犬はさくらんぼを食べて大丈夫! 種や葉など注意点も

さくらんぼは犬が食べてもいい果物ですが、種や葉には毒があるので与え方には注意が必要です。でも、食べさせる部分と量さえしっかりと守れば大丈夫。愛犬とさくらんぼを楽しんでもらうために、成分や与える際の注意点、犬が誤って種や葉を食べてしまった場合の対処法を紹介します。

犬にさくらんぼを与えるメリット

さくらんぼ

犬は味覚の中でも特に甘味に敏感だと考えられていますので、さくらんぼの甘さは犬にとって魅力的なはずです。食べられるのはさくらんぼの実に限りますが、犬にとってさくらんぼは嬉しいおやつになります。

さくらんぼの主成分は、身体に吸収されやすいブドウ糖です。その他にカリウムや鉄分などのミネラル成分ビタミンA、Cを含んでいて、それぞれ成分量は多くはないのですがバランスよく保有しているのが特徴です。

人間の場合は、食べ続けると貧血に効果があると言われていますが、犬は摂取できる量が少ないため、栄養を摂るためにあげるというよりは、おやつ代わりに食べさせるのが良いでしょう。

犬にさくらんぼを与える時の注意点

ポメラニアンとさくらんぼ
Photo by collon_nattsuさん Thanks!

葉や花

さくらんぼの葉や花には、クマリンと言う成分が含まれています。クマリンとは、桜餅の葉の香りでお馴染みの成分です。人間は、桜餅の葉まで食べる人もいますが、実は肝毒性(肝臓に対して毒性を保有しており有害であること)があるので、犬に与えることは好ましくありません。

種や未成熟な実

種や未成熟な実には、アミグダリンという青酸配糖体(シアン配糖体)が含まれていて、噛み砕かれた種が体内で分解されることによって青酸毒が発生し、中毒症状を引き起こします。症状としては、呼吸困難や虚脱、チック症状を招く可能性があり、最悪の場合は死に至ります。

基本的にお店で販売されているものは成熟しているので心配はいりませんが、さくらんぼ狩りなどに行くときは注意が必要です。

与えすぎ

さくらんぼは食欲がない犬や、特別な日のおやつとしてはおすすめです。しかし「さくらんぼの実なら大丈夫」とたくさん与えてしまうと肥満の原因になります。

おやつとして与える場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」で簡単に計算することができます。

フード診断を受けてみる


犬がさくらんぼの種を食べてしまったら

さくらんぼ

飼い主がさくらんぼを与える時に種は取ることを意識していても、目を離した隙に丸ごと食べてしまうなんてことも起こり得ますよね。種ごとさくらんぼを食べてしまった時は、まず病院に連絡して状態を伝えましょう。

種の有害な成分は種の内部にあるので、噛み砕かれていなければ排便とともに出てくる可能性が高いです。しかし丸ごと食べてしまった時は念のため病院に事情を話し、しばらく様子を見ていられるようにしましょう。

まとめ

さくらんぼ

犬にとってさくらんぼは嬉しいおやつ
種や葉、花、未熟な実に注意
与えて良い量は15gほど
さくらんぼは梅雨のジメジメ気分を一掃してくれる果物の一つ。ワンちゃんと一緒に楽しむために、種や葉っぱには注意してあげるようにしましょう。


参考文献


第2稿:2019年7月12日 公開
初稿:2017年6月22日 公開
Share!