「飼いやすい」って何? あなたにあった犬種を紹介

犬をこれから飼おうと考えている時、気になることの一つは「飼いやすさ」ですよね。しかし、実際「飼いやすさ」って何が基準なのでしょうか。「小柄な犬種?」「無駄吠えしない犬種?」「攻撃的ではない犬種?」「賢い犬種?」などさまざま考えられると思います。では飼いやすいと思われがちなワンちゃんたちは本当に「飼いやすい犬種」なのでしょうか。

考えられる飼いやすさ

一般的には、小型犬で理解力のある犬種が飼いやすいとされることが多いです。「小柄な犬種」「無駄吠えしない犬種」「攻撃的ではない犬種」「賢い犬種」がいいと思うのには理由があるはずです。

例えば、

「マンションだから大きな犬種は飼えない」
「一戸建てだけど、お隣さんと距離が近いから吠えやすい犬種はちょっと……」
「犬を飼うのが初めてで、まだ小さい子供もいるから優しい犬種がいいな」
「しつけにはあまり自信がないから、私でもしつけられる賢い犬種がいいわ」

など、人によって求めている犬種というのは違います。

無駄吠え」と呼ばれる犬の吠えも犬にとっては意味があります。無駄、問題行動だと考えるのは私たち人間側の都合です。田舎の広い家で吠えるワンちゃんを飼っていても近所迷惑になることは考えにくいですし、場合によっては野生動物からの農作物被害が軽減されるなどむしろ吠えることでいいこともあります。

人間と犬の関係は番犬や狩りなど、使役動物として飼い始めたことを考えると「飼いやすい犬種」と一口に言っても実は、本当に飼いやすいかということは人それぞれです。これから飼おうとしている人の環境や、犬に対しての知識、家族構成、金銭面などによって異なります。

こんな人に飼いやすい犬種

キャバリアと子供たち

大きさや一般的な性質を判断基準に「飼いやすい」犬種を紹介します。

子供がいる家庭

小学校低学年以下の子供がいる家庭は、人と遊ぶことが好きな中型犬がオススメです。力の加減や適度な接し方を知らない子供の場合、小型犬では犬の方が骨折などのケガをしてしまうことがあります。反対に、大型犬では子供がケガをしてしまう危険性がありますので、飼うのが初めてという方には中型犬が飼いやすいでしょう。

柴犬ビーグル、アメリカンコッカースパニエル、フレンチブルドッグボストンテリアなど。

マンション暮らし

ペットの家族化が進み、ペットを飼えるマンションも増えてきました。しかし、それでもマンションによっては、中型犬までや、エレベーターは抱っこして乗せなければいけないなどの条件があったりします。現在住んでいるマンションの条件を確認することがまず大切です。その上で、オススメできるのは小型犬から中型犬の犬種です。基本的に毎日の散歩(犬種に応じた量)と家の中で遊んであげることができれば、運動不足になることもありません。しかし、大型犬となるとスペースに余裕があり、大型犬でも動きまわれる広さが必要です。

トイプードルチワワ柴犬フレンチブルドッグなど。

車を持っていない人

車を持っていない人、免許を持っていない人は小型犬やキャリーバックに入る中型犬がいいでしょう。突然の病気や事故のとき抱えきれない中型犬大型犬を車なしに病院に連れていくことは困難です。キャリーバックに入る大きさであれば、バスや電車、タクシーに乗せることができます。

トイプードルチワワ柴犬フレンチブルドッグなど。

抜け毛の少ない犬種

犬の被毛はダブルコートとシングルコートの2種類があります。ダブルコートは体が上毛と下毛の2層の毛で覆われて、上毛をオーバーコート(トップコート)、下毛をアンダーコートと呼びます。上毛は太めで硬く、1年中生えている被毛で、被毛が生え変わる換毛期はなく、自然に抜け落ちます。下毛は細くて柔らかく保温性があり、年に2回寒い時期になると生えてきて、暖かい時期になると抜け落ちます。シングルコートはアンダーコートを持たない、オーバーコートのみをいいます。

基本的に、ダブルコートの犬種は換毛期と呼ばれる季節の変わり目には抜け毛の量が増えます。そのため、短毛犬種であってもダブルコートの犬種は抜け毛が多いです。

プードルビションフリーゼなどの「くるくるした毛質をした犬種」。シュナウザーウェルッシュテリアワイヤーフォックステリアなどの「硬い毛質をした犬種」。マルチーズヨークシャーテリアなどの「シングルコートの犬種」は抜け毛が少ないです。

トリミング犬種

抜け毛の少ない犬種の多くはトリミングが必要な場合が多く、手入れに時間も費用も掛かってしまいますので注意が必要です。トリミング犬種とは、定期的にカットをしないと毛が伸びすぎてしまう犬種のことです。犬種によっては、フルコートと呼ばれる長く美しく伸ばすことがスタンダードとされている犬種もいます。最近はおしゃれカットが流行り、カットの必要のない犬種もカットしていることが多いですが、犬はそれぞれ原産地域の気候に合わせて生まれています。カットしてしまうことで体温調節ができなくなることもありますし、トリミングの方法によっては毛質が変わってしまうこともあります。トリミングを行う際はトリマーさんと相談してカットをしましょう。

