ブリティッシュロングヘアの飼い方|ペルシャ猫と見た目が同じ!? 歴史や特徴について紹介

ブリティッシュロングヘアの飼い方|ペルシャ猫と見た目が同じ!? 歴史や特徴について紹介

ブリティッシュロングヘアという猫種を知っていますか? 名前から少し想像が付くかもしれませんが、実は短毛種であるブリティッシュショートヘアから派生して作出された猫種なんです。見た目がペルシャ猫に非常に似ていることから、ブリティッシュロングヘアの原産国であるイギリスにある血統書登録団体では猫種として認められていないとか……。今回は謎に満ちた猫種「ブリティッシュロングヘア」の歴史や性格、特徴について紹介します!

なお、本稿は以下を参照して執筆しています。

ブリティッシュロングヘアの基礎知識

ブリティッシュロングヘアは英語で「British Longhair」と表記します。これは、ブリティッシュロングヘアの原産国はイギリスであることから「イギリスの」という意味の英単語「Britihsh」と「長毛」という意味の英単語「Longhair」が組み合わせられたことに由来しています。

ブリティッシュロングヘア
Photo by britishdozaraさん Thanks!

歴史

ブリティッシュロングヘアは名前から少し想像が付くかもしれませんが、短毛種であるブリティッシュショートヘアから派生して作出された長毛の猫種です。そのため、ブリティッシュロングヘアの歴史はブリティッシュショートヘアの歴史と深く結びついているので、ブリティッシュショートヘアとブリティッシュロングヘアの歴史を併せて紹介します。

「イギリス最古の品種」といわれるブリティッシュショートヘアの歴史はとても古く、ローマ帝国時代にネズミ捕りのためにイギリスに持ち込まれた猫が祖先であるといわれています。しかし実は、ブリティッシュショートヘアは現在に至るまで二度の絶滅の危機に瀕しています。

そして、血統を守るために交雑が行われたので、昔のブリティッシュショートヘアと現在のブリティッシュショートヘアでは少し容姿が異なっています。

一度目の絶滅の危機は第一次世界大戦(1914年〜1918年)の後です。戦争の被害や食糧不足の影響から、ブリティッシュショートヘアを始めとする多くの猫種が絶滅の危機に瀕してしまいました。

ブリティッシュショートヘアの血統を守るために、当時のブリーダーたちはブリティッシュショートヘアと体のサイズがよく似ていたペルシャ猫と掛け合わせることにしました。

ペルシャ猫は長毛の猫種であったことから、子どもの中にはブリティッシュショートヘアと似た容姿を持つ短毛猫だけでなく、長毛猫も生まれました。そこで、短毛猫は「ブリティッシュショートヘア」、長毛猫は「ペルシャ猫」とされました。

その後、ブリティッシュショートヘアは第二次世界大戦(1939年〜1945年)の後にも絶滅の危機に瀕してしまいました。

そこで、当時のブリーダーたちはブリティッシュショートヘアと「ブリーダーたちが家で飼っていた短毛猫」や「ロシアンブルー」「ペルシャ猫」「バーミーズ」など、あらゆる猫種と掛け合わせることによってブリティッシュショートヘアの血統を守ろうとしました。

その結果、本来のブリティッシュショートヘアの容姿とはかけ離れた「ブリティッシュショートヘアと呼ばれる猫」がたくさん現れるようになりました。

そのため、ブリティッシュショートヘアの原産国であるイギリスを本拠地とし、猫の主要な血統書登録団体の一つである「GCCF」では、「ペルシャ猫ブリティッシュショートヘア」もしくは「ブリティッシュショートヘア同士」の掛け合わせによって生まれた猫で3代目以降のみを純血の「ブリティッシュショートヘア」として認めています。また、3代目以降に生まれた猫であっても長毛を持っていた場合は「ペルシャ猫」として登録しています。

一方、アメリカを本拠地とし、猫の主要な血統書登録団体の一つであるTICAでは、1979年よりペルシャ猫ブリティッシュショートヘアの掛け合わせによって生まれる長毛の猫を「ペルシャ猫」ではなく「ブリティッシュロングヘア」という猫種として登録しています。

ブリティッシュロングヘア
Photo by britishdozaraさん Thanks!

