犬は電車に乗れる?JRなど会社別ルール&マナー、おすすめリュックやバッグを紹介

旅行やお出かけなど、愛犬との移動手段として便利な電車ですが、そもそも犬は電車に乗れるのでしょうか? 本稿では、JRなど主要鉄道会社のペット乗車のルールや料金、電車に乗る際におすすめのキャリーバッグ、スリングの注意点、吠える・電車酔いをするなどストレスが原因で起こることへの対策を紹介します。

条件をクリアすれば犬は電車に乗れる

電車を見る犬

移動に便利な電車。条件を満たせば犬も電車に乗ることができます。ただし、条件は鉄道会社により異なるため、事前に確認をしてルールに従って乗車をしましょう。

中型犬や大型犬は電車に乗れる?

中型犬や大型犬でも、子犬の時期など規定のサイズ内であればルールに従い電車に乗せることは可能です。持ち込めるキャリーケース等の大きさや重さは鉄道会社の規定により異なりますので気を付けましょう。

盲導犬などの補助犬は無料で乗れる

盲導犬や介助犬、聴導犬などの身体障害者補助犬は、お仕事中であれば「無料手回り品」となります。

鉄道会社別、犬を電車に乗せるためのルールと料金

電車に乗る犬

欧米の国々ではペットを電車やバスに乗せることは珍しいことではなく、人と同じように乗ることができる国も少なくありません。

しかし、日本において犬は法律上は生き物ではなく人間の所有物、つまり「物」だとみなされ、公共交通機関を利用する際も犬は「手回り品」扱いとなります。

以前は自転車などの大型の荷物も手回り品でしたが、現在では手回り品用の切符が必要なものはペットを電車に乗せるときだけになっています。

料金
乗車可能な動物の種類
キャリーケースの大きさ
注意事項
JR北海道
280円
小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く) 長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度。ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内 ソフトケージ(布製)、ペットカートの使用は禁止
JR東日本
280円
小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く) 長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度。ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内 ソフトケージ(布製)、ペットカートの使用は禁止
東京メトロ
無料
子犬や猫などの小動物(猛獣やヘビの類は除く) 長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度。ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内  スリングなどの犬の体が出てしまうもの、犬が出てしまう可能性のある入れ物は不可
横浜市交通局
無料
犬、猫、小鳥等(乗客に危険を及ぼすものは不可) 容器を含めた総重量が20キログラム以内 スリングは不可。頭や体の一部でも容器から出ないようにすること
名古屋市交通局
無料
犬、猫、小鳥等(乗客に危険を及ぼすものは不可) 容器を含めた総重量が20キログラム以内 ケース(キャリーケース)の数は2個まで
大阪市交通局
無料
ひざ上で十分に抱ける程度以下の大きさであり、愛玩用として家庭で飼われている動物一般(ペット) 特に制限はないがキャリーケースバック等の持ち運びができる容器入れること。容器は毛が飛散したり動物の姿が見えないようにすること ペットバギー(カート)の持ち込みは可能。ただし、カバーの大部分が不透明であること、車内で回転可能な大きさであること
阪急電鉄
280円
小犬・猫・はと、またはこれらに類する小動物(猛獣およびヘビの類を除く)。 特に制限はないがキャリーケースバック等の持ち運びができる容器入れること。容器は毛が飛散したり動物の姿が見えないようにすること 長さ70センチメートル以内、容器を含む重量が10キログラム以内のもの
福岡市交通局
無料
小動物 特になし キャリーケース等安全なケースに入れること
※出所:各社ホームページ参照

※各店舗・施設の情報は、編集部の独自調査を基に記載しています。掲載後に情報が更新されている場合がありますので、ご利用の際は必ず事前に電話等でご確認ください。情報に誤りがある場合や更新が必要な場合は、お手数お掛けしてしまい恐縮ですが、こちらの窓口までご連絡いただけますと幸いです。

犬を電車に乗せるための事前準備

キャリーバッグに入る犬

キャリーバッグに慣れさせておく

犬を電車に乗せるためにはキャリーバッグに入れる必要があります。スリングでも頭まですっぽり覆えるものもありますが、体の一部が出てしまうスリング等では乗車できないことがあるため、体全体が入るバッグに入っていることができなければ電車に乗ることは難しいです。電車に乗って移動することが想定されるときは、普段から慣れさせておきましょう。

