犬はセロリを食べても大丈夫!詳しい栄養や注意点を解説

Share!

セロリは犬が食べられる食材です。独特の香りには気分を落ち着かせる効果があります。今回はセロリの栄養素や犬にとっての効果、与える際の注意点を説明します。

犬はセロリを食べても大丈夫

セロリの栄養成分

セロリにはカリウムや食物繊維、βカロテン(ビタミンA)が含まれ、犬が食べられる食材です。セロリの特有の香りは「アピイン」「セダノライド」「ピラジン」などの成分が原因で、リラックス効果や血液をサラサラにする効果が期待できます。

カリウムには塩分を排出する働きがあり、血圧の維持や利尿作用があります。食物繊維は胃腸環境を整え便秘解消などに役立ってくれます。ただし、犬は繊維質の多い食材の消化を得意としていないため、与え過ぎないように注意しましょう。

βカロテンには抗酸化作用があり、免疫力を高めてくれるので、ガンや心臓病の予防などにも効果的といわれています。βカロテンはビタミンAになり、皮膚のターンオーバーを調整する効果も期待できます。

犬にセロリを与える際の注意点

犬にセロリを与える際の注意点

セロリは犬が食べても大丈夫な食材ですが、セロリのように繊維質を多く含む食材の消化を犬は得意としていません。初めて与える際は少量にし、摂取後に様子がみられる時にしましょう。

総合栄養食へのトッピングやおやつとして与える場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」で簡単に計算することができます。

フード診断を受けてみる

スジを取らないと腸閉鎖の原因に

セロリを与える時に茎のスジはしっかりと取り除いておきましょう。犬は繊維質の多い食材の消化は得意としていないので、胃腸の負担になってしまいかねません。特にセロリのスジは固いので腸閉塞の原因となってしまう可能性もあります。

茎や葉っぱはどうやって食べさせる?

セロリを手作りご飯に加える際にはなるべく細かくして、消化しやすいようにしてあげましょう。スジを取ることはもちろんですが、あまり大きなサイズで与えてしまうと消化の時に胃腸の負担になってしまいます。

アレルギーに注意

犬によってはアレルギー反応を引き起こす可能性があるので、初めて与える際は少量にし、摂取後に様子を見られるときに与えましょう。

初期症状として皮膚の疾患が現れる可能性が高いので、フケが出たりずっと肌をかゆがっていたりしていたら、早めに病院に相談してください。

以下は主な症状です。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 肌をかゆがる
  • 目の充血

食物性アレルギーの場合、原因となるものを取り除いてあげれば問題ありませんが、アレルギーは摂取後すぐに症状が現れる訳ではなく1カ月後という場合もあります。そのため何の食材が原因か分かりづらいことが多いので、アレルギー症状が疑われたら動物病院で検査をすることをおすすめします。


まとめ

犬はセロリを食べても大丈夫

犬はセロリを食べても大丈夫!
セロリは低カロリーでダイエット向き
初めて与える際は少量にしてアレルギー反応がないか確認して
与える際は必ずスジを取り細かく刻んで
セロリは好き嫌いが分かれるので、愛犬が嫌がったら無理に与えるのはやめましょう。正しい知識で愛犬との美味しい時間を楽しみましょう。

参照