犬が痩せる場合の原因とは? 考えられる病気や対策を獣医師が解説

犬が痩せる場合の原因とは? 考えられる病気や対策を獣医師が解説

一般的に太ってくることよりも、痩せてきた場合のほうが心配なことは多いです。急激な体重減少はそれだけで体の負担となります。明らかに背骨がゴツゴツ見えるなど、骨が触らずともわかる状態は痩せすぎですので病気の可能性がないか病院で検査してもらってください。痩せるといってもその理由はさまざまですし、「食欲・元気はあるのに痩せる」「夏(冬)のときだけ痩せる」「ヒートのときは痩せる」「食欲がないから痩せる」「加齢に伴い痩せてきた」など痩せる条件もさまざまかと思います。今回は、犬が痩せてきた場合に考えられる原因・病気、対処法を目黒アニマルメディカルセンター/MAMeCの顧問獣医師の佐藤が解説します。

Share!