オリエンタルショートヘアの飼い方|猫アレルギーの人にも優しい? 性格や特徴を紹介

オリエンタルショートヘアの飼い方|猫アレルギーの人にも優しい? 性格や特徴を紹介

オリエンタルショートヘアは、小さな顔に付けた大きな耳が特徴的な猫種です。日本ではまだまだ馴染みの浅い猫種ですが、実は私たちがよく知るある猫種の血を強く引いているんです。さて、どの猫だと思いますか? 今回は謎に包まれたオリエンタルショートヘアの歴史や性格、特徴などについて紹介します。

基礎知識

オリエンタルショートヘアは英語で「Oriental Short Hair」と表記します。第二次世界大戦後にシャム猫が絶滅の危機に瀕し、個体数を増やすためにイギリスで交雑が行われた際に偶然、作出された短毛の猫種です。

名前の由来について詳しくは分かっていませんが、シャム猫の原産国がイギリスから東方のタイであったため、「東洋の」という意味の英単語「Oriental」が名前に使われたと推測されています。


歴史

オリエンタルショートヘアは1950年頃に作出された猫種です。第二次世界大戦後、多くの猫が食糧難などの影響により絶滅の危機に瀕していました。そこで猫のブリーダーたちは、残された数少ない猫たちを掛け合わせて、猫種の保存に取り組みました。当時のブリーダーたちの努力によって、今日までに種が保存されている猫種はたくさんあり、シャム猫もその中の一例です。

当時のブリーダーは、遺伝子が多様で健康的なシャム猫を誕生させようとしました。そして生き残ったシャム猫を基礎に、ロシアンブルー ブリティッシュショートヘアアビシニアンなどと掛け合わせました。シャム猫の最大の特徴はポイントカラー(顔の中心や尻尾などの末端部分の色が濃く、体の中央部は薄い色の毛色)ですが、遺伝子的には劣勢だったこともあり、なかなかシャム猫のような子猫が生まれることはありませんでした。

生まれてきた子猫が成長すると、ブリーダーは試しにシャム猫と戻し交配(両親のいずれかと掛け合わせること)をしてみました。すると新たに生まれてきた子猫の中にはポイントカラーの子もおり、シャム猫そっくりの猫を誕生させることに成功したのです。そして、その中にいたポイントカラーの特徴を持たない短毛の猫が現代の「オリエンタルショートヘア」、長毛の猫が現代の「オリエンタルロングヘア」の祖先にあたります。

当初ポイントカラーを持たない猫たちは、色ごとに異なった猫種として位置づけられていました。例えば、白の猫は「フォーリンホワイト」、チョコレート色の猫は「ハバナ」、斑点模様のある猫は「オリエンタルスポットタビー」などです。

しかし時がたつにつれて、色ごとに新しい猫種として分類することが難しくなってきました。そこで、ポイントカラーを持たない短毛の猫は全て「オリエンタルショートヘア」、長毛の猫は全て「オリエンタルロングヘア」に分類されることになりました。ちなみに、「ハバナ」と呼ばれていたチョコレート色だけは、後にチョコレート色とはほど遠い色に品種改良されました。そして「ハバナブラウン」という名前に改名され、現在も純血種として独立した位置づけをされています。


性格

オリエンタルショートヘアは、シャム猫の血を引くヒマラヤントンキニーズバーミーズたちと同じようにとても愛情深くて、頭がよく、社交的な性格をしています。好みのおもちゃがあれば、一人でもたくさん遊ぶことができるぐらい、楽しいことが大好きです。オリエンタルショートヘアは優しい声で飼い主さんにたくさん話しかけてくれます。そんな時は、返事をしてあげると猫も喜びます。


特徴

頭の形は美しい三角形をしており、幅広の耳はかなり大きく、筋の通った鼻をしているのが特徴です。オリエンタルショートヘアの手脚は長く、アスリートのように筋肉質で引き締まった体を持っていることから、シャム猫族の中でも特にエレガントで優美な印象を受けます。

猫アレルギーでも飼えるって本当?

