犬に鹿肉を与えても大丈夫!与え方・アレルギーの注意点などを紹介

Share!

ヘルシーなイメージの強い鶏肉や馬肉よりも低カロリー・高タンパクなお肉として注目されている鹿肉。犬の飼い主さんの中には愛犬に食べさせてみようと思った方も少なくないはず。鹿肉にはビタミンB群、アセチルカルニチンなどの嬉しい栄養が豊富に含まれており、犬が食べても大丈夫な食材です。今回は、犬に鹿肉を与える際の注意点や鹿肉おやつなどを紹介します。

鹿肉は犬が食べても大丈夫

鹿肉

鹿肉はタンパク質やビタミンB2、ビタミンB12、鉄などを含み、犬が食べても大丈夫な食材です。タンパク質の量は牛、豚、鶏と同程度ですが、脂質が少ないのが特徴です(部位によって異なります)。

肉食に近い雑食性の犬にとって、タンパク質は重要なエネルギー源。皮膚・被毛などの健康維持や、老犬の筋肉維持としても積極的に与えるとよいでしょう。

鹿肉には牛肉の約2倍のアセチルカルニチンというアミノ酸が含まれます。犬は体内で合成できるため非必須アミノ酸ですが、脂肪燃焼の際に利用されるためダイエットの際にオススメの食材です。


犬に鹿肉をあげる際の注意点

パグ

栄養満点で犬にも嬉しい成分が多く含まれている鹿肉ですが、与え方などを一歩間違えてしまうと危険が伴うことも。注意点を確認しておきましょう。

なお、総合栄養食にトッピングしたり、おやつとして与える場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」(無料)で簡単に計算することができます。

無料フード診断を受ける

PETOKOTO FOODS

生肉には危険が伴います

鹿肉に限らず、生肉には酵素が多く含まれているため犬に与えると、老犬でも毛艶がよくなる効果が期待できます。また、生肉は嗜好性が高く、ご飯に対する食いつきがよくなることもあります。

しかし、生肉はO157(腸管出血性大腸菌)やサルモネラ属菌などの食中毒だけでなく、E型肝炎に感染する可能性もあります。

日本では2003年の4月に兵庫県で野生の鹿肉を生で食べた人がE型肝炎に感染する事例が報告されています。万が一の事態に備えるためにも、犬に鹿肉を与える際は十分に火を通したものをあげることを推奨します。

<E型肝炎>

E型肝炎とは、E型肝炎ウイルスによる一過性の急性肝炎です。症状は食欲不振や嘔吐、発熱などが挙げられますが、E型肝炎の致死率は高く、十分に気をつける必要があります。



鹿肉アレルギーの可能性

食物アレルギーには、生まれつきの体質による先天性アレルギーと、長い期間同じ食材を食べることで発症する後天性アレルギーがあります。

鹿肉は牛肉や豚肉に比べると、「低アレルゲンの食品」といわれていますが、鹿肉アレルギーを持っている子もいるので最初は少量を食べさせることからスタートさせてあげましょう。アレルギーには以下の症状などが見られます。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 皮膚の痒み
  • 元気がない
  • 目の充血

上記のような症状があれば、すぐにかかりつけの獣医師に相談しましょう。


腎臓に疾患を持っている場合は与えないで

鹿肉はたんぱく質が豊富な食材です。犬がダイエットをしていたり、皮膚の健康を促したりする場合は、たんぱく質を摂取することは効果的といえます。

しかし、腎不全や慢性腎臓病など腎臓に疾患を抱えている場合にたんぱく質が豊富な食材を摂取してしまうと、病気の症状が悪化してしまう恐れがあります。


与える頻度に注意

鹿肉は嗜好性が高いので、鹿肉ばかりあげてしまうと普段のドッグフードを食べなくなる恐れがあります。

犬は元々肉食動物だったため、「鹿肉のみを食べていても犬は健康に過ごせる」という意見もありますが、犬が体内の臓器などに疾患を持っている際などは療養食や総合栄養食が推奨されています。


鹿肉を使ったおやつ

鹿肉を使ったおやつは、普段食べているドッグフードに混ぜやすいミンチタイプから、歯ごたえを楽しむことができるジャーキータイプまで種類が豊富です。




まとめ

笑顔の犬

腎臓病の犬には与えないで
嗜好性の高い食材です
与える際は十分に熱を通したものを

基本的に鹿肉だけですと、栄養に偏りが出てしまうので、ドッグフードのトッピングやおやつとして適量をあげることをオススメします。

人間にとって美味しい食材でも、犬にとっては危険な食べ物もたくさんあります。それらをきちんと理解した上で、楽しいペットとの食ライフを過ごしてくださいね!


\20%OFFキャンペーン実施中!/
PETOKOTOFOODS
ご満足いただけなかった場合は初回配送分に限り、全額返金いたします。ぜひ一度お試しください。

>> 詳しくはこちら <<