犬が脱走する理由は? 脱走防止策と脱走させないためのしつけ

犬が脱走する理由は? 脱走防止策と脱走させないためのしつけ

もしも愛犬が脱走してしまったら......。思わぬ事故に巻き込まれたり、迷子になって帰ってこれなくなってしまうことも。まずは犬が脱走してしまう理由やタイミングを理解し、脱走しないためのしつけや対策を普段からしておくことが大切です。また、脱走時に愛犬を見つけた場合の対処法や帰ってくるための対策を紹介します。

犬が脱走してしまう理由とタイミング

柵をくぐり抜けようとする犬

「犬の脱走に気をつけよう」とはいっても、脱走経験の無い犬の飼い主さんはどんなことに気をつけたら良いかわかりませんよね。まずは、犬が脱走してしまう理由とタイミングを認識することからはじめましょう。

犬が脱走してしまう理由

犬が脱走してしまう理由はさまざです。犬種としての気質、愛犬の性格、周りの環境などからも考えられる理由は異なってきます。

怖い・嫌だという危機回避

知らない人や、苦手な犬、初めて見るものなど。何か怖い、嫌な思いをしたときには飼い主さんの声も耳に入らなくなり、走り出してしまいます。

驚き・パニックによる逃亡

や地震、急な出来事に驚きパニックになってしまう犬もいます。怖がりな犬の場合、飼い主さんからしたら「今何に驚いたの!?」「そんなことで?」と思うような出来事ということもあります。

脱走するには至らなかったとしても犬は意外なことでも、怖がったり驚いたりすることがあるということを理解しておきましょう。例えば以下のような例が挙げられます。

  • 路上に落ちているコンビニの袋が風で動いた
  • お店ののぼりが風でバサバサ音を立てた
  • カモが水面に飛び降りた音
  • 飼い主さんが踏んだ砂利の音

初めて出会う刺激に対して過剰に反応してしまうワンちゃんには特に要注意です。


好奇心が勝ってしまったとき

「大好きなボールが飛んでいってしまった」「懐かしいにおいや好きな人を見つけた」など、そのものに向かって走り出してしまうことがあります。また、特定のものではなく、単純に「あっちには何があるんだろう」という場合に、脱走できる環境なら無意識に家の敷地などから出てしまうという可能性もあります。

本能的行動

去勢していない犬の場合には、繁殖しようとメスを探す行動が増えます。ヒート中のメス犬、去勢していないオス犬には外出の制限がかかってしまうことがあります。本能による脱走の場合には、相手の犬、飼い主さんにも迷惑をかけてしまうことになります。繁殖を考えないのであれば、早いうちの不妊手術をおすすめします。


犬が脱走してしまうタイミング

犬が脱走してしまう場所は、家だけとは限りません。散歩中やお出かけ中にだって脱走してしまう危険性はあります。

家の玄関・窓・庭

家の敷地内から脱走してしまうということはとても多いです。「来客があったときに玄関から飛び出してしまった」「窓や庭先から犬を見つけて飛び出してしまった」など……。

散歩中

散歩中に逃げてしまったということも多いです。「いきなり犬が走り出してしまって手からリードが外れてしまった」ということもありますが、「首輪・ハーネスが抜けてしまった」という場合も多いです。

車から降ろすとき

小型犬ではあまりないかもしれませんが、車に自分で飛び乗れる、飛び降りられる犬の場合には脱走の可能性があります。特に、クレートに入れるときにリードをかじらないように外している飼い主さんは要注意です。

実際に、サービスエリアでの休憩時に車から脱走した犬が高速道路本線に出てしまい、それを追った飼い主さんも事故に合うということがありました。


犬が脱走してしまったときの対処法

振り返る犬

犬が突然脱走してしまったら、まずは追いかけなきゃと走ったり、大声で呼んでみたりもすると思います。しかし、脱走してしまったときに大切なことは慌てないこと。状況を把握して適切な対応を心がけましょう。

犬が突然走り出してしまったら

まずは、犬がどうして走り出してしまったのかということが大切です。びっくりして、パニックになって走り出してしまった場合には、たとえ名前を呼んだり静止のコマンドをかけたりしたとしても聞こえていないことがほとんどです。

何かに惹かれてふらっと走り出したのであれば、「◯◯ちゃーん、ごはん食べる?」とおやつの袋をガサガサしたり、「ボール!」など愛犬の「好きな音(言葉)」を言うことで立ち止まってくれることもあります。

それでも止まらずに走り出してしまったら、見失わないように落ち着いて追いかけましょう。可能であれば、すぐに愛犬と親しい人に協力してもらえるように連絡することも大切です。


警察と保健所に連絡する

完全に見失ってしまった、いつ脱走したかわからない場合には警察と保健所に連絡し、保護されていないか確認すること、迷子になってしまったことを伝えましょう。


ポスターや聞き込み

一通り連絡が終わったら、目撃情報を集めましょう。逃げた場所散歩コースなど愛犬が行きそうな場所を重点的に探します。この時ポスターやチラシを用意しておくと、伝わりやすいです。

伝えるべき情報

  • 愛犬の写真
  • 名前
  • 毛色や大きさなどの特徴
  • 着用物(首輪や鑑札など)
  • 逃げた場所と日時
  • 飼い主さんの連絡先
  • 注意事項

誰かに見つけてもらえたとして、見知らぬ人に追われることで余計に逃げてしまうこともあります。ポスターやチラシはあくまで目撃情報を集める手段とし、捕獲には飼い主さんや愛犬と親しい間柄の人に協力してもらうのが良いでしょう。

脱走させないためのしつけと対策

トレーニングする犬

大切なのは犬が脱走できる環境を作らないことと、しつけを行うことです。しつけで重要なのは「呼び戻し」と「待て」です。呼び戻しができれば、飛び出してしまってもすぐに捕まえることができます。

また、飼い主さんの元へ戻ってこれなくてもその場から動かないでくれるだけでも、事故防止として有効ですので「待て」の練習もしておきましょう。

詳しいしつけ方については関連記事をご覧ください。


飛び出し防止ゲート

一番脱走の多い玄関飛び出し防止ゲートを置くことで、脱走のリスクを減らすことができます。


迷子札とマイクロチップ

どんなに対策をしていても、いつどんなタイミングで逃げてしまうかはわかりません。そのために、日頃から迷子札やマイクロチップなどの対策も必要です。

「動物の愛護及び管理に関する法律」(=動物愛護管理法)では、犬や猫などの動物の所有者に対して、それぞれの犬や猫に首輪・名札・マイクロチップなどを装着・施術することを努力義務化しています。

また、今後は登録された犬や猫を新たに迎えた方には、情報変更の届け出を義務付けられるようになります。

詳しくは関連記事をご覧ください。


まとめ

遊びたい犬
犬の脱走は危機回避やパニック、好奇心がほとんどである
飼い主が冷静に対応することが重要
日頃から「呼び戻し」と「まて」をしっかり覚えさせましょう
当たり前の日常は、簡単に崩れます。大切な家族である愛犬を守るために、飼い主しかできないことを日頃から考えて家族で対策を立てておきましょう。
Share!