キャリーバッグにおとなしく入っていることができるようにするためには、キャリーバッグに悪印象を持たせないことが第一です。キャリーバッグの中でおやつをあげると、印象が良くなります。

いったん電車に乗ってしまった後は、何かあっても次の駅に着くまではどうしようもなくなってしまいます。ある程度の時間をキャリーバッグで過ごすことができるようにもしておく必要があります。そのためにはキャリーバッグに入れば楽しいことがあると印象付けましょう。

キャリーバッグに入ってお出かけする最初の場所は病院等ではなく、公園やドッグカフェなど犬が楽しめる場所を選びます。キャリーバッグに入って飼い主さんと出かけると楽しいことが待っていると覚えてくれると、自分から入ってくれるようになります。


しつけ・トレーニングをする犬

しつけ・トレーニング

電車に乗ったときにおとなしくしていられるためには、普段からのしつけも必要です。興奮して吠えてしまうと周りの人に迷惑をかけますし、最悪の場合乗車拒否になってしまうかもしれません。飼い主さんの制止コマンドには従うことができるように日頃から訓練しておきましょう。

排泄

室内でのトイレ訓練の際、おしっこをするときに「しっし」などの決まった掛け声をかけ、おしっこができたときにほめてあげるようにすると、飼い主さんの掛け声でおしっこができるようになります。掛け声でおしっこができるようになる前に、電車に乗らなければならない場合は、直前に散歩に連れて行くなどして、事前に排泄は済ませておくようにしましょう。

排泄を事前に済ませておいたとしても、念のためキャリーバッグにトイレシートを敷いておくと安心です。不安なときは、マナーパンツも着用するといいでしょう。マナーパンツも普段から着用し、慣れさせておいてあげると愛犬のストレスも軽減されるでしょう。


駅での手続き方法を確認しておく

無料である場合は特に手続きは必要ありません。手回り品料金が必要な場合は手回り品用の切符を買います。手回り品用の切符は自動券売機では買えないことがほとんどなので、窓口で購入しましょう。ホームや待合室でも犬をキャリーケースから出さないようにしてください。

犬と電車に乗る際のおすすめキャリーバッグ

飼い主を待つ犬

キャリーバッグについて細かく規定している鉄道会社もありますが、あまり細かい指定がない場合もあります。事前に、乗車する電車の規定を確認したうえで、愛犬に合ったバッグを選びましょう。ここでは、リュック・トートバッグ・キャリーケースの3つのタイプを紹介します。

サイズの選び方は、犬が中に入って1回転できる程度です。大きい方がゆったりできていいと思いがちですが、余裕がありすぎてもバッグの中で犬が揺られてしまい、電車酔いなどを起こしやすくなってしまいます。

また、バッグの空気口やメッシュ部分から外が見えることで愛犬が吠えてしまう場合、薄いストールなどで外が見えないようにしてあげるだけで落ち着くこともありますので、用意しておくといいでしょう。ただし、密閉しないように十分注意してください。

リュックタイプ

MANDARINE BROTHERS / ScoutCarryBackpack


公式ショップで見る
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

トートバッグタイプ

free stitch / オリジナルスクエア トート


楽天で見る
Amazonで見る

キャリータイプ

GEX / OSOTO キャリー


楽天で見る
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る


犬を電車に乗せる際の注意点


最短コースを選ぶ

旅行や帰省などで長時間電車に乗る必要があるときは、まずは一番時間がかからない行程を組みましょう。

何度も乗り換えをするときは、いったん駅の外に出て犬に水を飲ませたり休ませたりする時間を設けるようにし、時間に余裕をもって移動できるようにすると犬も飼い主も負担や不安が少なくて済みます。

新幹線の席は車両の一番前がおすすめです。一番前が空いていないときは車両の一番後ろの席が良いでしょう。一番前と後ろの席は、椅子の前と後ろに少し余裕があるので、キャリーケースを置けるという利点と、前後を挟まれた席よりも周囲に対する気遣いが少なくて済むという利点があります。また、もし車内で愛犬が鳴いてしまってもすぐにデッキ部分に移動することができます。

