犬の乳腺腫瘍とは | 症状や治療法、手術費用や予防など【認定医が解説】

犬の乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)は、メスの犬や高齢の犬、小型犬に発症しやすい病気です。良性と悪性があり、悪性の乳腺腫瘍を「乳がん」と言います。今回は、犬の乳腺腫瘍の症状や原因、手術方法などを浜松家畜病院院長の武信行紀が解説します。

犬の乳腺腫瘍とは

犬には、胸からお腹にかけて左右5対のお乳(乳腺)があります。その乳腺の一部が腫瘍化し、しこりができる病気が乳腺腫瘍です。昔から動物病院でよく遭遇する病気であり、とくにメス犬では最も多い腫瘍の一つです。

乳腺腫瘍には良性と悪性があり、悪性の癌である確率は約50%と言われています。良性の乳腺腫瘍はゆっくり大きくなりますが、転移はしません。悪性の腫瘍には、リンパ節から胸やお腹へと転移するタイプもあり、命に関わります。乳腺腫瘍の治療には外科手術、放射線治療、化学療法などがあり、どの治療を行うかは腫瘍の種類や広がり方によって決めます。

炎症性乳癌とは

炎症性乳癌を起こした犬
炎症性乳癌は、乳腺に激しい疼痛(とうつう)と炎症を伴う悪性の乳腺腫瘍です。発生はまれで、犬の乳腺腫瘍全体の10%以下とされています。炎症性乳癌は乳腺に熱感・腫脹を伴い、一見すると乳腺炎のようにもみえますが、急速に進行してしまいます。広い範囲にわたる浮腫(ふしゅ:むくみ)や疼痛は、癌細胞が乳腺深くに浸潤し、乳腺や皮膚のリンパ管・リンパ節に入りこんで生じています。

炎症性乳癌にかかった犬の患部
周囲の皮膚に浸潤した炎症性乳癌

また、化膿性皮膚炎を併発する場合も多々認められます。このように癌細胞がさまざまな領域に散在しているため、初診時にすでに肺転移を起こしていることも珍しくありません。予後は非常に悪く、手術をしても治癒することが難しい腫瘍です。

乳腺腫瘍にかかりやすい犬種・年代

比較的犬種を問わず発生する腫瘍ですが、欧米ではプードル、チワワ、ヨークシャーテリアなど、小型犬に多く発生すると言われています。日本で飼育頭数と腫瘍発症比率を比較した研究でも、純血種の小型犬に多い可能性が指摘されています。また近年の報告では、ミニチュア・ダックスフンドでの発症報告が増えています。

また、乳腺腫瘍は中高齢犬に多く発生します。発症年齢のピークは9歳前後とされています。

参照:信田卓男,圓尾拓也ら:犬の腫瘍 5819 例の疫学調査,日獣会誌,2008. Veterinary Oncology Vol.11, Interzoo, 2016.

犬の乳腺腫瘍の症状

初期症状

皮膚のしこりを触って調べる事を「触診」といい、乳腺腫瘍では「触診」が重要です。犬の乳腺は脇の下から胸、腹部から内股にかけて広範囲に存在するため、日頃から良く触っておくことがとても大切なのです。多くの腫瘍が小さいうちに早期発見して治療を受ければ、根治することが可能です。逆に、急に現れた大型(3cm以上)のしこりは悪性の可能性があるため、再発や転移をする可能性も考えなくてはなりません。

末期症状

悪性の乳腺腫瘍は、さまざまな臓器に転移します。肺転移を起こした場合は、徐々に咳や呼吸困難が見られるようになります。また、腰のリンパ節に転移すると、便をしづらくなります。皮膚の広い範囲に炎症を起こしてただれてしまうと、強い痛みを感じることがあります。

犬の乳腺腫瘍の原因

乳腺腫瘍が起こる原因ははっきり分かっていませんが、性ホルモンの影響、乳腺障害(乳腺炎等)、肥満によってリスクが高まることが報告されています。

中でも、最も強く関連している「性ホルモン」の影響については知っておく必要があります。

乳腺の細胞は女性ホルモンの影響を受けて増殖しますが、その途中で遺伝子変異を生じると腫瘍化が始まります。幼いうちに避妊手術をすると、乳腺の増殖と腫瘍化が抑制されるため、乳腺腫瘍を予防することができると考えられます。実際に、若齢時に避妊手術を行うことで乳腺腫瘍の発生率が低下することが報告されています。

犬の乳腺腫瘍の検査・診断方法

自宅でチェックできること

乳腺にしこりを見つけたら、下記のことに注意が必要です。

腫瘍の大きさ・形

小さく単発の腫瘍は良性の可能性が高く、1cm以下であれば手術によりほとんどが根治します。逆に大きく、周囲に固着している腫瘍ほど、悪性の可能性が高くなります。

板状に硬く腫れあがった悪性乳腺腫瘍板状に硬く腫れあがった悪性乳腺腫瘍
板状に硬く腫れあがった悪性乳腺腫瘍

成長速度

悪性腫瘍は、急速に大きくなります。腫瘍がいつからあるか、どのくらいの速さで大きくなっているかを知るには、自宅での「触診」が頼りになります。

皮膚の自潰・出血

腫瘍表面の皮膚が破れて出血したり、ただれることを医学用語で「自潰(じかい)」と言います。悪性の腫瘍は急激に大きくなるため、自潰しやすいのです。代表的な悪性腫瘍である「炎症性乳癌」では、ひどい自潰や水ぶくれ、広範囲の炎症が見られます。

乳腺腫瘍の自潰を起こした犬 乳腺腫瘍の自潰を起こした犬の患部
自潰を起こした悪性乳腺腫瘍

動物病院でチェックすること

動物病院では、下記のことに注意をして検査を進めます。

細胞診

腫瘍の種類や良性/悪性の仮診断として用いられます。乳腺腫瘍の診断では、良悪診断の正診率が低いため、あまり重要視されません。最近では遺伝子診断を組み合わせた「マイクロサテライト解析」も行われています。

コア生検

しこりの一部を取って病理組織検査を行います。手術前に腫瘍の性質を知るためには必要な検査ですが、腫瘍の全体像は確認できません。

コア生検の様子
コア生検の様子

病理組織検査

確定診断のためには、手術で摘出した腫瘍の病理組織検査が必要です。腫瘍の種類、悪性度、広がり方など、多くの情報が得られます。

領域リンパ節の触診

犬の乳腺の血管走行のイラスト
悪性の乳腺腫瘍は、進行すると一番近いリンパ節に転移します(領域リンパ節)。領域リンパ節は腫瘍ができた場所によって異なり、頭側はわきの下にある腋窩(えきか)リンパ節、尾側は股の付け根にある鼡径(そけい)リンパ節がそれにあたります。

転移の検査

悪性乳腺腫瘍が肺転移を起こしたレントゲン写真
悪性乳腺腫瘍が肺転移を起こしたレントゲン写真


悪性の乳腺腫瘍は肺や腹腔内のリンパ節へ転移します。肺転移の有無を確認するために胸のレントゲン検査、腹部臓器の転移を確認するために、お腹のエコー検査を行います。

犬の乳腺腫瘍の治療法や予後

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2 3next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10