犬のクリッカートレーニングとは?クリッカーの使い方やしつけ方法についてトレーナーが解説

Share!

クリッカーとは、犬のしつけや芸のトレーニングで使われる道具です。クリッカーを使ってトレーニングすることで、愛犬に正しく指示を出すことができるようになります。今回は、クリッカーの使い方やしつけ方法について解説します。愛犬と楽しくトレーニングしてみましょう!

犬のクリッカーとは

コマンド待ちする犬

クリッカーとは、ボタンを押すと「カチッ」と音が鳴る、片手に収まるほどの道具です。

耳馴染みのない道具かもしれませんが、イルカのトレーナーさんが使う「ホイッスル」と同じ役割をしています。

クリッカーを使うことで、動物に行動を教えることが簡単になり、しつけやトリックなどに活用していくことができます。


犬にクリッカーがおすすめな理由

犬を褒める場合、人によって褒め方は変わってきます。同じ言葉であっても「声の高低」や「イントネーション」など、犬にとって「たくさんある褒め方」は理解しづらいものです。

クリッカーは、クリックの音とご褒美を関連付けて教えることで、犬に「正しい」を伝えることができます。

クリックするタイミングさえわかれば、子供から大人まで、性別や言語に関係なく一定した褒め方で「正しい」ということを伝えられます。

犬とクリッカートレーニングを始める前に

おやつを見せる飼い主

クリッカーは、まず犬に「クリック音がしたら良いことがある」ということを教える必要があります。

教え方は簡単で、「クリックしたらすぐにフードをあげる」というのを繰り返します。

これは「チャージング」とも呼ばれ、クリッカートレーニングを始める前に行うことが大切です。

犬のクリッカートレーニングの方法

クリッカーで遊ぶ人と犬

幅広い行動を教えることができるクリッカーですが「何を教えたいか」によって教え方が少し変わります。また、クリッカーを鳴らすタイミングは意外と難しいので、最初のうちはドッグトレーナーに教えてもらうことをおすすめします。

「おすわり」や「伏せ」を教える

しつけとして教えることの多い「おすわり」や「伏せ」は、犬が日常的にする頻度の高い行動です。

自然に出る行動の場合は犬が「座ってみた」「伏せてみた」というタイミングでクリッカーを鳴らします。クリッカーを鳴らしたら、フード(おやつ)をあげましょう。

犬も最初は、なんで急にクリック音がしたのか分かりません。

理由がわからないまま、再度座ってみるとまた音が鳴る。ということを繰り返すと、犬も「座ると音が鳴るのかも」と考えるようになります。

フードをもらってから次に座るまでの時間が短くなってきたら、犬が座る行動を覚えたことになります。あとは、「座る」という行動をする時に「おすわり」や「シット(sit)」などのコマンドを言うようにして、最終的にはコマンドでおすわりができるようにします。


頻度の低い行動を教える

犬が日常的にしない行動や頻度の低い行動を教えたい場合は「シェイピング」という方法があります。

シェイピングとは、こちらが望む行動に近い行動を、犬が行ったときにクリッカーで強化することで、徐々にこちらが望む行動に近づけていくトレーニング方法です。

「シェイピング」の基本

目標の行動に近付けるために、正解のハードルが低いところから始めていきます。

どのステップも何度か繰り返し、犬が覚えたなと思ったら次のステップに進みましょう。必ずしも順番通りにやらなくてはいけないわけではないため、犬のレベルを見てステップ設定してあげましょう。

「ボールをくわえる」ことを教える場合

例えば、クリッカートレーニング「シェイピング」を使って、愛犬にボールをくわえることを教えたい場合は、以下のようなステップ設定ができます。

  • step1:犬がボールを見たらクリッカーを鳴らす。
  • step2:ボールを見るだけでフードがもらえるということを覚えたら、次は見ただけではクリッカーは鳴らさないようにし、ボールにちょっとでも近づいたら鳴らす。
  • step3:ボールに体の一部が触れたら鳴らす。
  • step4:ボールに鼻が触れたら鳴らす。
  • step5:ボールを噛んだら鳴らす。
  • step6:ボールをくわえたら鳴らす。

シェイピングでは、いきなり目標行動を教えるのではなく、その子に合わせたスピードで丁寧に教えましょう。

「シェイピング」で大切なこと

ステップ設定は飼い主さんが思っているよりも細かく「見ただけ」「体の向きを変えただけ」「歩き出そうと前足を上げただけ」など、褒められる経験をたくさんさせてあげましょう。

1日で目標達成できるとは思わず、1日15分など時間を決めるとお互いに負担なくトレーニングすることができます。

「できると楽しい!」は愛犬も一緒

楽しそうな犬

クリック音とご褒美を関連付けることで、正しいしつけを行うことができる
最初に「クリック音がしたら良いことがある」と教えることが大切
愛犬のレベルに合わせて徐々にステップアップしていく

クリッカーは、愛犬の行動を観察するきっかけにもなります。言葉で意思疎通ができなくても、愛犬の行動をよく見ていることで、愛犬の気持ちが徐々に分かってくるでしょう。

しつけやトレーニングの中でうまくいかないこともあるかと思いますが「どうしたらできるかな」「どうしたら伝わるかな」とポジティブに、時間をかけて愛犬と向き合っていきましょう。