犬がテレビを見るのは好きだから? テレビに反応する理由と注意点について

犬がテレビを見るのは好きだから? テレビに反応する理由と注意点について

犬を飼っている方の中には「愛犬がテレビを見る」という人も少なくないでしょう。中には、「吠えて困る」「お留守番させるときはテレビをつけっぱなしにしておく」という飼い主さんも多いと思います。テレビが好きな犬、興味を示さない犬がいますが、それぞれどんな気持ちでいるのでしょうか? テレビが犬に与える影響と、犬がテレビを見る理由について紹介します。

テレビに興味を示しやすい犬の特徴

黒い犬

テレビから特徴的な音が聞こえたり動物が映ったりすると、テレビの前に座り込んで凝視したり、興奮して吠えたり……。そんな姿を自宅やテレビで見たことがある方も多いでしょう。

筆者は犬を2匹飼っていますが、そのうちの1匹がよくテレビを見ています。犬や猫、おもちゃなどが映る動物番組から映画やアニメの放送まで、あらゆるジャンルの番組を食い入るように見ていることがあります。

もちろんテレビに興味を示さない子もいるので、反応はさまざまですが、テレビを見る犬と見ない犬の違いは何でしょうか?

テレビに興味を示しやすい犬というのは犬種ごとの習性が大きく影響していることもあります。例えば、テリアはネズミやウサギなどの猟犬として活躍していた犬種です。そのため、テレビのような小さな画面の中で細々と動くものを目で追ってしまうのです。

また、ビーグルバセットハウンドのようなセントハウンド系の犬は、巣穴に潜り込んで対象を追い回すテリアとは違い、獲物の残したにおいを元に追跡するのが主な役割でした。そのため、たとえテレビに動物が映っていても、においのしないテレビには興味を示さないのもまた、犬種の特徴でもあります。

ちなみに世界一有名なビーグルといえばスヌーピーですが、その名前の由来は「においを嗅ぎまわる」という意味の「snoop」という言葉だそうです。それだけセントハウンドが嗅覚に特化していることですね。

犬種による特徴は必ずしも当てはまるわけではありませんが、一つの考え方とするとテレビ以外にも面白い発見ができるかもしれませんね。

犬にはテレビの映像はどのように見え、聞こえているのか

犬と人間では目や耳の構造が大きく異なります。では人間と同じようにテレビを見ている犬たちは、テレビの映像や音声をどのように受け取っているのでしょうか?

床に伏せる犬

犬のテレビの見え方

動体視力の優れた犬にとって、テレビの映像は「コマ送り」のように見えるといわれています。また、色彩の認識能力も私たち人間とは異なっているため、実生活で目に映るものをそのまま切り取っているようには見えていないものと思われます。しいて言えば私たちが100年近く前の白黒映画を見たときに感じる「チカチカしてなんだか見づらい」という感覚に近いのではないでしょうか。


犬のテレビの聞こえ方

犬は人間の約4倍もの聴力があるとされていますが、音に対する感じ方はさほど差がないようです。

「犬は人間より耳がいいから、人間にとっての適正な音量でテレビをつけているとうるさいのではないか」とつい心配してしまいますが、人間よりはるかに広い可聴範囲があるからといって小さな音が大きく聞こえるというわけではありません。テレビから流れる音声の聞こえ方は私たちとあまり変わらないといえそうです。

犬はテレビを楽しんでいるのか

ベッドでくつろぐ犬

犬の知能をもってすれば、実態がなくても写真や映像から犬を見分けられるそうです。それであればたとえコマ送りのように見えていても動物番組に興味を示すのも納得です。私たちが流し見をしていて「あ、面白そう!」と思うのと同じような感覚でふいに見始めるのだとしたら、何だか人間くさくて面白いですよね。

テレビが好きなワンちゃんであれば、お留守番させる時、退屈しのぎにテレビをつけておくのも良いでしょう。反対にテレビが嫌いな子や、興奮しすぎてしまう子の場合にはストレスになってしまったり、吠え声で近所トラブルになってしまったりすることがあるので控えましょう。

トレーナーコメント

犬がテレビを見るきっかけは「動くものに反応した」「気になる音がした」「一緒に遊びたい」などさまざまですが、飼い主さんがきっかけということもあります。飼い主さんがテレビを見て笑って楽しそうだと、犬もテレビが気になったりします。また、犬はたまたまテレビを注視しただけでも、その姿がかわいいくて飼い主さんが「かわいい!」と言いながら写真を撮ったりすると、犬は褒められていると勘違いして「テレビを見るようなしぐさや行動」を繰り返すようになります。


犬にテレビを見せる際の注意点

ソファでくつろぐダックスフンド

昔のブラウン管テレビと違い、今のテレビは犬の力でも簡単に倒せてしまうほど薄いもの。愛犬が興奮するような映像が流れて走って突進してしまったり、画面をガリガリと掘ってしまったりすると、テレビ自体が破損してしまう可能性や愛犬がけがをしてしまう可能性があります。愛犬の届かない場所に設置する、固定してしまうなどの措置を施しておくと安心です。

犬が見るために作られた番組がある?

犬のテレビの見え方は人間とは少し違っているようですが、なんと海外には「DOGTV」という犬のために作られたテレビプログラムがあるようです。

犬が見やすい色彩に加工されており、留守番中につけっぱなしにしていても犬がリラックスできる構成や、反対に刺激を得られるような音と映像が流れるというプログラムなのだそうです。


テレビの好き嫌いは犬それぞれ

笑顔の犬

犬がテレビに熱中していても、少なくとも人間と同じような見え方や感じ方はしていない、というのが現在の見解です。 それでもやはり、まったく興味がない犬もいれば、音にだけ反応する犬、特定のCMにだけ反応する犬、ある番組のとあるコーナーだけかじりつくように見る犬……。と愛犬とテレビの付き合い方は実にさまざまです。

筆者の愛犬はテレビに映った動物やおもちゃをテレビの裏側に探しに行ったり、「ゆるキャラ」などの着ぐるみに対して実際に対面したときと同じように怒って吠えたりします。

映像や音の捉え方は犬と人では違いますが、一緒に生活していると「犬もテレビを同じように楽しんで見ているのでは?」と思わずにはいられませんね。
Share!