ラパーマの飼い方|性格・被毛・寿命・かかりやすい病気・迎え方などを解説

ラパーマはソバージュのようなくるくるの毛をしている、とても愛らしい猫です。日本ではまだまだ馴染みの浅い猫種の一つですが、別名「生きている宝石」といわれるほど人気で世界中にファンがいます。今回は魅力がたくさんのラパーマの歴史や性格、特徴について紹介します。

ラパーマの基礎知識

ラパーマはパーマがかかったようなくりくりな毛をしていることから、フランス語でパーマを表す「la perm(ラ・パーマ)」にちなんで「Laperm」と名付けられました。
20180204-laperma2-ym
Photo by mimosa_degさん Thanks!

ラパーマの歴史

1982年、アメリカのオレゴン州でさくらんぼの果樹園を経営していたリンダは、納屋でブラウンタビーの猫と、生まれたばかりの6匹の子猫を発見しました。その中に兄弟猫たちとは違ってほとんど毛が生えていない猫が1匹いました。しかし、6週間後にはブラウンのカールをした毛が生えてきました。リンダはこの猫を「カーリー」と名付けました。

リンダがカーリーと他の猫と掛け合わせてみると、カーリーの子どもも似たような毛の特徴を持って生まれてきました。「くるくるの毛を持っている猫を、他の人が見たらどう思うのだろう?」と疑問に思ったリンダは、カーリーの血を引く6匹の猫をキャットショーに出場させてみることにしました。すると審査員はキャットショーの観客に向かって、「リンダさんの猫は、これからも守っていく必要がある特別な特徴を持っています」と言いました。

リンダは審査員の一言がきっかけに、くるくるな毛を持った猫の繁殖活動を始めることにしました。リンダの努力により、くるくるな毛を持った猫は「ラパーマ」として2003年にTICA、2008年にはCFAと主要な血統書登録団体に新種として登録されるに至りました。

ラパーマの性格

ラパーマは活動量が多くて遊ぶことが大好きな猫です。非常に頭が良く、犬のように「おすわり」や「おて」をすぐに覚えてしまう子もいます。寛容な性格をしているので、小さな子どもがいる家庭でも迎えやすい猫種の一つです。

ラパーマの特徴

リンダが猫種としてラパーマを固定しようとした時は、ほとんどのラパーマは子猫のうちはくるくるな毛が生えておらず、3〜4カ月かけてゆっくりとカールした毛が整ってくるという特徴を持って生まれてきました。しかし現在、ほとんどのラパーマは生まれたころからくるくるとした毛を持っています。毛はとても柔らかくてふわふわしていますが、他の猫に比べて抜けやすいです。毛玉ができてしまわないように、こまめにブラッシングしてあげましょう。
20180203-laperma-ym
Photo by triple tiaraさん Thanks!

くるくるな毛をしていない直毛のラパーマもいるって本当?

くるくるな毛を持っているラパーマの親猫を掛け合わせたとしても、直毛のラパーマが生まれてくることもあります。くるくるの毛をしていなくても、とても魅力的です。
20180204-laperma3-ym
Photo by miraipixyさん Thanks!

ラパーマの平均寿命や体重

ラパーマの平均寿命は12歳〜14歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なので少し短めです。平均体重はメスが3kg〜4.5kg、オスが4kg〜6kgです。

ラパーマの価格や相場

どこから迎えるかによりますが、平均価格は20万円前後です。

ラパーマの毛色

ラパーマの毛色のバリエーションは豊富です。

サビ

20180203-laperma2-ym
Photo by triple tiaraさん Thanks!

  • クリーム・マッカレルタビー
  • 20180204-laperma4-ym
    Photo by mel_lapermさん Thanks!

  • ブルーポイント
  • ラパーマ
    Photo by warabi.0505さん Thanks!

  • (左)ブラウンタビー、ブルータビー
  • ラパーマ
    Photo by triple tiaraさん Thanks!

  • シルバーパッチドタビー
  • ラパーマ
    Photo by miraipixyさん Thanks!

    ラパーマがかかりやすい病気

    ラパーマ絡まりやすい毛を持っていることから、毛球症になりやすい猫種です。こまめにブラッシングをしてあげるように心がけましょう。また、下痢嘔吐などの症状がみられる場合は、かかりつけの獣医師に相談して指示に従いましょう。

    ラパーマの動画


    ぬいぐるみと遊ぶラパーマの動画です。ラパーマもぬいぐるみも本当にかわいいですね。
    ラパーマのブリーダーさんの声
    ラパーマ
    Photo by triple tiaraさん Thanks!

    コーニッシュレックスとラパーマのブリーダーをしています。ラパーマはとても聡明な明るくて、人なっこく犬のように従順な猫ちゃんです。コートはシングルでくるくるとした軽いウェーブが特徴です。抜け毛も取りやすく、コーミングも適度で大丈夫なので、とても飼いやすい猫種だと思います。ほかの猫ちゃんとも仲良くなれるので多頭飼いにも向いています。

    TRIPLE TIARA

    TRIPLE TIARA

    ラパーマの迎え方

    保護猫の里親になる

    保護され新しいおうちを探しているラパーマもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にはラパーマの特徴を持った子もいます。保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。


    ブリーダーやキャッテリーから迎える

    血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーやキャッテリーから迎えるという方法もあります。実際に猫が生まれた場所へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

    ブリーダーとキャッテリーの違いって?

    「ブリーダー」は猫の飼育と繁殖を行っている人たちの総称です。ブリーダーの中でも、主要な猫の血統書登録団体であるTICAもしくはCFAに認められているブリーダーのみがキャッテリーと名乗ることが出来ます。

    ペットショップから迎える

    ペットショップでは血統書付きのラパーマを見つけることができます。


    日本ではまだまだ珍しいラパーマ

    ラパーマは日本ではまだ馴染みの浅い猫種の一つですが、海外では「生きる宝石」と呼ばれ、非常に人気がある猫種です。猫を家に迎えた際は、猫の気持ちを理解してあげることを心掛け、飼い主さんと猫の両方が心地よく過ごせるようにしましょう!


    参考文献