愛犬の暑さ対策はクーラーを活用して快適に。適正温度や注意点を紹介。

夏の熱中症や暑さ対策に欠かせないクーラー(冷房)ですが、「クーラーをつけておけば涼しいから大丈夫だろう」と安心していませんか? お留守番時に停電になった場合の対策や効率的なクーラーの使い方、いつからクーラーをつけるべきなのか、などについて解説します。

犬の暑さ対策にクーラーは必須!

パグ

犬の夏バテ、熱中症、脱水症状などは夏の暑さが原因で引き起こされるものがほとんどです。

クーラーは、室温をコントロールするという面では強い味方になりますが、ただ涼しくすればいいというわけではありません。

最も意識すべきことは「クーラーつけているから大丈夫」と安心しないことです。犬は基本的に人間よりも体温調整が苦手なので、万が一停電になった場合も考えて対策をするようにしましょう。

この記事では、クーラーの適切な温度から停電などの理由でクーラーが効かない状況を想定した対策を紹介します。


クーラーの適正温度や使用時期

眠そうな犬

適正温度

一般的に犬は気温22℃湿度60%を超えると熱中症になる可能性が高くなるといわれています。しかし、外気温との差がありすぎても夏バテなどの原因になってしまうため、クーラーの設定温度は25〜27℃を目安にすると良いでしょう。

また、湿度が収まると犬はだいぶ快適に過ごすことができますので、除湿を強化するのも有効です。

その上で、犬が自ら体温調節ができるよう冷却グッズを併用することをおすすめします。

\One Point!/
あまり低い温度に設定してしまうと、犬もクーラー病(気温変化により自律神経が乱れ、体調を崩してしまう状態)になってしまう可能性があります。快適と感じる気温は犬種によって異なるので、愛犬と一緒にいる時に「このくらいの気温はどうかな?」と試し、様子を見てあげるとよいでしょう。

愛犬が「パンティング(浅くハッハッと呼吸をすること)」などもせず、体を伸ばして気持ちよさそうにお昼寝できるくらいが快適だというサインです。

使用時期

最近は5月であっても夏日になることがあり、明確にいつからクーラーをつけるべき、とは断言できませんが、夏のクーラーは電気代も高くなりがちなので、冷却グッズなどで犬が快適に過ごせているうちは必要ないでしょう。犬は自分で体温調整をするのは苦手ですが、冷却グッズを利用して調整することはできます。

うっかり暑さ対策をせずにお留守番をさせて、「気がついたら30℃近い気温になっていた!」ということがないように、天気予報を確認し、必要なら冷却グッズやクーラーなどで快適な環境を整えてあげましょう。

犬は湿度にも弱いので、「冷房はまだいらないかな……」という段階でも、除湿をしっかりとしてあげると快適に過ごすことができます。

気になる電気代の節約方法

最近はクーラーの性能も上がり、「オンオフをこまめにするより、つけっぱなしにした方が料金は安くなる」という考え方が一般的になってきています。初めは電気代の請求が気になってしまうかもしれませんが、思い切って試してみるのも良いかもしれません。

そして電力自由化の動きによって、ペットのための電気代に悩む飼い主さん向けに、ペットがいるご家庭には割引が適用させるプランなどを発表している会社もあります。

ペットを飼育する家庭の電気料金に関するニーズに答えるサービス
株式会社かねだい「ペット&アクアでんき」

クーラーを使用する際の注意点

ラブラドール

クーラーで室温をコントロールするのは熱中症や暑さ対策にとても有効な方法です。しかし、クーラーを使用する際にも、注意すべき点があります。

人感センサーに注意

最近のエアコンは人感センサーが搭載されているものがあります。このセンサーはとても便利ですが、犬や猫などは感知しない場合があります。そうなるとお留守番の時にクーラーが停止し、「いつの間にか蒸し風呂状態になっていた!」ということが起こり得ます。