新幹線の席はインターネットで画面を見ながら選ぶことができるので、事前に予約することをおすすめします。犬と電車に乗るときは混む時間帯や連休などの混雑が予想される日をできるだけ避けるようにすると良いですね。

不安な場合は練習で乗せてみる

いきなりの遠出や具合が悪いときに初めて電車に乗ることは犬にとっても不安を感じますし、ストレスになってしまいます。最初から混んでいる電車や長時間の乗車をするのではなく、まずは混雑していないときに犬を連れて電車に乗ってみることで電車内での愛犬の様子も分かり、対策がしやすくなります。

キャリーバッグに入る犬

電車内でのキャリーバッグの置き方、立ち位置

キャリーバッグは座席に置かず、近くに人がいないようであれば飼い主さんのひざの上に置き、人が近くにいるときは足元に置きましょう。電車が混んでいるときや愛犬が落ち着かない様子のときは、車両の隅に移動してキャリーバッグを抱えるか下に置いてください。荷物棚に乗せるのは危険なのでしないようにしましょう。

また新幹線などの長距離移動の際に、飼い主さんがトイレに行く場合も必ず犬が入ったキャリーバッグも持って行ってください。ちょっとの間だからという油断は禁物です。飼い主さんがいなくなったことにより犬が不安を感じて鳴いてしまったり、犬が連れ去られたりする危険があります。

動物が苦手な人への配慮を忘れずに

車内では犬連れであることをできるだけ周囲に知られないようにしましょう。犬が乗っていることを知ると「かわいい」と言ってくれる人もいますが、不快に思う人やアレルギーを持っている人がいることも忘れてはいけません。特に高齢の方などが触らせてほしいなどと言ってくることがありますが、電車内でキャリーバッグの外に出すなどの行為はルール違反になりますので丁重にお断りしてください。

吠えてしまった場合

無駄吠えは日ごろからしつけておく必要がありますし、飼い主が制止したら吠えるのをやめるように訓練することも大切です。しかし、犬を連れての電車移動で何らかの理由で犬が吠えてしまうことがあった場合、まずはいったん最寄りの駅で降り、必要であれば駅から出て犬を落ち着かせてあげましょう。

犬が鳴いたときに飼い主が動揺して、焦って声をかけると余計に犬が鳴いてしまう場合がありますので、数回の制止で鳴きやまなかったときは声をかけるのはやめ、周囲に謝罪し「次の駅で降りるので」と伝えましょう。


電車酔いをした場合

犬には乗り物酔いをしやすい子とそうでない子がいますが、それは犬種ではなく個体差によるものです。事前に乗り物酔いをしやすいことが分かっている場合は獣医に相談しましょう。

乗り物酔いの原因はストレスが関係している場合も多く、不安を強く感じると乗り物酔いをしやすい傾向が強いようです。乗り物酔いをする子でも乗り物に慣れることと、乗り物に乗った結果、楽しいことが待っている経験を積むと症状が軽減する、もしくは全くでなくなることがあります。

乗り物酔いの症状としては、よだれが大量に出る、嘔吐などがあげられます。乗り物酔いの防止は難しいのですが、初めから分かっているときは休憩をこまめに取るようにし、電車に乗る前の食事は少なめにしておいたほうが良いでしょう。電車に犬を連れて乗る際は、飲み水、水飲み容器、ペットシート、ごみ袋、ティッシュペーパー、おやつなど準備を万端にして乗りましょう。

まとめ

飼い主を見つめる犬
犬を電車に乗せる際は「手回り品」扱いとなり料金が発生することも
犬はキャリーバッグに入れて顔を出さないようにしましょう
電車に乗る前の食事は少なめにし、トイレも済ませましょう
乗車時は、動物が苦手な人、アレルギーを持った人へ配慮して
犬と一緒にお出かけを楽しみたい、または自家用車がない場合は犬を連れて電車で移動することが必要になってきますね。鉄道会社のルールと周囲の人へのマナーを守って、快適に移動できるようにしましょう。