こだわりのデザインで。肉球も見えるキャットウォークがあるお家【愛猫ライフ取材 Vol.1】

こだわりのデザインで。肉球も見えるキャットウォークがあるお家【愛猫ライフ取材 Vol.1】

今や猫は「かわいいペット」ではなく「家族」として生活を共にするようになってきました。一方で私たちは暮らしにデザイン性を求め、「かわいい猫グッズ」がインテリアの足を引っ張ることもしばしば……。家具にデザイン性を求めるように、愛猫のグッズにも機能性以上のものを求める飼い主さんが増えています。新連載「愛猫ライフ取材」では、家具や部屋の作り、愛猫とのコミュニケーションの取り方など、飼い主さんが「家族である愛猫のため」にしていることを取材して紹介していきます。第1回は、愛猫「ブリ丸くん」のためにオーダーメイドでキャットタワーとキャットウォークを作ってあげた伊豫(いよ)さんのお家を紹介します。

取材DATA

  • 撮影日:2018年2月某日
  • 場所:東京都
  • 名前:伊豫(いよ)さん
  • 猫ちゃん:ブリ丸(オス2歳、ソマリ

デザインも機能も譲れない! 愛猫のためのキャットタワー&ウォーク

ショートヘアソマリ
取材に行くと、すぐに伊豫さんの愛猫ショートヘアソマリの「ブリ丸」くんが玄関までお出迎えしてくれました。ブリ丸くんに連れられリビングに入ると、まるでもともと備わっていたかのように、部屋にマッチしたデザインのキャットタワーとキャットウォークが。でもこれ、後からオーダーメイドで付けたものなんです!

キャットタワー
デザインにこだわったキャットタワー

キャットタワーの下部分には、猫トイレを隠して置けるスペースと、隣には掃除道具などをしまっておける収納スペースがあります。タワーには伊豫さんの愛猫「ブリ丸くん」が上れるステップと、小物を飾るための棚とが上手く共存しています。

キャットタワーから続くキャットウォークはガラスでできているので、ブリ丸くんの歩く姿を下から見られるだけでなく、かわいい肉球や香箱座りしているときの手の埋もれ具合も見ることができます。普段は見ることができない角度から猫を眺めることができ、猫好きにはたまらない作りになっていました!


2018_0405_na_012
下からの姿も見えるガラスのウォーク

そんなすてきなキャットタワーとキャットウォークですが、初めからオーダーメイドを考えていたわけではなかったようです。伊豫さんがブリ丸くんのためにタワーとウォークを作ることにした経緯について、伊豫さんと設計を担当した「ショセット建築設計室」の山川さんに伺いました。

インテリアに合うものって意外とないから

猫とキャットタワー

    伊豫さん:タワーは欲しいなと思っていていたんです。もともと高いところとかに上らせないと思っていたのと、迎えてすぐにヤンチャが始まっていて、台所とか乗っていたので、「これは早めに上下運動できるようにしてあげないとな」と思って。それで、ネットやペットショップで探していたんですが、全くかわいいのが無くて。いや、かわいいのは有るんですけど、部屋に合うオシャレなのが無くて……。一応インテリアとかこだわってはいるので、トーンとかを著しく崩すようなものしかなくて、「もう無いなら、作ろう!」と思ったんです。

ブリ丸くんのためとはいえ、お家のインテリアにもこだわっている伊豫さんにとってデザインは譲れないポイント。もう無いならオーダーメイドで作ってしまおうと思ったのがきっかけだったそうです。

    伊豫さん:山川さんとは元同僚で、山川さんが建築のお仕事をしているのは知ってましたし、猫も4匹飼っているので。やっぱり猫の気持ちをわからない人にキャットタワー(ウォーク)を作ってもらっても猫は絶対に使わないと思ったんです。山川さんなら、猫の気持ちを理解しながらオシャレなものを作ってもらえると思って(笑)。

山川さんとは元同僚だったという伊豫さん。キャットタワーとキャットウォークを作ろうと思ったときには、すぐに山川さんのことを思い出したと言います。

女性と猫
伊豫さんとブリ丸くん(左)と山川さん


デザインのこだわりとポイントについて

デザイン決めは伊豫さんと山川さんで、猫好き同士楽しみながらお互いでアイデアを出し合ったそうです。特に猫トイレはプラスチックでピンクや白など、「猫のトイレ」以外の何物でもない感じが嫌で、「トイレは絶対隠して欲しい」という伊豫さんの思いから猫トイレは隠せるようにとデザインを決めていきました。伊豫さんの希望は「猫トイレが隠せること」の他に、「何か飾れる収納付きのキャットタワー」と「内装に合わせた材質と色」というのが最大のポイントだそうです。

