シャルトリューの飼い方|ロシアンブルーとの違いや性格・特徴について紹介

シャルトリューの飼い方|ロシアンブルーとの違いや性格・特徴について紹介

シャルトリューはロシアンブルーやコラットと並んで「ブルー御三家」としても有名な猫種です。シャルトリューは別名「フランスの宝」「生きたフランスの記念碑」と呼ばれ、古くからフランスの人々に愛されてきました。今回は同じブルー御三家の猫であるロシアンブルーやコラットとシャルトリューとの違いや歴史について紹介します。

シャルトリューの性格や特徴

シャルトリューは英語で「Chartreux」と表記します。諸説ありますがフランスにあるキリスト教の一派であるシャルトリューズ修道院で飼われていた猫がシャルトリューの祖先にあたるため、この名前が付けられたといわれています。

歴史

シャルトリューの起源について記されている書物はないため詳しいことは分かっていません。16世紀には既にシャルトリューが存在していたことがフランスの古い書物に記されています。1880年頃にはシャルトリューはフランスを代表とする猫として、フランスの人々に愛されていたことを示す文献がフランスには残っています。第二次世界大戦後シャルトリューの数は激減したため、絶滅の危機に瀕していました。しかしシャルトリューはフランスのブリーダーたちの手によりブリティッシュショートヘアーペルシャ猫との交配が行われてきたため、絶滅の危機を逃れることができました。

シャルトリューの性格

頭が良くて、元気いっぱいの性格をしています。大昔に、フランスの自然中でハンターとして生きていた頃の名残なのか、高い所に登って周りを見渡すことを好みます。鳴き声は小鳥のようにとても小さいです。そのため、マンション飼いにも適しています。

特徴

「少し原始的な体つき」とさえいわれる、筋肉質でかなりたくましい体つきが特徴です。別名「ほほ笑みの猫」という愛称で親しまれている、シャルトリューの常にほほ笑んでいるように見える少し上がった口元も魅力の一つです。

シャルトリューとロシアンブルーコラットの違いは?

ブルー御三家の3匹は非常に見た目が似ています。以下のポイントを参考にして見比べて見てください。

  • 体格
  • シャルトリューは筋肉質でどっしりとした体つきをしています。ロシアンブルーはほっそりとしていてスリムな体つきをしています。コラットは一般的な猫に比べると少し小柄です。

  • 目の色
  • シャルトリューの目はオレンジ、ゴールド、赤みがかったようなオレンジ色のようなカッパー色のいずれかの色をしています。ロシアンブルーはエメラルドグリーンの目の色をしています。コラットはペリドットクリーンと呼ばれる、薄い緑色の目をしています。

  • 耳の形
  • シャルトリューは顔の大きさに比べると少し小さい耳をしています。ロシアンブルーは大きくて細長い耳をしています。コラットは先端が少し丸みを帯びた耳をしています。

    シャルトリューの耳
    左からシャルトリュー、ロシアンブルー、コラット

平均寿命や体重

シャルトリューの平均寿命は12歳〜15歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なので平均的といえるでしょう。平均体重はメスが2.5kg〜4kg、オスが4kg〜6.5kgです。

価格や相場

どこから迎えるかによりますが、平均価格はだいたい20万円前後です。

シャルトリューの毛色

シャルトリュー
シャルトリューの毛色はブルーのみです。猫の毛色をブルーと呼ぶ時は、基本的にグレー(灰色)を指します。

シャルトリューのかかりやすい病気

シャルトリューは多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)にかかりやすいといわれています。完治することは難しいものの、早期に発見することで症状を和らげることができます。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた時には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。

多発性嚢胞腎

両方の腎臓の中に水のたまった袋の嚢胞(のうほう)が出来てしまい、腎臓の働きを弱めてしまう病気です。この病気はペルシャ猫やペルシャ猫と血縁関係のある猫に多くみられます。

シャルトリューの飼い主さんのブログや動画

  • まんまるMarguax!
  • シャルトリューのブログ

    シャルトリューのマルゴーちゃんのブログです! 少しだけまんまるしていている体型もかわいくてたまりません!

  • シャルトリューの動画


  • さすがフランスの宝! ゴロゴロしているだけなのに気品と貫禄があります。

シャルトリューの迎え方

シャルトリューの飼い方はさまざまです。家にシャルトリューを迎える場合はぜひ参考にしてみてください。

保護猫から迎える

保護され新しいおうちを探しているシャルトリューもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にはシャルトリューの特徴を持った子もいます。ペトことの姉妹サイトである保護犬・保護猫のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてくださいね!

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。実際にブリーダーの元へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのシャルトリューを見つけることができます。

シャルトリューを家に迎えること

シャルトリューは鳴き声が小さいため、マンション飼いにもおすすめの猫種です! シャルトリューに限らず、猫を家に迎える場合は、「可愛いから」という理由だけでなく、きちんと一生お世話をするということを再確認してから家に迎えましょう。シャルトリューとの素敵なペットライフをお過ごしください!
Share!