でグルーミングしません。それなのにしょっちゅう愛犬が肉球をなめる様子が見られるときは、肉球に何かしらの異常がある可能性があります。

犬の肉球の異常には乾燥でカサカサしている、炎症を起こしている、怪我をしていることなどが考えられます。

多少の乾燥程度では気にする様子はあまり見られません。犬が肉球を気にするような仕草を見せるときは、痛みがあったり痒みがあったりするときが多いようです。愛犬の肉球に異常がないか確認してあげましょう。

ストレスで舐める

肉球に異常がなくてもストレスによって自分の体を舐め続けることがあります。肉球を舐め続けるのもストレスが原因である可能性もあるでしょう。

運動不足や飼い主さんとのスキンシップ不足、または新しい家族が増えた、引っ越ししたなどの環境の変化によってもストレスを感じることがあります。

放置すると舐めるだけではなく自分の体を噛んでしまったり、傷つけてしまったりする場合もあるので、ストレスが原因と考えられる場合はなるべく取り除いてあげるようにしましょう。

ストレスの原因がわからないときは獣医など専門家に相談することをおすすめします。

肉球は怪我が治りにくい

犬の肉球

肉球は表面に血管が通っていないため怪我や炎症が起こった際には治りが遅いという面があります。肉球は愛犬が健全な生活を送るために大事な器官のため、普段から気を付けてあげましょう。

やけど

犬の肉球の表面は厚い皮膚で覆われています。素足でコンクリートの上や砂利道を歩くことは何でもないことですが注意してあげなければいけない点もあります。

アスファルトやコンクリートは、夏場にはかなりの高温になることがあります。アスファルトの温度は60度以上になることもあり、高熱になったアスファルトの上を犬が歩くとやけどしてしまいます。

肉球が火傷する恐れがある温度は42度以上。熱めのお風呂より高温であれば肉球も火傷の危険があります。現在の日本の夏は簡単にその温度に達する可能性が高いので注意が必要です。

カサカサになる

犬の肉球によく見られる不調が、肉球が乾燥してカサカサになってしまうことです。人間のかかともカサカサになると出血しやすくなりますが犬の肉球も同じで、弾力性が失われると硬い地面を歩いたり石の上を歩いたりしたときにひび割れから出血してしまうことがあります。

犬が地面をたくさん歩いているうちに肉球が硬くなってくるのは普通のことですが、弾力が失われたような状態でカサカサになっているときはケアが必要です。

犬の肉球が乾燥してしまう原因として老化があげられるのですが、若くても足の洗いすぎで油分がなくなってしまうこともあります。

また、足を洗った後きっちり水分を吹き取らずにいると必要な水分も一緒に蒸発してしまい、乾燥の原因になります。

腫れたり赤くなったりしている

犬の肉球が腫れたり赤くなったりしているときは何らかの炎症を起こしていることが考えられます。犬の肉球によく見られるのが指と指の間などに炎症が起こる指間炎という症状です。

指間炎の原因としては、何らかの怪我が原因で炎症を起こしたものや皮膚病などがあげられます。犬にもアトピーやアレルギーがあり、それが指間炎の原因となることがあります。

指間炎の原因がアトピーやアレルギーの場合、根治は難しいのですが、療養食やサプリメントなどで症状を軽減することは可能です。

指間炎はかなり強いかゆみを発症することがあり、そのような場合はかゆみ止めのなどの処方をしてもらいます。放置するとかゆいあまり肉球を激しくかじってしまいよりいっそう症状がひどくなるので必ず獣医に診てもらいましょう。

犬の足も冷たくなる?

犬の足

通常、犬の足はひやっとするほど冷たくなる事はありません。犬の足は冷たい雪の中でも凍ることなく歩くことが可能な構造になっています。

しかし、何らかの原因で体調が良くない、または高齢で代謝が落ちていることなどにより足が冷たくなってしまうことがあります。

21歳で亡くなった筆者の愛犬は、寝たきりになってしまってからは足が冷たくなることがたびたびありました。健康な犬の足が冷たくならないのは、動脈と静脈が結合する構造になっており血液が冷えにくいからです。しかし老犬になり血流が悪くなるとやはり冷えてしまいます。筆者の経験では犬の足が冷えているときは体全体も冷えてしまっているときが多いです。そのときは足をマッサージする、体全体を温めてあげるなど血流を良くしてあげる必要があるでしょう。


肉球のお手入れ

犬の肉球

日ごろの簡単なケアで愛犬の肉球を守ってあげることができます。

人間用のクリームはNG

人間用の保湿クリームなどは犬には使用しないでください。犬はクリームを舐めてしまう可能性が高いです。人間用のクリームは犬が舐めることに配慮して作られていませんので使用するのはやめましょう。

犬用の保湿クリームを使う

犬の肉球用の保湿クリームが市販されています。それらは犬用に作られているので使い勝手も良いですし安全です。


肉球クリーム:Amazonで見る


ワセリンを使ってケアする

市販のクリーム以外に犬の肉球のケアに効果的なのはワセリンです。通常の人間用の保湿クリームなどは犬に使うべきではありませんが、ワセリンは安全性が高いので犬に使うことができます。

ワセリンは肌の保湿や保護に優れているのですが、それは犬にも効果を発揮します。なめても害がなく安全性が高いこと、ドラッグストアなどで簡単に手に入るところがワセリンの使いやすい点です。

使い方は犬の肉球に薄く塗ってあげるだけです。塗った後に犬がすぐに舐めとってしまわないように肉球をマッサージしたり、手で包んであげましょう。20〜30秒ほど肉球を手で包んであげるだけでかなりワセリンがなじみます。もしベタつくときや犬が気にするときはなじませた後にティッシュで拭き取ってしまっても構いません。

ココナツオイルで肉球ケア

ココナツオイルも犬の肉球のケアに使用することができます。ココナツオイルは犬にとっても健康食材であり、もちろん舐めても大丈夫です。ココナツオイルは肉球の水分の蒸発を防ぎ、油分を与えるという効果があります。特にガサガサや乾燥がひどいときにワセリンにプラスしてココナッツオイルを使うと効果が高いです。

ワセリンを薄く手でなじませた後に、ココナツオイルを薄く塗って、軽くマッサージしてあげます。足の先や肉球をマッサージされることが好きではない子もいるので、はじめは短時間で力を入れずやさしくマッサージをしてあげましょう。ココナッツオイルは肌への吸収が早く、マッサージしているうちにべたつきがなくなってきますが、気になるときは最後に拭きとってあげてください。

ココナツオイルはまれにアレルギー症状を起こすことがあるので、いきなりたくさん使うのではなく少量を試してみてください。

まとめ

犬と人の手
犬の肉球は着地時のクッション、滑り止め、体温調節などの役割がある
肉球を頻繁に舐めるときは異常がある場合が多いので要注意
夏場のアスファルトはやけどのリスクが高いので歩かせないで
日頃から肉球クリームで保湿をしましょう
肉球は愛犬が歩いたり走ったりという日常生活を健全に送るために大切な箇所です。特に老犬になると肉球もトラブルを起こしがちになります。年をとっても肉球が健康であることが良い犬生を送ることにもつながります。日常の簡単なケアによって守ってあげることができますので気にかけてあげましょう。


Share!