猫のトイレ
猫トイレのデザインを気にせず隠れるのがポイント

キャットウォークのデザインは山川さんが前からやってみたかったという「ガラス張り」がポイント。ガラス張りのキャットウォークは、山川さんが「下からの眺めはたまらないよー。やりたいんだよね!」と話したのがきっかけ。「キャットウォークガラス張りって、それ超良いね!」と伊豫さんもすぐにガラス張りのキャットウォークへのイメージができたと言います。

2018_0405_na_03
キャットウォークから見下ろす「ブリ丸」くん 「下からの眺めって猫好きにはたまらないよね。猫好き垂涎(すいぜん)の絵です(笑)」と伊豫さん

山川さんに聞いた デザインのこだわり

キャットタワーを下りる猫

    山川さん:猫と小物って共存すると猫が落としてしまうので、あえて三角の部分は猫が触れないように、上れないように設計しました。猫って上からでも手で触ろうとするので、それができないように。あとは猫トイレですが、上から入るタイプは私も初めてだったので、そこは話を聞きながらですね。

    伊豫さん:ただ、私がキャットタワーの近くに空気清浄機を置いちゃったので……。

    山川さん:あー、じゃあやるか(笑)。

    伊豫さん:そう。ちょいちょいできるもの置くとやっちゃう(笑)。

当初の予定とは違っていても、そんな行動もかわいいと許せちゃう伊豫さん。落とされるのは困るけど、落とす姿も愛らしくもあったりして……。本当に落とされて困るものは置かない、というのも猫飼いにとっては当たり前のことなのかもしれませんね。

依頼から完成までについてはどのくらいの期間かかりましたか?

    山川さん:作ったのは今から1年くらい前ですかね。大体2カ月弱くらいでできました。デザインに2週間とか3週間とか頂いて、実際に作ったのは家具屋さんなんですけど。
部屋のインテリアにもこだわりつつ、オシャレなものを作りたいと話していた伊豫さん。デザインを決める時は山川さんと、猫好き同士猫の魅力について語りながら決めていったそうです。実際、猫好きのお客さんが来るとみんなキャットウォークにいるブリ丸くんを下から写真に撮って帰るそうです。

キャットウォークにいる猫
肉球が丸見え! これはたまりませんね(笑)

作るにあったって1番大変だったことは?

    山川さん:ここは賃貸ではなく買われているマンションなので自由は自由なんですが、壁の中の木材の部分がどこに入っているかわからないので、「設置をする場所は大丈夫か」という不安はありましたね。そこはもう現地で確認しながらやるしかなく、工事の時には苦労しました。

工事から設置完成までのブリ丸くんの様子は?

2018_0405_na_02
    伊豫さん:工事中は危ないのでブリくんはケージに入れていたのですが、キャットタワーとキャットウォークができていくのを興味津々で見ていました。

設置が完成して、ブリ丸くんが使ってくれるかドキドキしていた伊豫さんと山川さんですが、ブリ丸くんはすぐにキャットタワーもキャットウォークも使用してくれたそうです。ブリ丸くん、トイレも仕様が変わって隠されてしまってもすぐにできたといいます。「トイレをしてるときこっちを見てすごいかわいいんですよ! あれでトイレをしてると思うと(笑)」

そう話す伊豫さんは、理想のキャットタワーとキャットウォークができたと、ブリ丸くんが使っているところをたくさん見せて下さいました。

じゃれる猫
キャットウォークの小窓からじゃれる「ブリ丸」くん

2018_0405_na_08
伊豫さんに遊んでもらう「ブリ丸」くん

せっかく作っても実際に使ってくれるかというのは、完成するまでわからないのがオーダーメイドの不安なところだと思います。それでもブリ丸くんも気に入ってくれて、朝は外を見るためによく上ってくれているそうで、ブリ丸くんはもちろん、伊豫さん、山川さんも大満足のいくすてきなキャットタワーとキャットウォークになりました。


そんな伊豫家のアイドル「ブリ丸」くんについて聞きました

物陰に隠れる猫
おもちゃを狙って隠れているつもりの「ブリ丸」くん

ブリ丸くんとの出会いは?

