サビ猫の性格や特徴を解説 幸運を運ぶとされるも日本で不人気の理由とは

皆さんは「サビ猫」がどんな猫か知っていますか? サビ猫とは主に茶と黒の複雑な模様の毛色を持つ猫のことを言いますが、日本ではキジトラやサバトラなど他の猫に比べると人気が低いようです。「サビ」という名前がちょっと印象を悪くしていますが、実はサビ猫は外国では「べっこう猫」という美しい名前で呼ばれているんです。唯一無二の被毛を持つサビ猫の特徴や性格などを解説します。

サビ猫の特徴

サビ猫
photo by Takuya Goro

サビ猫とは、その名の通りちょっと錆びたような色合いの被毛を持つ猫で、三毛猫の一種です。別名「べっこう猫」とも呼ばれます。毛色は主に黒と茶色の毛で、不規則に入り混じった柄をしており、一つとして同じ柄や毛色が無いとても個性的な猫です。この毛色は「べっこうのように美しい」と感じる人と、猫には誠に失礼な呼び方ですが、「汚い」と感じて「雑巾猫」などと呼ぶ人もいます。

瞳はゴールドが多く、肉球は被毛と同じようにピンクと黒や濃い茶色が混じった色をしています。一般的に濃い茶色と黒で構成されるサビ猫の被毛ですが、グレーや薄い茶色のサビ猫もおり、「灰サビ」と呼ばれます。保護活動者の間では「パステル・サビ」と呼ばれることもあります。日本ではこの地味な色合いから人気が無い面もあるのですが、海外では幸運を運んでくる猫とされている国もあります。


サビ猫の英語名

サビ猫は英語では「tortoiseshell cat(トーティシェル・キャット)」と言います。「tortoiseshell」とは「べっこう」のことです。確かに、さまざまな色がモザイクのように組み合わさった柄はべっこうにも似ていますね。

 サビ猫の歴史

サビ猫
photo by Takuya Goro

現在ペットとして飼われている猫の起源は、エジプトのイエネコです。野生種だったリビアヤマネコがネズミなどの害獣を駆除してくれることから 農耕を営んで暮らしていた人間によって大切にされるようになり、人間と密接な関係を築くようになったのが家畜化の要因と考えられています。古代エジプトで野生種からイエネコとなった猫ですが、その頃はキジトラしか存在していませんでした。現在ではさまざまな毛色の猫が存在しますが、突然変異や交配によって生まれたものと考えられています。

サビ猫は三毛猫の一種で、三毛猫は突然変異によって生まれたとされています。日本に比較的多いとされますが、世界各地に存在しています。猫がエジプトからヨーロッパに広がりペットとしての人間との関係が濃くなることによって、自然界では生き残れなかった目立った色合いの猫が生き残る率が高まり、さまざまな毛色の猫が増えていったと考えられています。サビ猫も、ほかの毛色の猫と同様に世界中へと広まっていったのでしょう。


サビ猫はメスがほとんど

サビ猫

三毛猫にはほとんどオスが生まれないことをご存じの方は多いでしょう。これは、猫の遺伝子によるものです。猫の毛色は、濃淡はあれど基本的には黒、茶、白です。猫の毛色を決める遺伝子は、白以外は性別を決める染色体に付随します。

メスの染色体は「XX」、オスの染色体は「XY」ですね。毛色の遺伝子はX染色体にしか付随しないので、オスは黒か茶色のどちらかの遺伝子しか持つことができず、そのため1色、もしくは白い毛との2色の毛色しか持つことができません。メスはX染色体が2本あるので「黒と茶色」の2色を持つことも可能です。それに白い毛が入れば三毛猫となるのです。

サビ猫は白い毛がほとんど見えないこともありますが、三毛猫の一種です。そのためほぼメスしか生まれません。オスの三毛猫の出生率は1%以下とされ、サビ猫のオスも大変な希少種ということになります。


