猫はイクラを食べても大丈夫? 塩分を多く含むのでNG。お手軽な鮭がおすすめ

猫はイクラを食べても大丈夫? 塩分を多く含むのでNG。お手軽な鮭がおすすめ

料理に少し添えるだけで贅沢感があるイクラは、猫が食べても大丈夫なのでしょうか? お祝いの食事や特別な日、旅先などで食べる機会があるごちそう。そんな特別感あるイクラを、愛猫と一緒に楽しみたいという人もいるかもしれません。しかし、猫にイクラを与えるのはおすすめできません。その理由をまとめました。

猫はイクラを食べても大丈夫?

イクラ
イクラは鮭の魚卵のことです。鮭の腹から出した筋子を、一粒ずつバラバラに分けたもののことで、私たちが口にするのは、保存しやすいように塩漬けや醤油漬けで加工されたものがほとんどになります。そんなイクラは、塩分やアレルギーリスクの観点から猫に与えるのはおすすめできません。

塩分に注意

人の場合、塩分過多は高血圧の原因になるので、なるべく塩分を摂りすぎないように気を付けている方も多いと思います。同じように猫も塩分に気を付けたほうがいいと思う方も少なくないのですが、人と猫では体の作りが違います。例えば、「正常猫ではナトリウム含有量が異なる3種類の食事を7日間にわたり給餌したところ、(中略)血圧の変化は見られなかった」(※1)や「犬猫の腎臓病に伴う高血圧症ではナトリウム制限の有効性は明確に示されていない」(※2)という報告もあります。

しかし、だからといって人が食べるものを猫に食べさせれば塩分過多になってしまいます。塩中毒の危険性がありますし、過剰摂取による血漿(けっしょう)高カリウム濃度が続くと猫場合は心疾患、心不全につながる恐れがあります。

逆に塩分を制限し過ぎると、塩分不足の悪影響が出てしまう場合もあります。猫の塩分摂取量の基準はあまり明らかにされていませんが、犬の場合、栄養要求量の基準とされる全米研究評議会(NRC:National Research Council)は、10〜20kgの犬で、1日に2.42〜4.84gの塩分摂取を推奨しています。

特にイクラは、先述した通り塩漬けや醤油漬けに加工されていることが多い食材です。猫にイクラを食べさせることはやめておきましょう。

※1:三品美夏、渡辺俊文『正常犬・猫の高ナトリウム摂取における血圧および飲水量の変動』(日本小動物獣医学会誌)
※2:小山秀一『犬および猫における水およびナトリウムの調節機構』(動物臨床医学)



アレルギーに注意

イクラはそもそも鮭の魚卵になりますが、実は鮭にはアレルギー成分が含まれています。そのため鮭アレルギーがある猫には、イクラを食べさせてはいけません。もし猫が誤ってイクラを食べてしまい、皮膚にかゆみが出たり、元気がなくなったりするなどの症状が見られた場合は、獣医師に相談するようにしましょう。


猫は鮭を食べても大丈夫?

サーモン

猫がイクラを食べるのはおすすめできないとはなりましたが、実はイクラには多くの栄養素が含まれています。例えば網膜や神経組織の発達に良いとされるDHAやEPA、活性化酸素から体を守るアスタキサンチンなどです。「せっかく栄養豊富なのに、猫に食べさせることができないなんて……」と残念に思う人もいるかもしれません。

そこでおすすめなのが、イクラのお母さんである「鮭」です。鮭には、イクラと同じくDHAやEPA、アスタキサンチンのほか、皮には関節の滑りを良くするコラーゲンなどが豊富。イクラはなかなか手に入らないけれど、鮭なら手軽にスーパーなどで購入ができます。もちろん、猫に鮭を与える場合は、アレルギーに注意し、味付けされていないものを選んでくださいね。鮭を使った猫用おやつもおすすめです。

北海道産 鮭の皮のジャーキー

北海道産 鮭の皮ジャーキー
北海道産 鮭の皮のジャーキー
Amazonで見る

無添加・無着色・保存料不使用の国産の鮭を真空パックしてお送りしている、猫と犬用のおやつです。無塩なので、素材本来の味を楽しめます。

猫にイクラを食べさせないで

ねこ

塩分を多く含むイクラを猫に与えることはやめておきましょう。とはいえ猫が少量のイクラを誤って食べてしまったからといって、すぐに大きな症状が出る可能性は少ないです。そのため、猫がイクラを食べたあとは慌てずにしばらく様子を見て、何か気になる症状が出たら動物病院に相談してください。またイクラに含まれる栄養や成分と同様のものを望むなら、鮭に置きかえて与えてあげましょう。
Share!