室温を管理できる人がいないお留守番の際は、人感知機能は停止させ、単純に温度を設定し運転させるのがよいでしょう。

クーラー病に注意

クーラー病(冷房病)は、外気と室温の温度差によって自律神経が乱れ体調を崩してしまうことを指します。暑い夏に体調を崩すきっかけになるため、屋外と室内で気温の差をつけないのは難しいことですが原因を知り予防対策を行うことはできます。

【クーラー病の原因】

  • 外気温と室内気温の差
  • 体が冷えやすい環境
  • クーラーによる極度な乾燥

外気温が上がってくると、犬の体も夏をむかえる準備を始めます。しかし、その時に室内だけとても涼しいような状況だと、犬の体も混乱してしまい、クーラー病を引き起こしてしまうのです。

犬は人間よりも生活している場所が低いところにあります。そのため冷えやすい場所で過ごしていると、人間よりも体が冷えてしまうことがあり、下痢や風邪の原因になります。

【クーラー病の症状】

  • 食欲低下
  • 嘔吐
  • 下痢や軟便
  • 元気がない
  • 神経痛
  • 腹痛

自律神経が乱れ、クーラーの冷気などにより体の冷えが進行し、お腹の不調などにつながります。人が犬のクーラー病に気付くのは嘔吐や下痢をきっかけにするところが多いでしょう。

また、子犬や小型犬老犬は気温の変化に敏感なためクーラー病にかかりやすいといわれています。より注意深く見てあげてください。

クーラー病の予防策

犬小屋と犬

クーラー病は犬の体の過剰な冷えを予防することによって避けることができます。犬は人よりはるかに低い位置で生活をしているため、飼い主にとって快適な気温でも「愛犬にとってはどうか?」を意識するようにしましょう。

愛犬に合わせた室温

クーラーの気温は前述したように25℃〜27℃を目安に、過ごしやすそうにしている気温を探してあげてください。

自ら体温調整できるアイテムを置く

愛犬が暑いと感じたら、自ら体温調整できるよう冷却グッズを置いておくと良いでしょう。その逆に、寒いと感じたときに暖を取れるようにタオルなどを置いておくことも大切です。

扇風機やサーキュレーターを使う

扇風機やサーキュレーターを併用して空気を循環させることで、必要以上に室温を下げなくてもすみます。ただし、事故を防ぐため、カバーを付けたり、犬が触れない場所に設置したり、犬にとって安全な環境を作りましょう。お留守番時のケージに直接向けるのではなく、空気を循環させることをイメージして配置するのがポイントです。

アイリスオーヤマ サーキュレーター:Amazonで見る

お留守番中にクーラーが止まる⁉︎ 停電のリスクも考えよう

ソファの上にいる犬

クーラーは暑さに弱い犬にとって非常に有効ですが、それに頼って安心してはいけません。お留守番時に何らかの理由により停電し、飼い主はそれに気が付かずペットが熱中症になってしまったケースがあるのです。そのため、クーラーをつけておくこと以外にも、しっかりと対策をしなければいけません。

飲み水は数カ所に設置

お留守番の際は、新鮮な飲み水を数カ所に点在させてあげると、犬もこまめに水分補給をすることができます。ろ過装置の付いた自動給水器と併せて、停電になったときのために陶器製など電気を使わない水飲みも用意しておくと良いでしょう。

自動給水器 フレスコプロ:楽天で見る

陶器製ウォーターボウル:楽天で見る

編集部おすすめの冷却グッズ

愛犬の体温調節をサポートし、停電になった際にも役立つ冷却アイテムを紹介します。

接触冷感ブランケット


楽天で見る

MB COOL MAT


楽天で見る

Porta シャンブレー ベッド


楽天で見る

まとめ

笑顔の犬
犬の暑さ対策にはクーラーが有効!
クーラーの設定温度は25〜27℃を目安に
あまり低い温度に設定するとクーラー病の原因に
留守番時はクーラーの人感センサーをオフに
停電に備え電気を使わないグッズを併用しましょう
体温調整が苦手な愛犬のために対策をしてあげられるのは飼い主さんしかいません。クーラーと冷却グッズを活用して愛犬と夏を乗り切りましょう。



Share!