犬のしつけ教室とは? 種類や効果について解説

犬のしつけ教室とは? 種類や効果について解説

「犬のしつけ教室」は、犬と一緒に暮らす人が増え、しつけについて考える飼い主さんが増えたことで、ここ数年急増してきました。これから愛犬をしつけ教室に通わせることを考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか。愛犬をしつけ教室に通わせたら、本当に「いい子」になるのでしょうか。今回は、犬のしつけ教室はどんなところなのかや、通わせる際のポイントについて解説します。

犬のしつけ教室とは

トレーニング中の犬と飼い主

犬のしつけ教室は「犬のための学校」であり、「飼い主さんの学校」でもあります。子犬のうちから通わせる場合や、成犬になってからトイレのしつけ吠えなどの問題行動を直すために通うことが一般的です。

しつけ教室の中には、アジリティーやオビディエンスなど競技会のためのトレーニングをしてくれるところもあります。


しつけ教室の種類と場所

お勉強中の子犬

しつけ教室というと、一昔前は「トレーナーさんの元へ行って教えてもらう」というものでした。しかし、最近ではペット化が進み「犬のしつけ教室」というのがもっと身近な存在になってきました。

犬の保育園・幼稚園

しつけ教室の中でも最近特に増えて来たのが、犬の保育園・幼稚園です。施設によりサービスプランはさまざまですが、定期的に通わせてしつける方法と、犬を一定期間預けてしつける方法があります。

保育園・幼稚園の多くは、他と比べて犬の送迎がついていることが多く、忙しい飼い主さんにはありがたいサービスです。またしつけ以外にも、ホテルやトリミングなどをおこなっているところが多いのもポイントです。

個人ドッグトレーナーのしつけ教室

個人のドッグトレーナーは、ドッグランやイベントなどで定期的にしつけ教室を開催している場合や、トレーナーに直接依頼してしつけを見直していくことが主です。トレーナーによっては、出張トレーニングをおこなっていることもあるので、連れて行くのが難しい飼い主さんには嬉しいサービスですね。

飼い主さん一人一人、わんちゃん一頭一頭に丁寧に時間を掛けてしつけ方法を見つけてくれます。トレーナーによってしつけ方法が違うため、トレーナーとの相性やしつけの考え方が同じ方向性かどうかをよく話すことが大切です。

動物病院でのしつけ教室

犬にとって大切な時期である子犬期に、いろいろな刺激に慣れさせるためのしつけ「パピーパーティー」を取り入れている動物病院が増えてきました。子犬だけでなく、成犬からのしつけ教室を定期開催している病院もあります。普段通っている病院だからこそ参加しやすく、病気のことも相談しやすいのがポイントです。


ペットショップでのしつけ教室

ペットショップによっては、店内でしつけ教室をしている店舗があり、パピーパーティーやプライベートレッスンなど、さまざまなクラスやレッスンメニューがあります。また、家族に迎えたペットショップの子限定で割引や初会無料など特典がある店舗もあります。

しつけ教室の効果とは

マテの練習をする犬

飼い主さんの中には、「愛犬をしつけ教室のトレーナーに預ければいい子になる」と思っている方も少なくないと思います。確かにしつけ教室では、トレーナーがその子に合った方法でしつけをしてくれます。しつけにかかる時間に個体差はありますが、預ける前に比べて成長して飼い主さんの元へ帰ってくるでしょう。

しかし最も大切なのは、しつけ教室で「いい子」になった後なのです。飼い主さんが適切な接し方をしなければ、困った行動が出てきてしまいます。それは、犬が「教えられたことを忘れてしまったから」ではありません。犬が賢いからこそ、新しい「ルール」を覚えてしまうのです。

本当に愛犬のためのしつけを考えるのであれば、飼い主さんも一緒に参加できるタイプのしつけ教室に通うことをオススメします。

まとめ

仲の良い犬と飼い主

しつけ教室は、子犬でも成犬でも通うことができる
保育園・幼稚園、個人ドッグトレーナーへ依頼、動物病院で開催されている教室などがある
愛犬と一緒に飼い主さんも知識を身につけることが大切

「子犬を飼い始めてしつけ方がわからない」「しつけが上手くいかない」「問題行動をなんとかしたい」などしつけ教室に通うことを考える理由はいくつもあると思います。しかし、大切なのは飼い主さんとわんちゃんとの関係作りとルール作りです。

トレーナーがしつけてできるのは当たり前。しかし、わんちゃんとずっと一緒に暮らすのはトレーナーではなく飼い主さんです。トレーナーは、わんちゃんと飼い主さんが楽しく過ごしやすくするためのアドバイスやお手伝いしかできません。わんちゃんと飼い主さんが二人三脚で頑張ることが、なによりも大切なのです。

Share!