愛犬のためにクーラーはいつからつけるべき?適正温度や注意点などを解説

Share!

室内犬の夏の熱中症や暑さ対策に欠かせないクーラー(冷房)ですが「クーラーをつけっぱなしにしておけば大丈夫」と安心していませんか?あまりにも低い温度で設定すると、下痢や嘔吐などの症状を呈すクーラー病になる恐れも。今回は、犬にとっての適温や効率的なクーラーの使い方、いつからクーラーをつけるべきなのかなどを解説します。

愛犬のためのクーラーの使用時期や適正温度

舌を出して暑そうな犬

使用時期

最近は5月であっても夏日になることがあり、明確に「いつからクーラーをつけるべき」とは断言できませんが、冷却グッズなどで犬が快適に過ごせているうちは必要ないでしょう。

うっかり暑さ対策をせず、お留守番をさせることがないように、天気予報を確認し、必要なら冷却グッズやクーラーなどで快適な環境を整えることをおすすめします。

犬は湿度にも弱いため「冷房はまだいらない」という段階でも、除湿をしっかりしてあげると、快適に過ごすことができます

適正温度

一般的に犬は気温22℃、湿度60%を超えると熱中症になる可能性が高くなるといわれています。

外気温との差がありすぎても夏バテなどの原因になるため、クーラーの設定温度(室温)は25〜27℃目安がオススメです。

\One Point!/
あまりにも低い温度に設定すると、犬もクーラー病(気温変化により自律神経が乱れ、体調を崩してしまう状態)になる恐れがあります。

快適と感じる気温は犬種によって異なるため、愛犬が「パンティング(浅くハッハッと呼吸をすること)」などをせず、気持ちよさそうにお昼寝できるくらいが快適というサインです。

気になる電気代の節約方法

飼い主を見上げる犬

最近はクーラーの性能も上がり「つけっぱなしの方が料金は安くなる」という考え方が一般的になってきています。

初めは電気代の請求が気になるかもしれませんが、思い切って試してみるのも良いかもしれません。

電力自由化の動きによって、ペットの電気代に悩む飼い主さん向けに、ペットがいる家庭には割引が適用させるプランなどを発表している会社もあります。

株式会社かねだい「ペット&アクアでんき」
親指でんき「わんにゃんプラン+」
株式会社ユビニティー「ペットでんき」
株式会社グランデータ「どうぶつでんき」

犬にクーラーを使用する際の注意点

飼い主に甘える犬

人感センサーに注意

人感センサーは犬や猫を感知しない場合があります。

室温を管理できない留守番の際は、人感知機能は停止させ、単純に温度を設定し運転させるのがよいでしょう。

クーラー病に注意

クーラー病(冷房病)は、外気と室温の温度差によって自律神経が乱れ「食欲不振」「下痢」「嘔吐」といった症状を呈します。

子犬や小型犬、老犬の場合、気温の変化に敏感なためクーラー病にかかりやすいと考えられています。より注意深く、いつもと変わったことはないか観察しましょう。

留守番中の停電のリスク

犬用水飲みと犬

暑さに弱い犬にとってクーラーは非常に有効ですが、それだけで安心してはいけません。

留守番時に何らかの理由により停電し、ペットが熱中症になってしまった事例があるのです。そのため、クーラーをつけておくこと以外にも、しっかりと対策しましょう。

飲み水は数カ所に設置

留守番の際は、新鮮な飲み水を数カ所に点在させてあげると、犬もこまめに水分補給をすることができます。

ろ過装置の付いた自動給水器と併せて、停電になったときのために陶器製など電気を使わない水飲みも用意しておくと良いでしょう。

ペット用自動給水器
楽天で見る

冷却グッズも併用する

クーラーだけでなく、愛犬が自分自身で体温調整ができるよう、冷却グッズを置いておくと、万が一の停電のときも安心です。

扇風機やサーキュレーター

扇風機やサーキュレーターをクーラーと併用し、空気を循環させることで、必要以上に室温を下げなくても済みます。

ただし、事故を防ぐため、カバーを付けたり、犬が触れない場所に設置したりして、犬にとって安全な環境を作りましょう。空気を循環させることをイメージして配置するのがポイントです。

アイリスオーヤマ サーキュレーター
Amazonで見る

接触冷感ブランケット

接触冷感ブランケット
楽天で見る

まとめ

暑そうな犬
犬の暑さ対策にはクーラーが有効です
クーラーの設定温度は25〜27℃を目安に
停電に備え、電気を使わない冷却グッズを併用しましょう
体温調整が苦手な愛犬のために対策をしてあげられるのは飼い主さんしかいません。

クーラーと冷却グッズを活用して愛犬と夏を乗り切りましょう。