    伊豫さん:私は本当に猫が好きでずっと飼いたかったんですけど、実は旦那さんが猫アレルギーで……。私が猫の動画とか毎日のように見せてたんですけど、そしたらさすがに飼ってあげたほうがいいかもと思ったみたいで、「俺が猫飼っていいっていったらどうする」って急に言われたんです。もう「よっしゃ! 飼える!」ってなって、夜通し調べてブリーダーも1番良さそうなところで、かつ迎えに行ける距離のところを探して……。翌日の朝9時には全て決めて、ブリーダーさんも電話して日程も予約していました(笑)。

    最初は「ショートヘアソマリ」が存在していることを知らなくて、アビシニアンが欲しかったんです。ですが、ブリーダーさんのところにそのとき、たまたまアビシニアンがいなくて、「ショートヘアソマリならいますよ」って言われたんです。それで、見に行ったらもう「激かわ」っと思って、激かわ過ぎて一目惚れしたんです。

    旦那さんはかわいいものが好きなので、見たら飼いたくなるだろうと思って連れて行きました。それで、その時はアレルギー反応はでなくて全然平気だったんですけど、一応翌日くらいに病院に行ってちゃんとアレルギー調べてきてって言いました。

    猫アレルギーがあるから諦めてたんですけど、病院も急かして検査してもらって3日で検査結果出してもらいました。結果の猫アレルギーの数値が3とかで、そもそも猫以外の数値が高いのと、猫って個体でこの子は平気、この子はダメっていうのがあるみたいなんです。それで、ブリーダーさんに行った時も平気だったので、「この子は大丈夫なんじゃないの」ってことでもうすぐに迎えましたね。もちろん、旦那さんのアレルギー数値が高かったら諦めていました。お互い不幸になってしまうので。


横になる猫

現在は、旦那さんの顔の近くで寝ているというブリ丸くん。飼い始めの子猫のときはアレルギーが怖くて、ブリ丸くん一人でケージで寝かせていたようですが、今ではすっかり旦那さんもブリ丸くんにメロメロだそうです。ブリ丸くんへの溺愛っぷりは、「ブリ丸のストレスになりそうなことは全て排除したいみたい」と伊豫さんが話すほど。しかし、実は密かに2匹目を考えているという伊豫さん。「こないだ犬と触れ合わせたときに、そんなにダメそうじゃなかったので、私はいけるんじゃないかと思っているんですけど」と、「実は2匹目名前も決めてるんだよねー」と教えてくださいました。

    伊豫さん:2匹目の名前は「おでんちゃん」(笑)。

    山川さん:かわいい〜! すごい美味しそう(笑)。ブリとおでんで何かめっちゃ煮込まれてそう(笑)。

2匹目の猫「おでんちゃん」を想像しながら、山川さんと話しが盛り上がる伊豫さん。「同じ種類で飼いたいけれど、もう少し説得が必要ですね」と話してくださいました。


「ブリ丸」の名前の由来は?

2018_0405_na_001

    伊豫さん:もともとも実家で猫を3匹飼っていて、その中の1匹が私の猫で「クニ」っていうです。それで、「クニ」の「うい」っていう母音を合わせたくて、何かないかーって探していて、あ! 「ブリ」いいかもっと思ったんです。でもブリだけだと魚みたいだなと思って、字面的にカタカナと漢字でかわいいなかなと「ブリ丸」になりました。

ブリ丸くんとの生活

物陰に隠れている猫

伊豫さんは実家の「クニ」くんもしつけていて、ブリ丸くんも自分の名前は完全にわかっていて、呼んだら来てくれるそうです。あと、「おすわりとお手も教えてて、まあご飯のときだけなんですけどね。ゲンキンなので(笑)」とブリ丸くんとのコミュニケーションを楽しんでいました。

女性に抱かれる猫
「ブリちゃんの話ししてるんだよ?」と伊豫さん

普段は伊豫さんも旦那さんも仕事なので、お留守番をしているというブリ丸くん。仕事から帰ってくると、玄関までお出迎えして「遊んでー遊んでー」と言ってくる姿は本当にかわいいと、ブリ丸くん愛を語ってくれました。

部屋に合わせたキャットタワーとキャットウォークを作ったことで、新しいブリ丸くんの姿やよりコミュニケーションが増えたすてきなリフォームとなりました。

キャットタワーにいる猫

Share!