犬にキシリトールは少量でも危険! その理由や中毒症状などを解説

犬にキシリトールは少量でも危険! その理由や中毒症状などを解説

犬がキシリトール入りの食べ物を食べてしまうと非常に危険です。キシリトールは、虫歯予防の目的でガムや歯磨き粉に入っていることは有名ですが、実はその他にも甘味料としてお菓子や飴などにも使われています。犬がキシリトールを食べてしまうと中毒症状を引き起こし、死亡してしまうこともあり、小型犬であればキシリトール入りのガム1粒でも致死量になり得ます。今回は、キシリトール摂取によってどのような症状が起こるのか、またその理由などを解説します。

Share!