犬は桃を食べても大丈夫! ただし皮や種、与え過ぎには注意

桃は、犬が食べても大丈夫な果物です。ただし糖分が含まれますので、食べ過ぎには注意が必要です。また、種には中毒成分が含まれますので、絶対に与えてはいけません。今回は、桃の栄養素や犬への与え方、注意点などをご紹介します。

TOP写真提供: dog_latte0710さん Thanks!


桃に含まれる主な栄養素

桃

ビタミンC

ビタミンCは犬の体を若々しく保ちがんを抑制する働きがあります。犬は体内でビタミンCを形成することができますが、年齢や体質が原因で不足してしまうこともあります。

ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があります。細胞膜トラブルの原因となる活性酸素に対抗する働きがあるため、皮膚のトラブルやがん、消化器疾患、更には老化防止にも効果があるといわれています。

カリウム

カリウムはミネラルの一つで、細胞内の浸透圧を維持したり、細胞の活性を維持したりする役割があり、体内の不要なナトリウムを輩出してくれます。疲労回復にも良い効果を与えてくれ、欠乏すると「低カリウム血症」を発症することも。

とても大事な成分であることに間違いはないのですが、過剰に摂取すること「高カリウム血症」の原因にもなるので、注意が必要です。

カテキン

お茶にも含まれるカテキンは、ポリフェノールの一種です。動脈硬化や心臓病、糖尿病、アンチエイジングなどの効果が期待でき、抗がん作用もあるといわれています。

桃の与え方

桃

桃には水溶性食物繊維が豊富なため、腸内環境を整えてくれるほか、便秘解消にも効果が期待できます。またビタミン類も含まれているので、体の成長を補助してくれる働きがあります。

桃を犬に与える際は皮を剥き、種をきちんと取り除いてから与えましょう。桃の果実は柔らかいので消化は悪くありませんが、喉に詰まらせないよう、食べやすいサイズにカットしてあげてください。


犬に桃を与える際の注意点

犬と桃
Photo by yoppy.instaさん Thanks!

与え過ぎに注意

桃は水分補給にもぴったりな果物ですが、食べ過ぎると肥満や腎臓病になる可能性があります。

栄養バランスを崩さないように、1日の最適カロリー量の10%以内をトッピングするようにしてあげましょう。1日の最適カロリー量はPETOKOTO FOODSの「フード診断」で簡単に計算することができます。ぜひご利用ください。

フード診断を受けてみる


アレルギーの可能性

アレルギーは、生まれつきの体質による先天性アレルギーと、長い期間同じ食材を食べることにより発症する可能性がある後天性アレルギーがあります。

桃を初めて与える際は、少量からスタートしましょう。以下の症状が見られた場合は、アレルギーの可能性があります。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 皮膚のかゆみ
  • 元気がない
  • 目の充血

桃を食べた際に上記のような症状が現れた場合は、獣医師に相談しましょう。


皮は与えない

皮は、農薬残留の危険性があります。また、消化にも良くないため、桃の皮は与えないようにしましょう。

種の誤飲には注意

桃の種には、「アミグダリン」と呼ばれる物質が含まれています。アミグダリンは、動物の体内に入ると「β-グルコシダーゼ」という酵素によって分解され、「シアン化水素」という物質が発生します。シアン化水素は、非常に毒性が強く、有害な物質です。

シアン化水素は人も中毒症状を起こします。梅やびわ、桃の未成熟な果実にも含まれるため、食べてはいけません。シアン化中毒が発症すると、粘膜の充血、呼吸促迫、頻脈、嘔吐、痙攣などの症状が見られ、最悪の場合、死に至ります。

桃の種は大きくて硬いため、誤飲すると胃や腸に残り、嘔吐や下痢、腸閉塞などを起こす可能性もあります。そのため、種は絶対に食べさせないようにしましょう。

缶詰は与えない

桃の缶詰はシロップ漬けにされていることが多く、大量の砂糖を含んでいます。砂糖は犬の健康によくないため、缶詰の桃は与えないでください。


愛犬のごはんに「桃」を添えるアレンジレシピ

PETOKOTO FOODSに桃をトッピング

ペトことオリジナルのフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」をご利用されている方は、桃を添えるアレンジレシピを試してみてはいかがでしょうか? 以下の関連記事をご覧ください。


番外編:犬のお尻に桃を! 桃尻カット

桃尻カット

ポメラニアンやパピヨンのカットの中に、桃尻カットがあります。お尻だけを短くするカットするスタイルで、お尻が桃のように見えることから「桃尻カット」と呼ばれます。

歩いた時のプリプリしたお尻が可愛らしいです! 詳しくはトリマーの大森さんのカット記事でご覧ください。


まとめ

犬

与える際は小さく切ってからあげる
皮や種は与えない
与え過ぎによる肥満や腎臓疾患に注意
与える際の注意点を守り、甘くてジューシな桃を愛犬と一緒にぜひ楽しんでください!