オリエンタルショートヘアは短毛種のため毛が抜けにくく舞いにくいため、長毛の猫に比べれば猫アレルギーが出にくいです。ただ、猫アレルギーは猫の皮膚から出るFeld1(セレクトグロビン)や唾液に含まれるアレルギー物質が毛づくろいによって体全体にいき渡り、毛だけでなくフケに付着して空気中に飛散することが原因とされています。短毛種だから猫アレルギーが出ないというわけではありません。


平均寿命や体重

オリエンタルショートヘアの平均寿命は13歳〜15歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なので平均的といえます。平均体重はメスが2.5kg〜5kg、オスが3kg〜6.5kgです。

価格や相場

どこから迎えるかによりますが、平均価格は13万円前後です。

オリエンタルショートヘアの毛色

オリエンタルショートヘアの毛色のバリエーションは豊富です。

チョコレート

オリエンタルショートヘア

ライラック

オリエンタルショートヘア

ホワイト&ブラウン

オリエンタルショートヘア

クリーム

オリエンタルショートヘア

ブラック&ホワイト

オリエンタルショートヘア
Photo by four_little_monsterさん Thanks!

ブラック

20171214-oriental6-ym
Photo by pawesome_cattitudeさん Thanks!

オリエンタルショートヘアがかかりやすい病気

オリエンタルショートヘアは先天的な理由により病気になりにくいといわれていますが、猫種に限らず猫は腎臓病になりやすい体質を持っています。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた時には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。


オリエンタルショートヘアの動画

おかゆが食べたくてたまらないオリエンタルショートヘアの動画です。どこで味を覚えたのでしょうか?

オリエンタルショートヘアの飼い方

オリエンタルショートヘアを家に迎えたら、定期的なトリミングを行うように心掛けましょう。

定期的なトリミング

トリミングとは「シャンプー」「ブラッシング」「耳掃除」「爪切り」などの、猫の体に関するお世話の総称です。猫は室内飼いが基本ですので、動物病院に行くこと以外に外出をしたことがない子がほとんどだと思います。普段慣れていないトリミングサロンへ行って、見知らぬ犬や猫ばかりがいる場所にいるとストレスがたまってしまう子もいます。そのため、猫のトリミングは基本的に飼い主さんが行うことをおすすめします。

短毛種の場合は毛に汚れがたまりにくいため、シャンプーは4〜5カ月に1回ほどで大丈夫ですが、ブラッシングは毎日するようにしてください。抜け毛を猫がたくさん飲み込んでしまうと、毛球症などの原因となってしまいます。


オリエンタルショートヘアの迎え方

オリエンタルショートヘアの迎え方はさまざまです。猫を迎える際にぜひ参考にしてみてください。

保護猫の里親になる

保護され新しいおうちを探しているオリエンタルショートヘアもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にはオリエンタルショートヘアの特徴を持った子もいます。保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。


ブリーダーやキャッテリーから迎える

血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーやキャッテリーから迎えるという方法もあります。実際に猫が生まれた場所へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

ブリーダーとキャッテリーの違いって?

「ブリーダー」は猫の飼育と繁殖を行っている人たちの総称です。ブリーダーの中でも、主要な猫の血統書登録団体であるTICAもしくはCFAに認められているブリーダーのみがキャッテリーと名乗ることができます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのオリエンタルショートヘアを見つけることができます。


優雅な面立ちのオリエンタルショートヘア

オリエンタルショートヘアは日本ではまだ馴染みの浅い猫種の一つですが、海外では大人気で、アメリカの人気の猫種ランキングではトップ10にランクインするほど。「犬は人につき、猫は家につく」とも言われていますが、猫も飼い主さんが大好きです。家にいる間は、猫との時間を大切にし、猫が寂しい思いをしないようにしましょう。


OMUSUBIなら子猫から成猫まで探せます!

保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護猫の里親さんを募集しています。生後数カ月から成猫まで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

なお、本稿は以下を参照して執筆しています。


Share!