カット犬種

プードルビションフリーゼシュナウザーエアデールテリアウェルッシュテリアワイヤーフォックステリアなど。

フルコート犬種

マルチーズヨークシャーテリアシーズーなど。

運動量の少ない犬種

犬は昔から人とともに暮らし、猟犬や牧羊犬、使役犬など人の生活を支えていた存在です。そのため、小型犬であっても運動量が必要な犬種もいます。

比較的運動量が少ない犬種

小型犬でも運動量が多い犬種

などです。小型犬であっても運動量が多い犬種もいます。運動量が少ない犬種であっても毎日の散歩は必要ですので注意しましょう。

吠えにくい犬種とは

例でも紹介しましたが、近所トラブルになりやすいのが「吠え」です。そのため「吠えにくい犬種がいい」「吠えない犬種がいい」と考える人が多いと思います。

しかし、生まれ持って吠えない犬というのはいません。犬は吠える生き物です。怖いと思った時、威嚇している時、かまって欲しい時、興奮した時など、犬は尻尾だけでなく、耳の動き、表情、姿勢、吠えることで感情を伝えます。そのため、たとえ吠えにくい犬種であっても、チャイムの音に過剰に吠えるということも起こりえます。吠えない犬種を探すのではなく、吠えさせないための「しつけ」を知る必要があります。

噛まない犬種とは

「吠えない犬種」と同様、生まれ持って噛まない犬というのはいません。子犬の時には歯の生え初め、生え変わりでむず痒く、いろんなものを甘噛みします。

噛まない犬種を探すのではなく、噛んでいいものを与えること、どうして噛んでしまうのかを考えて対処してあげることが大切です。

特定犬とは

地域によっては「特定犬」として指定されている犬を飼うときのルールがあります。例えば茨城県では動物の愛護及び管理に関する条例として、定められた犬はオリの中で飼うこと、特定犬を飼育していることがわかる標識(ラベル)を掲示することとされています。また、茨城県が定める特定犬種が8犬種なのに対して、佐賀県では10犬種が特定犬種として定められています。

  • 人に危害を加えるおそれのあるものとして定める8犬種
  • 体高60センチメートルかつ体調70センチメートル以上の犬(雑種含む)
  • 県知事が指定した犬

茨城県で定められている8犬種

また、他にもバーニーズマウンテンドッグゴールデンレトリーバーによる咬傷事故が起きてしまっています。咬傷事故の多くは、飼い主によるしつけや管理不足です。大型犬に限らずどんな犬でも事故の可能性はありますので、犬を飼う際は「飼い主の責任」についてよく考えましょう。

賢い犬種は飼いやすい?

2017_11_09_dog_na_008

ボーダーコリーシェパードゴールデンレトリーバープードルなどは賢い犬種といわれています。賢い犬種は、しつけやトリック(芸)を教えやすく飼いやすいと思われがちです。確かに、1度しか教えたこともすぐに覚えるなど、理解力があり観察力があります。しかし気を付けて欲しいのは「賢い犬種=しつけが簡単」ではありません。実は賢い犬種ほど、しつけが難しいということもあるのです。

私たち人は言葉と物事を関連付けて理解し学習します。犬は、物事とその直前の動作を関連付けて理解し学習します。そのため、飼い主さんの何気ない行動もしっかり観察し「飼い主さんが時計を見たらごはんの時間だ!」など時計を見るという小さな動作が「=ごはん」という学習をすることもあります。また、飼い主さんがおやつを食べているときに「吠えてみたらおやつがもらえた!」という1度の経験も忘れません。そうすると、おやつが欲しければ吠えればいいと思い、知らず知らずのうちに覚えて欲しくない「吠える」という行動を教えてしまうということもあります。

知ることが大切

今回紹介した「飼いやすい犬種」であっても、個体によって性格は違います。ここに挙げた「飼いやすい犬種」でも期待とは違う場合もあります。それは生き物を飼う上でごく当たり前なことで、「思っていたのとは違った」ということも少なからずあると思います。反対に、ここで紹介しなかった犬種が「飼いにくい犬種」というわけでもありません。

飼いやすい犬種・飼いにくい犬種は人それぞれです。一般的言われている「飼いやすい」は皆さんの生活環境や飼育能力に当てはまらないこともあります。「思っていたのとは違った」ということがあっても「もう飼うことができない」とならないためにも事前によく調べる必要があります。犬の性格を気にするのであれば、成犬やシニア犬から迎える方がオススメです。OMUSUBIでは新しい家族を待つ成犬やシニア犬がたくさんいますので覗いて見てください。

これから犬を家族に迎えようと考えている人は、自分の生活環境、家族構成、犬に対しての知識、金銭面などもう一度よく考え、飼いたいと思っている犬種についてよく理解しましょう。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10