犬がついてくるのはなぜ?飼い主を追いかける心理や理由を解説

犬が飼い主さんの後をついてくるという経験をしたことがある人は多いと思います。玄関やトイレ、お風呂についてくるなど、一見かわいい行動ですが、犬はどんな気持ちなのでしょうか? 今回は犬が後をついてくる理由と対応方法について紹介します。

犬が飼い主の後をついてくる理由

見上げる犬

少し席を立っただけなのに、一生懸命に後をついてくる愛犬。そんな犬の行動は「ストーカー犬」や「後追い犬」などとも呼ばれています。

犬は他の動物と比べても飼い主と一緒にいたいという思いが強い動物です。なぜ犬は飼い主の後を追ってしまうのでしょうか。

犬は群れで行動する

犬はそもそも群れで行動する動物です。それは犬が人と共に暮らす前からの習性であり、現在も強く残っています。犬同士ではなくても飼い主家族を群れとし、共に行動したいという欲求は少なからずあるはずです。

楽しいことを期待している

飼い主と一緒にいる時間は楽しいことがあると思っている子も少なくないでしょう。犬は飼い主でなくてもいつも一緒に遊んでくれたり、散歩に行ったり、美味しいおやつをくれる人のことが大好きです。何か楽しいことが起こることを期待して、後を付いてまわる子もいます。

飼い主への信頼と愛情

犬にとって飼い主は大好きで、信頼できる存在です。不安なときはそばにいてくれると安心できますし、好きだからこそ一緒にいたいと思うのです。

飼い主と離れたくない

いわゆる分離不安といわれるものです。飼い主が大好きなことはとても良いことですが、「離れることができない」のはまた別です。



犬がついてくる!飼い主の側にいたがる年齢

子犬

どの年代の犬でも飼い主といたがる子は多いですが、特に飼い主の側にいたがる時期があります。

パピー(子犬)

子犬にとって飼い主は「親」に等しい存在です。自分を守り、慈しんでくれる飼い主の側に子犬がいたいと思うのは自然でしょう。

また、子犬は見るものすべてに興味関心があります。飼い主のことが好きで後を付いて行ってしまうということもあるかもしれませんが、飼い主が歩くと動く「足」に興味があって追っているということも考えられます。

シニア犬(老犬)

シニア犬になると一段と甘えん坊になり、飼い主の側を離れたがらなくなる犬もいます。特に耳が聞こえない、目がよく見えないなどの老化の症状が出てきた後に多く見られる行動です。

筆者の亡くなった愛犬(柴犬)は、若い頃はかなり独立心があり、あまりベタベタするような子ではありませんでしたが、シニア犬になってからは若い頃に比べると一緒にいたがるようになりました。

犬がついてくるのが過剰な場合は分離不安の心配

分離不安の犬

ストーカー、後追い行動が過剰で、飼い主の姿が見られなくなると落ち着きがなく、鳴いたり吠えたりする場合は分離不安の可能性も考えられます。

その場合、トレーニングをして改善してあげる必要があります。放っておくと、犬が自傷行動に出てしまったりパニックを起こしたり、精神的ストレスにより別の病気を併発してしまうこともありますし、飼い主自身もお留守番をさせることへの不安や罪悪感などからノイローゼになってしまうこともあります。

分離不安の症状

分離不安とは、飼い主と離れると精神的に不安定になり、パニックを起こしてしまうことをいいます。分離不安が考えられるときには次のような症状が見られます。

  • 飼い主の姿が見えなくなると不安になり、鳴いたり吠えたりしてしまう。
  • お留守番には、パニックになり吠え続けたり、破壊行動、粗相、ひどい場合には自傷行動をしてしまったりする。

これらの行動が見られたときは分離不安の可能性があります。適切に対応してあげる必要がありますので、詳しい分離不安について関連記事をご覧ください。



犬がついてきて離れないのは病気の可能性も

寝ている犬

分離不安でもないし、そんなにいつも後をついてきていたわけではないのに急に飼い主にくっついて離れなくなったときは、病気で具合いが悪い可能性もあります。

筆者の愛犬は現在闘病中ですが、病気を発症し始めたと思われる頃、台所で料理をしている筆者の足元を離れないなど通常とは違う行動が見られました。食欲の低下などから血液検査をしたところ病気が判明したのですが、体調不良で不安になっていたので筆者の側を離れなかったのだと考えられます。

また、飼い主が病気の場合も考えられます。病気になると人も体臭が変わることから、ニオイの変化で犬が心配している可能性もあります。



まとめ

飼い主の帰りを待つ犬
犬が飼い主についてくるのは群れで生活する犬の習性が影響している
また、一緒にいる時間が多いことで「分離不安」になっている可能性も
普段と違い元気がなくそばを離れない場合は病気の可能性もある
家族として迎えたら一緒の時間を大切にして、愛犬が何を「考えているか」「感じているか」意識して過ごしてほしいと思います。