シャンティリーの飼い方|性格・大きさ・寿命・かかりやすい病気・迎え方などを解説

ふわふわな毛がエレガントな「シャンテリー」。独特な鳴き声で、よくしゃべる猫種としても知られています。また、現在の猫種名に至るまでにも紆余曲折あり、一部の地域では2通りの名前が使われています。今回は、そんな面白い特徴を持つシャンテリーについてご紹介します。

シャンティリーとは

シャンティリー黒 photo credit: @louievonfudginsさん Thank you!

英語表記 Chantilly(Chantilly/Tiffany)
原産国 アメリカ
サイズ 中型
体高 約3.6〜5.4kg
体重 約7〜12年

シャンティリーは、1969年にアメリカのニューヨーク州で生まれた猫種です。それ以前のルーツは知られていません。当初は「Foreign Longhair(フォーリンロングヘアー)」という猫種名で登録されましたが、のちにブリーダーにより「名前がふさわしくない」という理由で名前を「Tiffany(ティファニー)」と変更され、再登録されました。

しかしその後、イギリスの猫血統書登録団体に「Tiffanie(ティファニー)」という猫が登録されていることがわかり、混乱を避けるために「Chantilly(シャンティリー)」として登録し直されました。そのため、現在でもアメリカやカナダなどでは「Chantilly / Tiffany」として知られています。一度絶滅が危ぶまれたこともあるとてもレアな猫種です。

シャンティリーの特徴

シャンティリーは、セミロングの長さの毛を持つ猫種です。首回りのたてがみのような毛と長いフワフワな尻尾、シルクのような美しい毛並みがエレガントな印象を与えます。顔は横に広く、頬骨が出ているという特徴があります。

バーミーズやメインクーンとの違い

シャンティリーに似ているといわれる猫種には、バーミーズメインクーンがいます。

バーミーズ

バーミーズ

バーミーズは、シャンティリーと同様、シルクのような毛並みを持つ猫種です。大きさがシャンティリーと同じ中型ということもあり、シャンティリーはバーミーズの長毛種に間違われることが多いようです。しかし、実際は長毛のバーミーズはいません。シャンティリーとバーミーズは異なる猫種です。


メインクーン

メインクーン

長い毛を持つ猫ということで、シャンティリーはメインクーンに間違われることもあります。シャンティリーとメインクーンの一番の違いは大きさです。メインクーンは大型の猫として知られ、8kgになることもありますが、シャンティリーは大きなオスでも5.5kgほどにしかなりません。また、メインクーンの毛には模様がありますが、シャンティリーの毛は単色のみという違いもあります。


シャンティリーの性格

シャンティリーは、フレンドリーな猫種です。おしゃべりなことでも知られており、飼い主は鳴き声から得られる情報も多いです。


シャンティリーの毛色

ブラック、ブルー、チョコレート、シナモン、ライラック、フォーンなど、さまざまな毛色を持つシャンティリーがいますが単色のみで、模様の入ったシャンティリーはいません。目の色はゴールドが一般的です。

ブラック

シャンティリーブラック photo credit: @louievonfudginsさん Thank you!

ブルー

シャンティリーブルー By Jennie Kondo (Jennie Valdivieso Kondo - Grialte) - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

シャンティリーの育て方

シャンティリーは、子供やほかのペットがいる家庭にお勧めできるフレンドリーな猫種です。家を長い間留守にすることの多い家族には向きません。

ケア(シャンプー/ブラッシング)

シャンティリーアイキャッチ photo credit: @bugglewugglesさん Thank you!

シャンティリーの毛を健康で美しく保つには、毎日のブラッシングが欠かせません。若い時期から習慣にしておくとよいでしょう。


シャンティリーのかかりやすい病気

シャンティリーは、仲間でいることを好む猫種です。家族が長い間留守にしたり、あまりかまってあげなかったりするとストレスで病気になってしまうことがあるので注意が必要です。また、長い毛が邪魔をして肥満皮膚のトラブルなどに気がつきにくいという点があります。毎日のブラッシングの際に身体をチェックし、何か異常に気がついたらすぐに獣医へ連れていくようにしましょう。


シャンティリーの迎え方

シャンティリーは、世界的に見ても珍しく、入手が難しい猫種です。しかし、シャンティリーのような性格・性質を持った猫はたくさんいます。シャンティリーに限らず、猫を家族に迎える前には、家族できちんと話し合い、猫と一緒に暮らせる環境かどうかを今一度確認してみてください。その上で、シェルター、ブリーダー、ペットショップで家族となる猫を探してみましょう。

保護猫の里親になる

猫を家族に迎えることが決まったら、ぜひシェルターや保健所などに足を運んでみてください。「OMUSUBI」(お結び)をはじめとする、保護されている猫をネットで検索できるウェブサイトもあります。本当にいろいろな猫がいますので、一度アクセスしてみてくださいね。


ブリーダー・キャッテリーで迎える

いろいろなブリーダーやキャッテリーの情報をまとめて見ることのできるウェブサイトなどもありますので、そういった場所で探すと口コミも見ることができてよいですね。

ペットショップで迎える

ペットショップから購入する際には、動物の健康にきちんと配慮された質のいいお店を選びましょう。

おしゃべりなシャンティリーとわいわい楽しい毎日を

鳥がさえずるように鳴くといわれることもあるほどおしゃべりなシャンティリー。美しさと健康を保つには、毛のケアと同時にコミュニケーションをおろそかにしないように注意したい猫種です。

OMUSUBIなら子猫からシニア猫まで探せます!


保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護猫の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニアまで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

参照: