猫はクッキーを食べても大丈夫? 与えてはいけない理由と注意点

猫にクッキーを与えても大丈夫なのでしょうか? 紅茶やコーヒーと相性抜群、お土産やギフトにもピッタリのスイーツです。しかし猫に人間用のクッキーを与えるのはおすすめできません。猫がクッキーを食べるリスクや注意点などを解説します。

猫はクッキーを食べても大丈夫?

ねこ


クッキーを食べていると物欲しそうに眺めてくる飼い猫に、ついつい与えたくなるかもしれませんが、人間用のクッキーには砂糖も含まれており、アレルギーのリスクもあります。猫にクッキーを与えない方が良いでしょう。

砂糖に注意

クッキーは甘いスイーツですから、もちろん多く糖分が含まれています。砂糖の成分であるショ糖ですが、これらを過剰摂取した場合は猫も人間と同様に過度なカロリー摂取となってしまいます。猫も肥満になりますし、肥満による糖尿病のリスクも高くなります。甘いものの食べ過ぎは人間同様にリスクがあるということを、しっかりと認識しておきましょう。

またごくまれではありますが、ショ糖が原因となり虫歯になってしまう猫もいます。食は健康に生きるために必要不可欠な要素ですので、一生綺麗な歯を保ってあげるためにも、糖分を過剰に与えることは避けましょう。


アレルギーに注意

クッキーの材料である小麦粉やバター、卵にアレルギーを持つ猫がいます。アレルギー反応が出た場合、下痢嘔吐、皮膚疾患といった症状が出る場合があります。猫がクッキーを誤って食べてしまった場合は、その後変わった症状がないかしっかりと確認するようにしてください。


チョコレートなど人向けの食材に注意

クッキーには、プレーンタイプのほかにチョコチップクッキーや紅茶クッキーなど、さまざまな種類があります。しかし、チョコレートや紅茶は猫にとって危険な食材です。チョコレートや紅茶に含まれるカフェインを誤って猫が食べた場合、中毒症状を起こし、最悪、命を落としてしまうケースもあります。


猫用クッキーは少量ならOK


Natural Delica 国産無添加 手作り おさかなクッキー
Natural Delica 国産無添加 手作り おさかなクッキー
Amazonで見る

どうしても猫にクッキーを与えたい場合は、猫用クッキーを用意してあげましょう。猫用クッキーであれば砂糖やバターを使用していないもが市販されています。とはいえ、小麦粉は使用されているものが多いので、アレルギーがない猫のみに与えてください。もちろん、与え過ぎには注意してくださいね。

猫は「甘味」を感じない

甘いものを欲しがる猫も多くいるようですが、猫には甘いものを感じ取る味覚がないといわれています。人間は基本的に「酸味」「苦味」「塩味」「甘味」の4種類の「基本味」に加えて「旨味」を感じることができます。一方で猫は「酸味」「苦味」「塩味」の3種類を感じることができます。つまり、猫には甘いものを感じる味覚がありません。甘いものを欲しがる理由は香りに反応していたり、人が食べていることで興味を持っていることが多いのです。


猫に人用のクッキーは食べさせないで


クッキー

おやつに人気のクッキーですが、猫に与えるのはおすすめできません。もちろん、少量を誤って猫が食べたからといって、すぐに体に大きな症状が出ることは少ないといえます。しかし肥満や糖尿病など長期的なリスクを避けるためには、猫にクッキーは食べさせないでおきましょう。もし誤って猫がクッキーを食べてしまったら、しばらくは様子を見て、気になる症状が出た場合は、すぐに獣医師に相談しましょう。
Share!