犬とプールで遊ぼう! 関東・関西のドッグプール施設や家での遊び方を紹介

犬とプールで遊ぼう! 関東・関西のドッグプール施設や家での遊び方を紹介

犬用のプールに行くと、水遊びが大好きなワンちゃんは大喜びです。しかし、ドッグプールは遊んで楽しむこと以外に、健康にもよい影響を与えることをご存じでしたか? プールは元気なワンちゃんだけではなく、リハビリ中やダイエット中の犬にも最適なスポーツ・夏の遊びなのです。今回の記事では犬をプール泳がせることのメリットに加え、実際に犬を連れて行ける施設を東京や神奈川などの関東地方、大阪や兵庫などの関西地方を中心に紹介します!

犬をプールに連れて行くメリットとは?

プールに入る犬
楽しくストレス解消
負担を減らしながらダイエット
リハビリ効果
犬の中にも個性があり、泳ぎが大好きで水に全く抵抗がない子もいれば、泳ぎが苦手で水を怖がる子もいます。初めてプールに連れて行く場合は最初から無理はさせず、まずは水に慣らしてあげることが大切です。

思いっきり遊んで、楽しくストレス解消!

夏の日中は熱中症や脱水症状の危険があるので、日が出ているうちから思いっきり遊べる機会は少なくなります。そんな時に屋内のドッグプールに連れて行ってあげると熱中症などの心配もありませんし、ワンちゃんも普段とは異なる環境に夢中になって遊ぶことができます。

ドッグプールの中には泳ぎが苦手な犬のために浅いプールを用意しているところもあります。おもちゃやトイレなどのエチケットグッズを持参する必要がありますが、ライフジャケットなども含めレンタルをしているところもあるので確認してみましょう。


老犬、肥満犬の負担を減らしながらダイエット

老犬や肥満の犬の運動不足を解消するには、プールでの運動が有効です。年を取って足腰が少し弱くなってしまったり、肥満ゆえに運動をした時の関節への影響が心配だったりすると思います。

そんな時にプールで運動をすると、浮力によって運動時の足腰への負担が軽減されます。関節への負担を軽減させながらダイエットをすることができるため、運動中に関節を痛めてしまう可能性が少なくなります。しかしプールでの長時間の運動は水の抵抗などによって体力の消耗が早いので、時々休憩を挟むことは忘れない方がよいでしょう。


ドッグプールでのリハビリ効果

プールは外科手術後のリハビリにもよく使用されます。浮力によって足腰への負担が軽減されだけではなく、普段偏りがちな筋肉を均等に鍛え、関節の可動域を広げる効果があるのです。

術後やヘルニアなど足腰に問題がある場合、ドッグプールで体への負荷を軽減しながらリハビリを進めていくと、バランスのとれた筋肉の使い方もできるでしょう。最近ではリハビリ専用のドッグプールなどもあります。施設にいるスタッフはドッグプールに慣れていない場合や、水を怖がるワンちゃんなどへの経験も豊富なので、さまざまなアドバイスをもらうこともできるでしょう。

犬をプールに連れて行く時の注意点とは?

プールサイドで休む犬
体調管理
マナー
ドッグプール施設によっては予約貸切制の場合もありますが、プールは基本的にいろいろな犬が使用していくものです。ルールやマナーを守って有効活用しましょう!

体調管理

ドッグプールは不特定多数の犬や人が利用するものです。体調不良だったり、皮膚炎が疑われる状態で利用することは避けましょう。体調が万全でないのにプールを利用すると体調不良が悪化してしまう可能性もありますし、他に利用している犬に感染してしまう恐れもあります。

ドッグプールを利用する前はワンちゃんの体調がよいかどうか事前確認してあげましょう。そのように利用者の方々が気を配ることで、全員が安全に使用することができます。


マナーを守ろう

たくさんの犬が利用するドッグプールでは、飼い主さんが一人ひとりマナーを守ることが大切です。事前に確認し、楽しいプール遊びでトラブルにならないようにしましょう!