サビ猫の性格

サビ猫

サビ猫はどんな性格の猫なのでしょうか。サビ猫のほとんどがメスなので、女の子特有の性格の子が多いようです。

優しく大人しい

サビ猫は「賢い」とよく言われます。あまりイタズラをせず、やんちゃなことをしないことが多いからなのでしょう。そのため、毛色が地味で不人気なのですが、飼いやすい猫であるともいわれます。

筆者は保護活動をしておりこれまで多くの猫を保護してきましたが、サビ猫は数匹しか保護したことがありません。見かけないわけではないですが、数が少ないので少し珍しい猫と言えるでしょう。もちろん保護した子たちは全員メスで、やはり優しく大人しい子が多かったです。子猫にも優しく、ほかの子が産んだ子猫や新たに保護された乳飲み子の世話をしてくれる子も珍しくありません。大暴れしたり、イタズラばかりしたりというやんちゃさはあまりなく、手がかからない印象です。


繊細

サビ猫はほぼ全部がメスのせいか、怖がりの子が多い印象もあります。甘える時も、あまり出しゃばらず奥ゆかしい、おしとやかさがあります。自己主張が強くなく、好戦的でもないために、気が強い子とはうまくいかずにストレスを溜めてしまうこともあるようです。また、怖がりなので一度でも嫌な目に遭ってしまうとその印象を払拭するのはかなり大変です。

筆者の愛猫の1匹は元保護猫のサビ猫ですが、一度里親さん宅にトライアルに行き、そのときのトラウマで人間が苦手になってしまった子です。優しく甘えっ子だったのに、初めて行った家で家人に怒鳴られ、そして返却されるという目に遭い、それ以来、筆者以外の人間を恐れるようになってしまいました。そのストレスで、一時は体調も悪くなるなど、筆者の見る目がなかったばっかりにかわいそうな目に遭わせてしまったのですが、以来、筆者の家族にさえ姿を見せません。猫の性格は毛色で違いがあるかどうかというところは、はっきりしませんが、サビ猫はほぼメス猫であることから、繊細な面が強い傾向があるようです。



サビ猫は「幸運を運んでくる」ってホント?

お腹を出すサビ猫

サビ猫には「賢い」「幸運を運んでくる」といったうわさがありますが、本当なのでしょうか?

賢い

サビ猫は賢く飼いやすいと言われています。サビ猫はほとんどがメス猫です。メス猫はオス猫に比べて、大人しくあまり無茶な遊びをせず、かまってちゃんではない傾向があります。ほぼメス猫しかしないサビ猫なので、「メスの特性=サビ猫の特徴」として認識されているものと思われます。

幸運を運んでくる

福猫と呼ばれる「幸運を運んでくる」とされる猫がいますが、サビ猫も幸運をもたらすと言われています。三毛猫も福猫と言われますが、三色の毛色、白、黒、茶色がそれぞれ幸運のシンボルや魔を払うなどの意味があるとされ、「福をもたらす」と言われるようです。

また、三毛猫のオスはその存在自体が非常に貴重なことから、出会えただけでもかなり幸運です。そのため三毛猫全体が幸運をもたらす猫と認識されているという意見もあります。サビ猫も三毛猫の一種ですから、そこから幸運を招くと言われているのかもしれません。アイルランドやスコットランドではサビ猫は幸運をもたらすと信じられており、それが欧米に広がったようです。


 サビ猫の里親になろう

サビ猫と黒猫

サビ猫は純血種の猫種ではないので、家族に迎えるためには里親になるのが一般的でしょう。サビ猫をとても好きな方もいますが、地味な色合いのせいか里親さんは見つかりにくいことが多いです。パステル・サビは希望してくれる方が少なくありませんが、黒い色が多い子は敬遠される傾向にあります。個体差はありますが、穏やかで手かがかからないので、保護活動者からすると「性格は二重丸」の子が多いおすすめの猫です。

まとめ

サビ猫

雑種の猫は、どの子も唯一無二の存在ではありますが、サビ猫は特に同じ柄は二つとしてありません。初心者の方でも比較的飼いやすいことが多く、世界に二つとない毛色を持っているという特別感もあります。この記事を読んでサビ猫の里親さんになってくれる方がいれば大変うれしいです。
Share!