犬にブルーベリーはNG 中毒リスクを獣医栄養学専門医の研究から解説

犬にブルーベリーはNG 中毒リスクを獣医栄養学専門医の研究から解説

ブルーベリーは犬に食べさせてはいけない果物です。これまで食べさせても大丈夫な果物とされてきましたが、犬が食べると中毒症状が引き起こされることがわかってきました。中毒の原因や致死量などはっきりわからない点もありますが、獣医栄養学専門医のニック獣医師による最新の研究をふまえ解説します。

ニック・ケイブ(Nick Cave)獣医師 ニック ケイブ先生
ニュージーランド・マッセー大学獣医学部准教授、米国獣医栄養学専門医
マッセー大学獣医学部小動物内科にて一般診療に従事した後、2000年に獣医学修士を取得(卒業論文は『食物アレルギーの犬と猫の栄養管理』)。2004年よりカリフォルニア大学デービス校で栄養学と免疫学の博士号を取得し、小動物学臨床栄養の研修を修了。同年、米国獣医師栄養学会より米国獣医栄養学専門医に認定。2005年より小動物医学および栄養学の准教授、獣医栄養学の専門医としてマッセー大学に戻る。家族、2匹の犬、猫、そしてヤモリと暮らしている。


犬にブルーベリーはNG

ブルーベリー

ブルーベリーはこれまで犬が食べても大丈夫な果物とされてきましたが、ニック先生の研究によって犬が食べてはいけない果物であることがわかってきました。

ニック先生が犬にブルーベリーを与えた場合どのような効果があるか調べていたところ、中毒症状が見られたため食べさせるのを止めました。この中毒症状はその後も1週間ほど続いたそうです。

中毒症状は明らかにブルーベリーを原因としたものであり、ニック先生は犬はブルーベリーを食べるべきではないと説明しています。

ブルーベリーのドライフルーツもNG

レーズンが生のぶどう以上に危険なのと同様に、乾燥させたブルーベリーは特に注意が必要です。水分が抜けている分、摂取する量が多くなって中毒症状が深刻になる可能性があります。ぶどうパンを食べた犬では、亡くなった事例も報告されています。


ブルーベリーの中毒症状

ブルーベリー

ブルーベリーを食べた犬がなぜ中毒症状を起こすのか、ぶどうと同様に原因物質を含めその理由は明確になっていません。ぶどうを食べて急性腎不全が引き起こされると以下のような症状が見られます。

  • 嘔吐や下痢
  • 食欲不振
  • 元気がない
  • 水をたくさん飲む
  • お腹を痛がる
  • 尿量増加
  • 脱水


犬がブルーベリーを食べてしまったときの対処法

ブルーベリー

犬がどれだけのブルーベリーを食べると危険なのか、致死量についてもはっきりわかっていません。ただ、急性腎不全になって乏尿(ぼうにょう)や無尿といった症状が見られる場合は非常に危険な状態です。

ブルーベリーを食べてしまったことが分かったら、すぐに動物病院に連絡をしましょう。通常は催吐による治療が行われますが、家庭で行うと別の事故につながるリスクがあります。必ず獣医師の指示に従うようにしてください。

まとめ

ブルーベリー
犬にブルーベリーを食べさせるのはNG
中毒症状が見られた場合はすぐ病院へ
必ず獣医師の指示に従って対処する

犬の栄養学はまだまだわかっていないことが多く、愛犬に新しいものを食べさせる際は、本当に犬が食べていいものか、いけないものかを調べなくてはいけません。獣医師の中でも特に、獣医栄養学専門医のような栄養学の専門家の意見を参考にすると安心です。

更新日:2020年7月27日
公開日:2017年8月31日

Share!