犬の聴覚は人の何倍? 聞き取れる周波数や耳の構造について紹介

犬の聴覚は嗅覚の次に鋭い感覚器官です。犬が家族の帰宅を誰よりも早く出迎えたり、地震の発生に気がつきソワソワしたりすることは、優れた聴覚を持っているからこそ。今回は、犬の耳の構造や聴力について紹介します。

犬の聴覚

ボストンテリア

犬の可聴音域

人間は、20〜2万ヘルツの範囲の音を聞くことができますが、犬は最大で約5万ヘルツまでの音を聞くことができます。つまり、犬は人間よりもより高い音を聞くことができます。

人間が日常生活で耳にする音は、日常会話で最大約4000ヘルツ、飛行機の音でも最大で約1万3000ヘルツです。

離れた距離の音が聞ける

犬の聴力は人間よりも優れており、1km以上離れた距離の音を聞くことが可能といわれています。

障害物がなければ、それ以上の遠い距離の音を聞くことができるといわれています。私たちにとっては何も聞こえなくても、愛犬が耳をピクピクさせている時は、何か遠くの音を聞こうとしているのかもしれません。

犬の耳の構造

犬の耳の構造

犬の耳は、大きく分けて「外耳」「中耳」「内耳」から構成されています。軟骨質の外耳(耳介)が音を捉え、外耳孔を介して鼓膜に伝えます。

鼓膜の振動が中耳の平行器官を刺激し、平行器官は音を増幅すると同時に、過剰な振動から内耳を守ります。

犬の聴力が低下する原因

老犬

加齢による聴力低下

人間が年を取ると耳が遠くなることと同様に、犬も加齢により耳が遠くなります。老犬を飼っている人は「小さな声で名前を呼んでも来なくなった」「小さな音に反応しなくなった」などの経験があるかもしれません。

このようなときは、少し大きく、高い声で愛犬を呼んであげましょう。「急にまったく反応しなくなった」という場合は病気の可能性があるので、動物病院で診てもらいましょう。

遺伝性疾患

生まれつき耳が聞こえにくい、もしくは聞こえないという犬もいます。ダルメシアンは、他の犬種と比較して先天的に耳が聞こえない子が多いことが知られています。 

感染症

加齢や生まれつきの難聴以外にも、病気が原因で難聴になることもあります。そのうちの一つが感染症です。

特に多いのが外耳炎です。外耳炎は外耳に細菌、真菌などが感染し、炎症が起こることで引き起こされます。

初期症状として「頭をよく振る」「耳が赤くなっている・痒がっている」「悪臭がする」などがみられます。予防策としては、耳を清潔に保つことが一番です。


犬の聴覚に関する疑問

撫でられる犬

犬は高い声を好む?

ある研究によると、大人が赤ちゃんに話しかけるような高い声で犬に話しかけた場合と普通のトーンで話した場合では、犬は高い声に対してより反応したという結果がみられたそうです。

犬との距離を縮めたい方は、赤ちゃんに話しかけるようなトーンで犬に話しかけてみてもいいかもしれません。

犬はどんな音に反応する?

犬はおもちゃの音、おやつの袋を開ける音、人の声、車の音など、いろいろな音に囲まれて生活しています。「おやつの袋の音だけで犬が走ってきた」「チャイムの音に対して吠える」など、ある音に対して反応がある一方、関心を示さない物音もあります。

これは「おやつの袋の音=おやつをもらえるかもしれない」という条件反応の一種です。ある音と、それに結びつく事実が一致し、反応します。

名前を覚えている犬は、自分の名前を聞くと反応します。何気ない会話で、愛犬のことを話していると、もしかしたら愛犬が耳をすまして聞いているかもしれません。

犬種で聴力の差はある?

1歳〜4歳のチワワダックスフンドプードル、ポインター、セントバーナードで聴力の差を調べた実験によると、直立型の耳を持つ犬種と、垂れ耳を持つ犬種間にて、顕著な聴力の差(周波数)の差はありませんでした。

また、犬の大きさによって鼓膜面積の広さなどにも違いがみられますが、犬の大きさと聴力の差(周波数)に関連性はないとされています。

まとめ

子犬


犬は最大で約5万ヘルツまでの音が聞ける
犬は1km離れた距離の音も聞くことができる
急に声に反応しなくなった場合は病気の可能性がある
高い声のほうが犬が反応しやすい
犬種ごとに顕著な聴力の差はない

犬の優れた聴力は、人間の声も識別・認知し、私たち人間とのコミュニケーションにとっては大切です。言葉は話せなくても、愛犬にいろいろと話しかけて、コミュニケーションをとってみてください。


引用文献

  • Harold R Spira "Canine Terminology" Harper & Row Sydney 1982 Pages 43 - 49
  • Cole LK. Anatomy and physiology of the canine ear. Vet Dermatol. 2010 Apr;21(2):221-31.
  • Njaa BL, Cole LK, Tabacca N. Practical otic anatomy and physiology of the dog and cat. Vet Clin North Am Small Anim Pract. 2012 Nov;42(6):1109-26.
  • Jeannin S, Gilbert C, Amy M, Leboucher G. Pet-directed speech draws adult dogs' attention more efficiently than Adult-directed speech. Sci Rep. 2017 Jul 10;7(1):4980.
  • Ter Haar G, Mulder JJ, Venker-van Haagen AJ, van Sluijs FJ, Snik AF, Smoorenburg GF. Treatment of age-related hearing loss in dogs with the vibrant soundbridge middle ear implant: short-term results in 3 dogs. J Vet Intern Med. 2010 May-Jun;24(3):557-64.
  • Strain GM. Deafness prevalence and pigmentation and gender associations in dog breeds at risk. Vet J. 2004 Jan;167(1):23-32.
  • Henry Heffner. Hearing in large and small dogs: Absolute thresholds and size of the tympanic membrane. Behavioral Neuroscience . 1983 Jan;97(2):310-318.

第4稿:2020年5月24日 公開
第3稿:2019年1月11日 公開
第2稿:2017年12月04日 公開
初稿:2016年1月22日 公開