性格

ブリティッシュロングヘアはブリティッシュショートヘアと同じように友好的で愛情深い性格をしています。飼い主さんに対してとても忠誠心の高い猫種ですが、「抱っこしてもらうこと」よりも「飼い主さんと同じソファーに座ること」や「飼い主さんの近くでお昼寝をすること」などのような程よい距離感を好む猫種です。寛容性があるので小さな子どもがいる家でも飼うことができます。

特徴

ブリティッシュロングヘアは筋肉質で、少し丸みの帯びた体つきが特徴的な猫種です。顔はペルシャ猫の血を引いていることから、大きな目と少し短めの鼻をしています。一番の特徴は毛の密度です。他の猫種よりも圧倒的に密度の高い豪華な被毛をしています。基本的に、ブリティッシュロングヘアの身体的な特徴は毛の長さ以外はブリティッシュショートヘアと共通しています。

ブリティッシュロングヘア
Photo by britishdozaraさん Thanks!

ペルシャ猫との違い

ブリティッシュロングヘアとペルシャ猫は両方とも筋肉質な体つきをしていて、大型猫であるということから、少し似ています。しかし2種類の顔つきは全く異なります。ペルシャ猫は短い鼻を持っていることから、あらゆる猫種の中でも、ずんぐりとした印象を受けることが特徴です。ペルシャ猫について詳しくは、以下の記事をご覧ください。


平均寿命や体重

ブリティッシュロングヘアの寿命は14〜17年です。平均的な猫の寿命が15年前後なので、少し長めといえます。平均体重はメスが3.5〜5.5kg、オスが4.5kg〜6.4kgです。

価格や相場

ブリーダーやペットショップから迎える場合、平均価格は30万円前後です。

ブリティッシュロングヘアの毛色

ブリティッシュロングヘアの毛色はバリエーションが豊富です。

ゴールド

ブリティッシュロングヘア
Photo by britishdozaraさん Thanks!

シルバー

ブリティッシュロングヘア
Photo by britishdozaraさん Thanks!

クリーム

ブリティッシュロングヘア
Photo by britishdozaraさん Thanks!

ブラック&ゴールド&シルバー

ブリティッシュロングヘア
Photo by britishdozaraさん Thanks!

ブリティッシュロングヘアがかかりやすい病気

ブリティッシュロングヘアは先天的な理由により、肥大型心筋症になりやすいといわれています。また、種類に限らず猫は腎臓病になりやすい体質を持っています。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた時には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。


ブリティッシュロングヘアの動画

窓の外を眺めるブリティッシュショートヘアの尻尾で遊ぶブリティッシュロングヘアの様子です。ふわふわの毛を持った2匹の姿に癒やされます。

ブリティッシュロングヘアの迎え方

ブリティッシュロングヘアの迎え方はさまざまです。猫を迎える際にぜひ参考にしてみてください。

保護猫の里親になる

保護され新しいおうちを探しているブリティッシュロングヘアもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にブリティッシュロングヘアの特徴を持った子もいます。

保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。


ブリーダーやキャッテリーから迎える

血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーやキャッテリーから迎えるという方法もあります。実際に猫が生まれた場所へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

ブリーダーとキャッテリーの違いって?

「ブリーダー」は猫の飼育と繁殖を行っている人たちの総称です。ブリーダーの中でも、主要な猫の血統書登録団体であるTICAもしくはCFAに認められているブリーダーのみがキャッテリーと名乗ることができます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのブリティッシュロングヘアを見つけることができます。


ふわふわの毛がかわいいブリティッシュロングヘア

ブリティッシュロングヘアはブリティッシュショートヘアと同じように、少し太りやすい体質をしています。猫を家に迎えた際は食事制限だけでなく、たくさん遊んであげることで猫が健康的に過ごせるように心掛けましょう。

OMUSUBIなら子猫から成猫まで探せます!

omusubi

保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護猫の里親さんを募集しています。生後数カ月から成猫まで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

Instagramのフォロワーさん募集中です!

petokotocats Instagramのハッシュタグで「#ペトこと猫部」とつけて投稿していただくと、実際にペトことの記事内や @petokotocats で紹介させていただくことがあります! たくさんの投稿お待ちしております!

Share!