Thumbnail

【獣医師監修】犬がチョコレートを食べたらどんな症状が出る? 致死量や応急処置を解説

チョコレートは犬が食べてはいけない食べ物です。バレンタインの時期になると飼い主さんの目を盗んで食べてしまったり、なめてしまったりといった事故が誤飲事故が増えます。一方で、「愛犬がチョコレートを食べたけど元気だから嘘なのでは?」という話もありますが、それは中毒症状が出る量や致死量が犬によって異なるためです。今回は犬にとってチョコレートが危険な理由や、食べてしまった時の応急処置について、バンブーペットクリニック藤間獣医師監修のもと詳しく解説します。