ラムキン(猫)の飼い方|セルカークレックスとの違いや子猫の抜け毛について解説

ラムキン(猫)の飼い方|セルカークレックスとの違いや子猫の抜け毛について解説

クリクリの毛が特徴の猫、ラムキン。セルカークレックスと似ていることでも知られる猫種です。成猫になっても身体が小さい小型の猫ですが、成長過程でみられる抜け毛や毛質の変化に心配になる方もいると思います。今回は、そんなラムキンの特徴や飼い方についてご紹介します。

ラムキンとは(英語名/寿命/体高/体重)

ラムキン 子猫 photo credit: @mike_to_ragさん Thank you!

英語表記 Lambkin
原産国 アメリカ
サイズ 小型
体高 約17.7〜20cm
体重 約2.2〜4kg
寿命 約12〜14年

ラムキンは、キンカローという猫種の生みの親であるアメリカ人ブリーダー、テリ・ハリス(Terri Harris)さんによって生み出された猫種です。その歴史は比較的新しく、1987年もしくは1991年に誕生したのではないかといわれています。セルカークレックスとマンチカンを掛け合わせて生まれました。世界的にも非常に珍しい猫種の一つとして知られています。


ラムキンの特徴

ラムキンは、セルカークレックスの巻き毛とマンチカンの体の小ささを持つ猫種です。ラムキンの"ラム"は「Lamb(子羊)」という言葉が由来で、巻き毛が子羊のように見えることからそう名付けられました。

また、巻き毛を持つ小型猫という全体の特徴から「ナナスレックス(Nanus Rex)」(※Nanusは非常に小さい、Rex=巻き毛の特徴を持っている猫を表す遺伝子用語)と呼ばれることもあります。丸い顔と丸い目、長くエレガントな尻尾も印象的です。


セルカークレックスとの違い

ラムキン と似た猫

ラムキンは、セルカークレックスから受け継いだ巻き毛が本家とよく似ているため混同されることが多いそうですが、大きさが違います。ラムキンは成猫になっても平均体重が2〜4kgほどなのに対し、セルカークレックスは大きなオスでは6kgを超えることもあります。セルカークレックスのほかには、スクーカムという同じく巻き毛を持つ猫と比較されることもあります。


ラムキンの性格

ラムキンは、忍耐強く愛情に深い猫種であるといわれています。小さな子供がいる家庭や、ほかに犬や猫を飼っている家庭でも、すぐに仲良くなれる性格の持ち主です。

被毛・毛色

ラムキンの最大の特徴である巻き毛は、その成長過程も特徴的です。生後間もない子猫の頃は毛がカールしていますが、生まれて16週間ほどたつと、一度毛がストレートになったり抜け毛がみられたりと、大きな変化があります。その後、生後8カ月〜10カ月を迎える頃にはまた羊のような巻き毛が戻ってきます。

また、ラムキンの毛色はバラエティー豊かです。白、黒、ブルー、茶など、さまざまな毛色のラムキンがいます。

ブルータビー(Blue Tabby)

ラムキン  顔 photo credit: @hina_mama_2015さん Thank you!

ブルー(Blue)

ラムキン ブルー photo credit: @mike_to_ragさん Thank you!

ラムキンの飼い方

ラムキンは家族と一緒にいるのが好きな猫なので、一緒に過ごす時間を大切にしてあげましょう。遊ぶのも大好きなので、たくさんのおもちゃを用意してあげてください。どの猫種にも言えることですが、エネルギーを発散させてあげないとストレスが溜まり、いたずらにつながります。爪とぎキャットタワーを取り入れた遊べる空間づくりも必須です。


ケア(シャンプー/ブラッシング)

ラムキン 全身
photo credit: @hina_mama_2015さん Thank you!

ラムキンは、ビロードに例えられるほど美しい被毛を持っています。ウールのコートのような見た目に反して、触るととても柔らかいので、美しい毛を保つためには少なくとも2日に1回の丁寧なブラッシングが必要です。触られることが嫌いではない猫種なので、このブラッシングの時間も「ふれあいの時間」として楽しんでくれることでしょう。また、汚れに応じてシャンプーもしてあげましょう。


ラムキンのかかりやすい病気

ラムキンは、「ドワーフキャット(意図的に小さく作られた猫種)」と呼ばれるほかの猫たちと同じく、先天性の疾患が心配される猫種です。生まれつき身体に問題のないラムキンを探すには、親猫の健康管理に気を配る優良ブリーダーを見つける必要があります。また、比較的新しい猫種でまだ健康に関するデータが揃っていないので、猫コロナウイルス(FCoV)猫伝染性腹膜炎(FIP)トリコモナス症など、猫特有のさまざまな病気についての知識をつけておくことが必要です。


ラムキンを動画で見たい! 

世界的に見てもレアな猫種ということで、なかなか実際にお目にかかることはできなさそうなラムキンですが、インターネットにはたくさんの可愛い動画があります。

ラムキンの赤ちゃん、はじめての大冒険

こちらは、ラムキンの女の子の動画です。おうちに来たばかりなのでしょうか、ドキドキしながらソファーの上を探検する姿がキュートですね。


寝る時間なんですけど…… 

この動画が撮られたのはなんと午前1時。ラムキンの子猫たちはまだ遊び足りないようです。飼い主の「もう寝る時間よ」の声も赤ちゃんたちの耳には入りません。


ラムキンとの暮らしって、こんな感じ!

ラムキンとの毎日のダイジェスト版でしょうか。一緒に遊んで、モフモフして。これを見ると今すぐにでもお迎えしたくなっちゃいますね。


ラムキンを飼うには

ブリーダーやキャッテリーから迎える、ペットショップで探すなどの方法があります。希少な猫種なので、簡単には出会えないかもしれません。まだかかりやすい病気などについては解明されていないことも多いので、迎える前に家族みんなでよく話し合っておく必要があります。

保護猫の里親になる

里親として保護猫を迎えるには、シェルターや保健所のほか、インターネットで探す方法があります。近所で開催される譲渡会へ一度訪れてみると、保護猫に関する知識も深まるかもしれません。

ブリーダー・キャッテリーから購入する

ブリーダーやキャッテリーからお迎えする際には、しっかり猫の体調管理をしているか、専門知識はあるのかなど、下調べを行っておくことをおすすめします。新しく家族になる命です。お迎えする前から真摯に向き合いたいですね。

ペットショップで購入する

ペットショップで猫をお迎えすると、猫のサイズに合ったキャリーやトイレ、おもちゃなどを店員さんの助言のもと揃えることができるという利点があります。また、大手ペットショップでは猫にマイクロチップを埋め込んでいるところもあります。ショップごとに質の違いが見られるので、比較してみるといいでしょう。

ラムキンと一緒に、毎日良い夢を…

羊のような毛が魅力的なラムキンをご紹介しました。ラムキンのフワフワな毛を撫でながら眠ったら、良い夢を見られるかもしれません。

OMUSUBIなら子猫からシニア猫まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護猫の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア猫まで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

参照

  • LAMBKIN DWARF(WorldLifeExpectancy)

  • Share!