ノーズワークとは?効果や人気のノーズワークマットトイなどをトレーナが紹介

Share!

ノーズワークは犬の「嗅覚」を使ったゲームです。子犬から老犬まで楽しむことができ、ストレス発散や運動不足解消といった効果があります。今回は、ノーズワークのやり方や、人気のノーズワークマットなどをドッグトレーナーが紹介します。

ノーズワークとは

ノーズワークする犬

ノーズワークとは、鼻(嗅覚)を使った仕事や遊び全般を指します。

鼻を使った仕事といえば「警察犬」や「探知犬」「災害救助犬」などが有名です。しかし、特別訓練をしていない家庭犬であっても、鼻を使ったゲームを教えることができ、アメリカ発祥のドッグスポーツとして競技会もあります。

ノーズワークが注目されている理由

犬の感覚器官である「鼻(嗅覚)」は、視覚や聴覚に比べ生後すぐに使える器官であり、老犬になってからも最後まで使える器官だとといわれています。

「においを嗅ぐ」というのは生まれ持った本能であり、ノーズワークは犬種や年齢に関係なく能力を発揮することができる「遊び」なのです。

また、ノーズワークは室内外問わず楽しむことができるものであり、集中力や考える力を使いながら、飼い主さんとコミュニケーションを取ることもでき、適度な運動となります。


ノーズワークを教える前に

ノーズワークマットで遊ぶトイプードル

「意識してにおいを探す」というのは楽しい作業ですが、とても疲れる作業です。

慣れている子でも時間を決めて行い、適度に休憩をさせてあげましょう。初めて遊ぶ犬の場合、連続して行う時間は5分~10分程度の時間内にしましょう。

15分以上の休憩を挟んで行う場合でも2〜3セットにし、犬の様子を見ながら、集中力が切れる前にちゃんと見つけることができた状態で終わりにしてあげましょう。

教え方には、クリッカーを使って教えるものなどいくつかありますが、今回は特別な道具が無くてもできる取り組みやすいものを紹介します。

ノーズワークの教え方

\動画を見てチャレンジ!/


少しずつ、おやつを隠す場所の難易度を上げて、ゲームをクリアする達成感を愛犬に感じてもらいましょう。

用意するもの

  • おやつ(香りの強いものや、愛犬が大好きなおやつを用意)
  • タオルやバンダナなど、少し大きめの布

Step1.:待ての姿勢をつくる

ノーズワークトレーニング

できれば、おすわりをしてから「待て」の状態にしましょう。伏せのほうがやりやすければ、伏せして「待て」でも構いません。


Step2:愛犬の目の前でおやつをおく

ノーズワークトレーニング

最初は広げた布の上にわかりやすく、おやつを置いてあげましょう。

Step3:「探して!」など合図を出す

ノーズワークトレーニング

「探して!」や「サーチ!」など、「よし」とは違うコマンドを出すと良いでしょう。

Step4:見つけたら褒める

ノーズワークトレーニング

おやつを見つけて食べたら、よく褒めてあげましょう。

Step5:少し距離を離してレベルアップ



少し距離を離し「待て」をさせ、さらに布のちょっと中に隠してみましょう。

この先は、距離と隠し方をレベルアップしていきます。別の部屋で「待て」をさせたり、布の中に複数のおやつを隠すのも良いでしょう。

布の代わりに、小さなボックスやカップ、段ボール箱などを使うのも楽しいです。愛犬が飽きないように、ステップアップして楽しんでください。

\One Point!/
フードを見つけられたら褒めることを忘れないようにしましょう。

最初は簡単すぎるくらいで十分です。「見つけられなかった」という経験よりも「見つけられた」という「成功体験をたくさんさせてあげること」が大切です。

人気のノーズワークマット

タオルやバンダナでは物足りなくなった場合に、ノーズワークマットを使って難易度を上げてみましょう。

にんじん畑



ノーズワーク訓練毛布



スライドパズル



プレッツェルのノーズワークトイ



ノーズワークは犬と一緒に楽しむことが大切

ノーズワークマットで遊ぶトイプードル

ノーズワークとは、鼻(嗅覚)を使った仕事や遊び全般を指します
ノーズワークを行う際は、時間を決めて行い、適度に休憩しましょう
ノーズワークは「成功体験をたくさんさせてあげること」が大切です
徐々にステップアップしていきましょう

ノーズワークは、犬が本来持っている能力をしっかり使ってあげることで、ストレス発散になり、自信がついたり楽しみが増えたりします。

どれも大切なことですが、一番大切なのは、犬も飼い主さんも一緒に楽しむことです。

あくまで、コミュニケーションツールの一つとして、犬の生活の質を向上させるために「できたらいいね」という気持ちで臨みましょう。