ペルシャ猫の飼い方|チンチラ猫と同じ種類って本当!? 性格や毛色、かかりやすい病気を紹介

ペルシャ猫はゴージャスな毛並みが美しい猫です。ペルシャ猫の歴史はとても古く、祖先と思われる猫が紀元前1684年に言及されている記録が残されているほどです。ペルシャ猫とチンチラ猫は似ているといわれていますが、違いはどこにあるのでしょうか? 今回はペルシャ猫の歴史や性格、チンチラ猫との違いについて紹介します!

なお、本稿は以下を参照して執筆しています。

ペルシャ猫とは

ペルシャ猫は英語で「Persian」と表記し、原産国がペルシャ(現在のイラン)であることに由来しています。

ペルシャ猫の歴史

ペルシャ猫は、1871年にイギリスで開催された世界初のキャットショーにブリティッシュショートヘアと共に参加しています。ヴィクトリア女王が飼っていたこともあり、人気が出ました。その後、1870年ころにアメリカにも渡り、世界中で愛される人気の猫種となりました。

20世紀後半になると、ずんぐりとした印象を持たせる低い鼻をさらに低くしようとする動きが出ましたが、呼吸器の問題が出たため現在は避けられるようになっています。

性格

優しい性格で柔軟性があり、新しい環境への適応や子どもと一緒に暮らすことも難しくありません。遊びは好きですが自分から要求することはなく、お気に入りの場所で静かに家族を見守っています。声のコミュニケーションよりも、目のコミュニケーションを重視します。短い足のせいか、高いところに登るのは好きではありません

特徴

頭は丸く、大きな目の間に鼻があり、耳は小さく前方に傾いています。まるで花のパンジーのような甘い顔立ちです。体は筋肉質ですが、長く厚い被毛によって丸く柔らかい印象を与えます。中〜大型の体を支えるため、短く太い足を持っています。

被毛は豪華な長毛で、首周りと胸元に飾り毛が見られます。しっぽもふさふさです。ペルシャ猫は毛玉ができたり毛球症になったりするのを予防するために、毎日のブラッシングが欠かせません。猫は自身の舌を使ったブラッシングで事足りるため、犬のようにシャンプーをする必要はありませんが、ペルシャ猫の場合は豪華すぎる被毛ゆえに、時々シャンプーをしてあげる必要があります。ほとんどの猫は水を嫌がりますので、小さい頃から慣れさせることが重要です。

ペルシャ猫
ペルシャ猫とチンチラの違い
猫好きの人でも知らない人が多いのですが、実はチンチラ猫という種類はありません。チンチラは猫種の名前ではなくて、ペルシャ猫の毛色の一種なのです。チンチラと呼ばれるペルシャ猫はゴールドかシルバーの毛並みを持っており、それぞれ「チンチラ・ゴールド」「チンチラ・シルバー」と呼ばれています。

Image uploaded from iOS (35)
(左)チンチラゴールド、チンチラシルバー

ペルシャ猫とヒマラヤンの違い

ヒマラヤンはペルシャ猫とシャム猫の交配によって生まれたペルシャ猫の派生種で、一般的に「ヒマラヤン」という名前で知られています。CFAFiFeはあくまでペルシャ猫の派生として、TICAは「ヒマラヤン」として猫種登録しています。ヒマラヤンの最大の特徴は毛色が、顔の中心部分と周辺部分とで色が異なる「ポイントカラー」であるとことです。ヒマラヤンについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

Image uploaded from iOS (36)
(左)ペルシャ猫、ヒマラヤン

平均寿命や体重

ペルシャ猫の平均寿命は15歳〜17歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なので少し長めです。平均体重はメスが2.5kg〜5kg、オスが5kg〜6kgです。

価格や相場

どこから迎えるかによりますが、平均価格は30万円前後です。

ペルシャ猫の毛色

ペルシャ猫の毛色はロシアンブルーのようなブルーからボンベイ猫のようなブラックまでさまざまです。

ブルー

19429018_195823400946054_2522585166551973888_n
Photo by guri_tanさん Thanks!

チンチラシルバー

@peruna728がシェアした投稿

シェーデッドゴールデン

真生さん(@makimaki0711)がシェアした投稿

ブラック

ペルシャ猫のかかりやすい病気

15年以上生きる非常に健康的な猫ですが、長く厚い被毛から毛球症や皮膚炎に注意が必要です。これらは日々のブラッシングにより予防することができます。また、他の猫に比べて顔を拭く回数が多くなるため、目に炎症を起こす場合もあります。

遺伝性の疾患としては「多発性嚢胞腎」(PKD)が知られています。最終的に腎不全を起こしますが、進行はゆっくりで特異的な症状は見られません。動物病院での定期検診で早期に発見し、ケアをしていくことが大切です。

参照:Pet Health Zone(Nationwide)

ペルシャ猫の飼い主さんのブログや動画

ブログ「モサモサでボヘボヘな日常。
20170805_persian_ky_001
ヒマラヤンや黒ペルシャなど3匹の日常が紹介されています。

ブログ「GENTLENYAN★ANGEL👼DEVIL👿KING👑
20170805_persian_ky_002
こちらのブログもチンチラシルバー、やブラックシルバーなど3匹のペルシャ猫が紹介されています。

YouTubeにはペルシャ猫のクライフくんのシャンプーの様子が紹介されています。洗い終わるまでおとなしくシャンプーさせてくれましたが、ドライヤーもおとなしくやらせてくれるのか、乾かすところも気になってしまいますね。

ペルシャ猫の迎え方

ペルシャ猫の迎え方はさまざまです。猫を家に迎える際は参考にしてみてください。

保護猫の里親になる

保護され新しいおうちを探しているペルシャ猫もいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にはペルシャ猫の特徴を持った子もいます。保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

ペルシャ猫にはさまざまなカラーバリエーションがありますので、希望のカラーがある方はブリーダーさんから探してみると見つかるかもしれません。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのペルシャ猫を見つけることができます。

値段/価格

ブリーダーやペットショップなどでは15〜40万円ほどで販売されています。

猫界の王・女王「ペルシャ猫」

長い歴史を持ち、毛色のバリエーションが豊富なペルシャ猫は、まさに「猫界の王・女王」の異名がふさわしい猫です。ゴージャスな見た目とは裏腹に性格はとても静かさと優しさを持ち初心者の人にもオススメの猫です。毎日のブラッシングが欠かせませんが、絆を深めるコミュニケーションの一環として楽しめそうですね!

<関連記事>

第3稿:11月8日 公開
第2稿:2017年8月5日 公開
初稿:2015年11月1日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10