シンガプーラの飼い方|性格・体重・毛色・寿命・かかりやすい病気・迎え方などを解説

シンガプーラは体重が2〜3kgしかなく、現存する純血種の中で世界一小さいといわれている猫です。サテンのような毛は光の加減によってきらきらと輝き、別名「小さな妖精」として親しまれています。子猫の間に何度も変わる瞳の色も魅力の一つです。今回はシンガプーラの性格、体重、毛色、寿命、里親などの迎え方について紹介します。

シンガプーラとは

シンガプーラ
Photo by matsui_oreilleさん Thanks!

シンガプーラは英語で「Singapura」と表記します。シンガプーラはシンガポールの公用語でもあるマレー語で猫という意味を表す「kucing(クチン)」と愛するという意味を表す「cinta(チンタ)」という言葉を組み合わせた「kucinta(クチンタ)」という愛称で呼ばれ、シンガポールで親しまれています。

シンガプーラの歴史

シンガプーラの起源は、1974年、シンガポールに赴任していたアメリカ人のメドゥ夫妻が街角で見つけた小さな猫が始まりだと言われています。夫妻はこの猫たちをアメリカに連れて帰り、「シンガプーラ」と名づけて繁殖を始めました。シンガプーラは世界のイエネコの中でも最も小さく、メスは成猫でも2kgほどです。そのため「小さな妖精」などとも言われています。

メドゥ夫妻は以前からバーミーズとアビシニアンを飼っていました。シンガプーラの特徴がアビシニアンと似ているため「シンガポールで自然派生した猫ではなく、バーミーズとアビシニアンの子どもなのではないか?」という疑いもあり、純血種として認めていない血統書登録団体もあります。

シンガプーラの性格

シンガプーラは探究心がとても強い猫です。そのため飼い主さんの肩や食器棚など、あらゆる所に登りたがるでしょう。甘えたがりな性格の持ち主なので、一緒に寝るためにシンガプーラが寝室を訪れることも珍しくありません。神経質で人見知りが激しい一面も持ち合わせている猫なので、来客が多い家庭にはあまり適していません。

シンガプーラの特徴

純血種の中では世界で一番小さいといわれている、妖精のような小柄な体型が特徴です。アイラインを引いているようなきりっとしたアーモンド型の目や小柄であるものの、筋肉質でとても引き締まっている体も魅力の一つです。

シンガプーラとアビシニアンの違いは?

シンガプーラとアビシニアンは極めて似ています。個体差はありますが、以下が見分けるポイントです。

アビシニアンとシンガプーラ
アビシニアン(左)、シンガプーラ(右)

シンガプーラの輪郭

シンガプーラの輪郭が少し丸みを帯びているのに対して、アビシニアンの輪郭は逆三角形になっています。

シンガプーラの目の形

どちらもきれいなアーモンド型の目をしていますが、シンガプーラの方が目の幅が広く、少し上がり気味のアイラインをしています。

シンガプーラの平均寿命や体重

シンガプーラの平均寿命は10歳〜16歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なので平均的な寿命といえるでしょう。また、シンガプーラの平均体重はメスが2kg〜3kg、オスが2.5kg〜3kgです。基本的に、猫は1歳の頃の体重が適正な重さだといわれています。健康に過ごせるように、こまめに体重チェックをしてあげましょう。


シンガプーラの価格や相場

どこから迎えるかによりますが、平均価格はだいたい20万円前後です。

シンガプーラの毛色

シンガプーラの毛は、ティッキングといって1本の毛に少なくともの2種類の帯があり、根元が薄く先端が濃くなっていることが特徴的です。色はセーブルのみです。

シンガプーラのかかりやすい病気

シンガプーラ
Photo by matsui_oreilleさん Thanks!

シンガプーラは遺伝的な問題によって病気にはなりにくいといわれていますが、シンガプーラの出身国である高温多湿なシンガポールに比べて、日本の冬は寒い上に乾燥しているため皮膚病になりやすいです。温度調節には入念に気を配ってあげましょう。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた際には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。

シンガプーラの迎え方

保護猫の里親になる

保護され新しく里親を探している猫は雑種だけでなく、血統書のある猫も多くいます。ブリーダーやペットショップではなく保護猫から迎える選択肢も考えてみてください。
ペトことの姉妹サイトである保護犬・保護猫のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)では、募集されている犬や猫の相性度が分かるのでぜひご覧ください。


保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

OMUSUBIで保護犬猫を探す

ブリーダーから迎える

血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。実際にブリーダーの元へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのシンガプーラを見つけることができます。

シンガプーラと運命の家族に!

シンガプーラは、「小さな妖精」とも呼ばれる美しい猫です。探究心が強く甘えん坊な一方で、神経質で人見知りが激しい面もあります。家族に迎える時には、見た目だけでなくどんな特徴を持った猫なのかよく知った上で迎えるようにしましょう。運命の家族と出逢えますように!

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

OMUSUBIで保護犬猫を探す


参考文献