犬の社会化不足・失敗はなぜ起こるのか トレーニングの考え方を解説

子犬を迎える方に向けて、よく「社会化が大切」というアドバイスが行われることがあります。しかし、犬の社会化は簡単なアドバイスで理解してもらうにはちょっと難しいテーマです。社会化は、飼い主の人生、犬の犬生を大きく左右する大切な、そしてとんでもなく大きな1歩になりかねません。今回は「犬の社会化」について、どんなことをすればいいのか、犬はどんな反応をするのか。飼い主さんに気を付けてもらいたいことなどをドッグトレーナーの小野が紹介します。

「犬を飼う」ということ

犬の飼い主さんの中には、「犬を飼うこと」が「世話をすること」だと考えている方が少なくありません。しかし、大切なのは「世話をする」ではなく「面倒を見る」という考え方です。「世話をする」という考えを持っている方は、しつけやトレーニングが「言うことを聞かせること」だと考えがちです。犬にも個性があり、それぞれの一生があります。そうしたことを無視して飼い主さんの思い通りに成長させようとすると「言うことを聞かない」「世話してやってるのに」となってしまいます。

大切なのは、犬の心や体が健康的に育つために「面倒を見る」ことです。人の子どもは親元を離れて社会でいろいろ経験し、成長していきます。一方でほとんどの犬は、社会を経験する場が少ないまま大人になっていきます。出不精な飼い主さんもいるとは思いますが、社会化期は二度と帰ってこない大切な時期です。犬の将来を考えて、頑張って外に出る面倒を見てあげてください。

20170918_inunosyakaika_yo_004

それでは、次項で「犬の社会化」とは何かについて説明します。

「犬の社会化」とは何か

最近は犬のことを「可愛がる存在」ではなく「家族」だと考えることが当たり前になってきました。それ自体はいいことなのですが、本当に家族だと思うのなら、犬のことをもっと知ってください。例えば、お散歩に出たとき最初から楽しそうに歩きだす子と全く歩かない子に分かれます。このとき歩かないからといって、「この子はお散歩が嫌いなんだ」と決め付けないようにしてください。大切なのは、楽しく歩き出せるように飼い主さんも一緒に努力することです。それが社会に出る一歩になります。

「社会化期」とは

よく「社会化」を「しつけ」の一種だと勘違いされている方がいるのですが、社会化はどんな犬にも訪れる時期を指すのであって、飼い主さんが犬を社会化させたり、大人になった犬を社会化させたりするものではありません。

時期は犬種や大きさ、個体によって差がありますが、一般的に生後3〜12週齢くらいまでが社会化期だと考えられています。この時期に決まった「刺激に対してどんな反応をするか」が将来の行動に大きな影響を及ぼします。ただ、社会化期を過ぎてからも新しい刺激はあるため、広義の社会化は続いていきます。

社会化の誤解

よくあるのが、「犬の社会化=他の犬や人に会わせること」という誤解です。犬の社会化はただテキトーに犬や人に会わせればいいということではありませんし、1度や2度そういった状況を作ったからどうこうなるものでもありません。

犬の社会化とは、犬の将来を考えて、その将来をより良くするためにすることです。よく「人見知りだから」「臆病だから」「吠えるから」といった、いま問題だと思っていることを解決する手段として社会化を考える方がいますが、社会化でそういった問題が、いま良くなることはありません(そもそも問題ではありませんので、問題だと思っている飼い主さんに問題があります)。

高原にいる女性と犬

社会化不足の影響

人が弱い存在を守ろうとするのは習性かもしれませんが、人の場合に親離れ・子離れが大切なように、守られてばかりで育った犬はとても弱い動物になってしまいます。社会化の時期はストレスのない生活を送るのではなく、「どんな刺激にもストレスを感じない犬に育てよう」くらいのスタンスで過ごしてあげてください。

社会化の時期にストレスのない生活を送った犬は、新しい刺激に対してすぐ拒否反応を示したり、否定(ネガティブな反応)から入る成犬になってしまいます。すぐ噛んだり、すぐ吠えたりといった反応の原因が、実は子どもの頃にあるかもしれないのです。社会化不足の影響は計り知れず、犬自身のストレスにもつながりますし、幸せになるチャンスを逃してしまうことにもつながってきます。

子犬と成犬の社会化方法の違い

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10