事前のブラッシンング

毛の抜けやすい犬は事前にブラッシングをしてあげると、プールに入った後の抜け毛を減らすことができます。必須としている施設は少ないのですが、ブラッシングは皮膚病予防にもなるのでこまめに行ってあげましょう。


トイレを済ませてから

プールで遊び始める前に、必ずトイレを済ませておきましょう。プールサイドでの排泄はほぼ全て施設が禁止をしています。また、遊んでいる最中も定期的に休憩を挟みトイレの時間を設けるようにしましょう。

体を清潔にしてからプールに入る

プールの環境を清潔に保つために、水に入る前は足の裏や肛門まわりなどを清潔にしましょう。タオルなどはプール施設でレンタルを行っている所もあるので事前に確認しておくとよいかもしれません。


リードをつけておく

プールサイドに入ると犬は楽しくなってつい興奮してしまう可能性があります。泳いでいる間はつけなくても大丈夫ですが、プールサイドでは基本的にリードを使用し、周りに迷惑がかからないように心がけましょう。リードの着用を義務付けている施設もあります。


犬用プールにも種類がある

プールでビート板の上に乗る犬
専属スタッフ常駐のプール
飼い主さんも入れるプール
自宅プール
犬をプールに連れて行こうとした時に、選ぶポイントとして小型犬と大型犬など体格の差だけではなく、遊びやリハビリなど目的別で施設などを選ぶことができます。

専属スタッフが常駐しているプール

専属スタッフがいる施設では予約制であったり、貸し切り利用のみの場合もあります。スタッフが犬の状態などをカウンセリングしてからプールに入る流れが一般的です。その後は飼い主さんは見学にまわり、犬はスタッフさんに任せます。

専属のスタッフがいる施設を利用するのは、水に慣れていない犬や、リハビリ、ダイエットが目的の場合が多いです。施設によってはただプールで泳ぐだけではなく、ダイエットやリハビリに適した装置を提供しているところもあります。

飼い主さんと一緒に入るプール

飼い主さんも一緒に入ることができるプールもあります。このようなプールはとにかく楽しんで遊び、体を動かすことが目的の犬に合っています。ただマナーを守らないとまわりのお客さんとのトラブルにもなりかねないので、楽しみつつ周囲への配慮を忘れないようにしましょう。

プールに行くときは水遊びに強いおもちゃなどを持って行ってあげると、一緒にいる犬たちと遊ぶきっかけにもなりそうですね。ライフジャケットやタオルなどをレンタルしているかどうか事前に調べておきましょう。

自宅でプール

他人や初めて会う犬が苦手なワンちゃんも、自宅でプールを作って楽しむことができます。子供用のビニール製のプールだと破れてしまう可能性があるので、しっかりとした素材を選ぶとよいでしょう。また、小型犬〜中型犬の場合はライフジャケットをつけて、冷めたお風呂でトレーニングさせることもできます。

\おすすめのプール/
INTEX(インテックス) レクタングラフレームプール
Amazonで見る

インテックスのプールはシンプルだけど頑丈でおすすめです。組み立ても簡単なので重宝しますよ!

INTEX(インテックス) イージーセットプール 305カケル76cm 28120 U-5301
Amazonで見る

ドッグプールに行くときに準備するもの

プールでおもちゃで遊ぶ犬
予防接種などの証明書類
リードやハーネス
ライフガード
ドッグプールの施設に連れて行く場合、施設を利用するために準備する必要のある物があります。施設のサイトなどを見て事前に確認しておきましょう。

予防接種などの証明書類

プールを初めて利用する場合、ほとんどの施設では混合ワクチンや狂犬病予防接種を持参する必要があります。多くの犬が集まる場所であるため、予防接種がちゃんと行われているかどうかは必要最低限の確認事項なのです。

ドッグプール以外でもドッグランなどを利用する際にも予防接種の証明書が必要な場合がので、出しやすいところに準備しておくとよいかもしれません。

リードやハーネス

犬用のプールでも泳ぐ時以外はリードやハーネスの着用を義務づけている施設は多いです。専属スタッフがいない遊びが目的の施設では、安全管理はやはり飼い主さんの責任です。事故や周りの人たちとのトラブルを避けるため、リードなどはしっかりと持参しましょう。



ライフジャケット

ライフジャケットは施設によってはレンタルを行っているところもあります。ライフジャケットはプール以外でも、海や湖へのキャンプなど使い勝手がいい物なので一つ持っておくとよいかもしれません。


