ノーフォークテリアの飼い方|大きさや性格、毛色、抜け毛などトレーナーが解説

ノーフォークテリアはテリアの中でも最も小さい種類の一つです。垂れた耳とすこし硬い毛が特徴で、遊びが大好きな犬種です。ノーフォークテリアは抜け毛が多いといわれていますが「どんな手入れをしたらいいの?」「プラッキングって何?」といった気になること、性格やしつけ方、オススメのブログについて紹介します。

基礎知識

ノーフォークテリア(Norfolk Terrier)の名前は、原産国のイングランド東部にある州が由来です。もともとはノーリッチテリアという名前でしたが、耳の形で2種類に分けられました。耳の垂れている方を「ノーフォークテリア」、耳の立っている方を「ノーリッチテリア」といます。

歴史

ノーフォークテリアはイギリス原産のテリア犬種です。19世紀後半のノーフォーク州の首都ノーリッチ市で生まれた犬種です。当時小型のテリアはあまり普及しておらず、猟の意欲があり丈夫な体を持つ犬種が求められ、誕生しました。犬種として確立するまでには、小型のアイリッシュテリアや、ボーダーテリア、グレンオブイマールテリアなどと掛け合わされ、1932年に「ノーリッチテリア」の名前でイギリスの血統書団体ザ・ケンネルクラブ(KC)に登録が認められました。しかし、立ち耳と垂れ耳の2種類がいたことから、1964年ザ・ケンネルクラブ(KC)によって垂れ耳の方を「ノーフォークテリア」としました。

大きさや寿命

体重は約5キログラムで、体高は23~25.5センチメートルほどです。寿命は14年前後といわれています。

性格や特徴

性格は明るく遊び好きですが、頑固なところもあります。また、獲物に対しては好奇心と狩猟本能に溢れています。本能の強い子は、場合によっては仕留めるまで気が済まないこともあります。体はテリアの中でも最少だといわれるほど小さいですが、丈夫で機敏です。

アメリカタイプとイギリスタイプ

ノーフォークテリアには「アメリカタイプ」と「イギリスタイプ」があります。基本的に違いはありませんが、イギリスタイプは断尾をしていなく、アメリカタイプでは断尾をしているという違いがあります。日本ではアメリカタイプの子が多いようです。

毛色

ノーフォークテリアの毛色はレッド、ウィートン、ブラック&タン、グリズルがあります。

ブラックタン

レッド

@monhara36がシェアした投稿

ウィートン

クリームやフォーンに似た小麦色の毛色です。

Mochaさん(@mocha.norfolk)がシェアした投稿

グリズル

黒色系の毛に灰色系や赤色系の色が混ざった混合色のことをいいます。

☆kaori☆さん(@kaorioo)がシェアした投稿

ノーフォークテリアの飼い方

都会でも田舎でも適応できる犬種ですが、もともと猟犬だったので知らない人や物音などに対して吠える習性があります。家庭犬としてだけでなく番犬としても活躍できますが、場合によっては近所迷惑となってしまうこともありますのでしつけが大切です。

しつけのやり方

吠えやすい犬種ですのでしつけが大切です。子犬の頃からさまざまな刺激に慣らせることがとても大切です。また、子犬の頃には特に多い夜泣きや、構ってほしくて鳴く、おやつが欲しくて鳴くなどの要求には応えないようにしましょう。応えてしまうと鳴き、吠えを覚えさせてしまうことにつながります。可愛いから構いたくなる気持ちや、とにかく静かにして欲しくて構ってしまう行動は逆効果になってしまいますのでグッと我慢し、犬が落ち着いて静かになってからたくさん褒めて遊んであげましょう!

手入れ

ノーフォークテリアはオーバーコート(硬くて太い毛)とアンダーコート(細くて柔らかい毛)のダブルコートの被毛です。そのため抜け毛が多く、季節の変わり目(換毛期)などは毎日のブラッシングが欠かせません。また、ノーフォークテリアの被毛はすこし硬くごわついています。その特徴的な被毛を維持するにはプラッキングというトリミングが必要です。トリミングの方法によって毛質が変わりますので、トリマーさんと相談して行うことをオススメします。

ノーフォークテリアがかかりやすい病気

ノーフォークテリアは後ろ脚の膝蓋骨が正常な位置から内外に外れてしまう「膝蓋骨脱臼」や、「白内障」「緑内障」といった目の病気に気を付けましょう。

ノーフォークテリアをもっと知る

ノーフォークテリアについてもっと知りたい人のために、オススメの動画やブログを紹介します!

可愛い動画

スマホが大好きなノーフォークテリア。しっぽから楽しくてしょうがない気持ちが伝わってきます!

まだ3カ月のノーフォークテリアの子犬。初めてのお庭にドキドキしながらも興味深々です!

人気のブログ

with Poohco

ノーフォークテリアのブログ「with Poohco」のトップページ

ノーフォークテリアのプーコちゃんの日常ブログです。お出かけや旅行の内容もあるので参考にしてみてもいいですね!

どさんこノーフォーク♪
ノーフォークテリアのブログ「どさんこノーフォーク♪」のトップページ

北海道に住む2匹のノーフォークテリアのブログです。これから2匹目を迎えようと考えている人にオススメのブログです!

ノーフォークテリアの雑種(ミックス)

何世代にもわたって交配されてた混血の犬を「雑種」といいますが、最近では1世代の混血の犬を「ミックス」と呼ぶそうです。ノーフォークテリアにもミックスがいるので紹介します!

ノーフォークテリア×ミニチュアダックスフンド

ノーフォークテリアとミニチュアダックスフンドが両親のミックス犬です。

@emi310_がシェアした投稿

ノーフォークテリアを飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないということをもう一度よく考えましょう。

価格/値段

一般的な価格の相場は15~35万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

ブリーダーから迎える場合、犬たちの飼育環境や親犬を見せてもらえるかなどを確認することがとても大切です。ブリーダーの場合、血統だけでなく、性別や毛色など好みがある場合見つけやすく、ペットショップよりも比較的安いことが特徴です。血統や毛色などによってはペットショップよいも高いこともあります。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。ノーフォークテリアはペットショップでは珍しい犬種なので、事前に確認することをオススメします。

元気いっぱいな毎日を

ノーフォークテリアは小さい体でも元気いっぱいな犬種です。夏は海や川遊び、冬は雪遊びなど一緒にアウトドアを楽しみましょう!

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

【飼い主さんの声を募集中】

「ノーフォークテリアってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがノーフォークテリアの魅力です!」など、ノーフォークテリアを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことノーフォークテリア部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10