猫はミントを食べても大丈夫? 精油やハッカ油は不調の原因に

猫はミントを食べても大丈夫? 精油やハッカ油は不調の原因に

生命力があり育てやすいハーブを庭に植えている人も多いのではないでしょうか。爽やかな香りが特徴のミントは料理やスイーツと、さまざまなシーンで登場します。でも、身近にあるからこそ、好奇心旺盛な猫がミントを食べてしまった! なんてこともあるかもしれません。猫はミントを食べても大丈夫なのでしょうか。今回は、ミントの成分とともに、ミントが猫に与える影響を紹介します。

猫はミントを食べても大丈夫?

ミント

スーッとした清涼感を感じることができるミントは、私たちが口にすることの多いハーブの一つです。では、猫はミントを食べても大丈夫なのでしょうか。

実はミントにはさまざまな種類があり、すべてが猫にとって害がないとはいいきれません。

しかし、なかには猫が好んで食べるミントもあります。それが、キャットミント、キャットニップ、ペニーロイヤルミントなどです。もちろん、食べ過ぎは注意が必要。

また、もしこれら以外のミントを食べて、猫が嘔吐などの症状を見せた場合は、速やかに獣医師に相談するようにしましょう。

猫が喜ぶハーブ3種セット
(キャットミント・キャットタイム・ペニーロイヤルミント)
Amazonで見る

【種子】キャットニップ
Amazonで見る

ミントの成分

ミント

ミントを代表する成分の一つが「メントール」です。ミント特有の清涼感も、このメントールによるもの。スーッとした爽やかさは、眠気覚ましのガムなどに使用されていることもあります。また触れるとヒンヤリとした感覚があり、湿布などにも使用されているのです。

しかし、このメントールの匂いを嫌う猫は多くいます。そのため、猫を飼っている家ではメントールの香りがするものは避けてあげましょう。


アロマの精油に注意!

机の上にミントやハーブティーなどが置かれた様子

ミントの香りは人間にとってイライラやストレスを落ち着けてくれ、リラックスを与えてくれるものです。さらには虫よけにもなるので、アロマなどで積極的に取り入れている人もいます。

しかし、猫を飼っている場合は注意が必要です。香りそのものを猫が嫌うことはもちろんですが、実はアロマの精油自体が猫にとってはとても危険なものなのです。

精油が原因で体調を崩してしまうかも

精油は成分をぎゅっと濃縮させたものです。そのため天然由来のものとはいえ、少し口にするだけでも小さい体の猫にとってはダメージが大きいものになってしまいます。

猫の体に少しついてしまった精油を舐めたことや、家でアロマを焚いたことが原因で猫の体調が悪くなってしまうこともあるのです。

また危険な精油はミントだけに限りません。精油そのものが猫にとっては害となってしまうので、アロマテラピーは猫を飼う家では避けるようにしましょう。


ミントの加工品を食べてしまっても大丈夫?

ミント

ミントを加工した商品は多くありますが、もしそれらを猫が食べてしまったらどうなるのでしょうか。代表的な例をいくつか見てみましょう。

ハッカ油は猫に与えてはダメ

防虫や殺菌効果があり、すっきりした香りが特徴のハッカ油。ハッカとはミントの和名で、当然、ハッカ油の原料はミントです。近年は夏に湯船に垂らして、スーッとした清涼感を楽しむ人もいるようです。

しかしハッカ油は精油と同様、植物の成分を濃縮したものです。そのため、猫が舐めてしまったりするのはもちろん、猫がいる部屋で使用することは危険。

猫と暮らしている場合は、ハッカ油の使用は避けるのがベスト。どうしても生活に取り入れたいときは、十分に注意して使用してください。

ミントガムやタブレットはNG

眠気覚ましの定番アイテムであるミント入りのガムやタブレットですが、猫が食べてはいけません。そもそも人が食べるものとして作られているので、猫が食べると消化不良を起こしてしまうことがあります。

さらに、注意すべきはこれらの商品に含まれることがある「キシリトール」です。キシリトールを猫が食べてしまうと低血糖を起こし、最悪の場合、亡くなってしまうこともあります。ガムやタブレットが、猫の口に入らないように管理に気を付けましょう。


ミントを与えるなら専用のものを用意しよう

ねこ

猫にミントを与えたい場合は、猫が食べられるミントをそろえてあげるようにしましょう。ただし少量ずつ与え、もし猫が嘔吐下痢などの不調を見せた場合は、獣医師に相談してください。

またミントの香りが好きな場合でも、アロマの精油やハッカ油はできるだけ自宅で使うのは控えてください。どうしてもミントの香りを楽しみたいなら、ミントティーやガム、キャンディーなどで取り入れるのがおすすめです。

※本記事は猫にミントを積極的に食べさせることを推奨するものではありません。猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。

雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。
ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。
Share!