ラッシュガード


紫外線が気になる子はラッシュガードがおすすめです。

関東のドッグプール施設

関東のドッグプール施設
わんダフルネイチャーヴィレッジ(東京) QOLA 柿の木坂(東京)
ドッグリゾートwoof(山梨) PRIMELAND DOGRUN MOROYAMA(埼玉)
伊豆修善寺 絆+(静岡)

東京都

わんダフルネイチャーヴィレッジ(東京・あきる野市)

小型犬〜大型犬まで全犬種が楽しめるプールです。

わんダフルネイチャーヴィレッジ

ドッグプールの概要



QOLA 目黒 柿の木坂 / クォーラ(東京・目黒区)

トレーニングやウォーターセラピー、送迎もあります。

QOLA 柿の木坂

ドッグプールの概要

山梨県

ドッグリゾートwoof(山梨・南都留郡)

屋内温水プール、シャワーブースなどもあります。

ドッグリゾートwoofのプールで泳ぐ犬 ドッグリゾートwoofのプールで泳ぐ犬
Photo by jinbe_1011さん Thanks!

利用者の声 ドッグリゾートwoofは初めての利用でしたが、広くて深いプールは探してもなかなかなかったので楽しかったです。プールで遊んだあとはシャワー、ドライヤーが無料で利用できるところもよかったです。 (jinbe_1011さん)

ドッグプールの概要

埼玉県

PRIMELAND DOGRUN MOROYAMA(埼玉・入間郡)

水深5cm〜100cmで、小型犬〜大型犬までOK

PRIMELAND DOGRUN MOROYAMA

ドッグプールの概要

DOG NEWS / ドッグニュース(埼玉・北本市)

大型犬も泳げる本格プールで、貸し切りも可能です。

ドッグニュースのプールで泳ぐ犬 ドッグニュースのプールで泳ぐ犬
Photo by okiyogram04さん Thanks!

利用者の声 プールデビューしたばかりだったので時間制のところを友達に教えてもらいました。活発な女の子の桜は怖がっていましたが、温厚な男の子のハルは気持ちよさそうに泳いでいました。プールは毎日水を取り替えているようで、綺麗で安心して遊ばせることができました。他のワンちゃんが苦手な場合は、時間をずらせました。広いドッグランが2カ所あるので待ち時間はドッグランで遊べます! (okiyogram04さん)

ドッグプールの概要

静岡県

伊豆修善寺 絆+(静岡・伊豆市)

大自然に囲まれて愛犬とのんびりできます。犬と遊ぶ施設も充実しています♪

伊豆 修善寺

ドッグプールの概要


閉店した関東のドッグプール施設


関西のドッグプール施設

関西のドッグプール施設
グラン・ドッグランド(兵庫・加西市) ペットランドミクニ 泉ヶ丘店(大阪・堺市)
WHITE LOTUS / ホワイトロートス(大阪・泉南市)

兵庫県

グラン・ドッグランド(兵庫・加西市)

広々とした温水プールです。シャンプー・リンスが必要な場合は持参してください。

グラン・ドッグランドのプールで泳ぐ犬
Photo by giacometti.65さん Thanks!

ドッグプールの概要

大阪府

ペットランドミクニ 泉ヶ丘店(大阪・堺市)

日本最大級の総合施設で、京都、奈良にも店舗があります。プールは夏季限定です。

ペットランドミクニのドッグプールで遊ぶ犬
Photo by chloe_qooさん Thanks!

ドッグプールの概要

WHITE LOTUS / ホワイトロートス(大阪・泉南市)

動物病院併設の総合施設です。ダイエット、リハビリにぴったりです!

WHITE LOTUS

ドッグプールの概要


閉店した関西のドッグプール施設


家でドッグプールを作るのもおすすめ!

犬と家でドッグプール 犬と家でドッグプール
Photo by micainuさん Thanks!!

わざわざ外に出かけなくても子供用やバケツに水を入れて、家でもドッグプールで遊ぶことができますよ!

犬とドッグプールではしゃごう!

プールで泳ぐ犬

ドッグプールは犬たちと一緒に夏を楽しむこともできるし、老犬や肥満の犬の足腰への負担を軽減させながら運動できる素晴らしい方法です。目的に合った施設を見つけ、ぜひ楽しんでみてください!

Share!