犬がごはんを食べないときの理由を獣医師が解説 

犬がごはんを食べないときの理由を獣医師が解説 

犬がごはんを食べない理由は、病気以外にもストレスやわがままなどさまざま考えられます。食欲不振だけではなく、元気がなかったり、下痢や嘔吐などの他の症状を呈しているときは病気を疑いましょう。今回は犬がご飯を食べない場合に考えられる原因や理由について目黒アニマルメディカルセンター/MAMeCの顧問獣医師の佐藤が解説します。

犬がごはんを食べない場合

ドッグフード

犬にとって食欲は、最後の最後になくなるものですので、食欲不振を甘く見てはいけません。まずは病気を疑いましょう。

食欲不振以外にも他の症状も見られるのであれば要注意です。

特に子犬や老犬で食欲不振の場合は病気の可能性が高いです。子犬にとってごはんを食べることは、これからの体をつくるためにとても大切なことのため、様子を見ることなく早急に動物病院に連れて行きましょう。


犬がごはんを食べない場合に考えられる原因

犬の後ろ姿

病気による機能低下

<全身性の異常>

腎不全や癌、リンパ腫、感染症といった病気の場合や夏バテ・熱中症といった場合にも食欲が落ちることがあります。

また、消化管の腫瘍や機能低下も考えられます。持病はないか、ご飯を食べない以外に下痢や嘔吐などの症状がないか確認しましょう。


<口腔内や喉の異常>

歯周病や口内炎などの口腔内の異常や、喉の炎症による痛みが生じている状態です。「ごはんを食べる=痛い」となっていることから食べられなくなっている可能性があります。


<異物誤飲>

おもちゃやティッシュなどの誤飲によって、食道や腸を詰まらせている可能性があります。

誤飲は放置しておくと、腸を詰まらせ、腸閉塞を引き起こす恐れがあるため、「誤飲したかも」と不安に思ったり、頻回の嘔吐が見られたりしたら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

ストレス

環境の変化による「緊張」や「不安」「運動不足」「お留守番が多い」などのストレスで食べないということもあります。ストレスで食べないのは、環境の変化なのか、不満的ストレスなのかを見極め、適切な対応が必要です。

<環境の変化によるストレス>

環境の変化に弱い犬の場合、ペットホテルの利用時や入院中にご飯が食べられないことがあります。また、旅行に一緒に連れていく場合でも食べられないことがあります。

家族がいれば環境が変わっても食べられるのか、そうでない場合には極力ホテルに預けなくて済むように、どうしても預けなくてはいけない場合には愛犬自身がが信頼している友達や親戚に預けるようにしましょう。

<不満的ストレス>

不満的ストレスの場合には何が「足りないのか」愛犬との関わりをもう一度見直してみましょう。

ごはん・おやつの与え過ぎ

1回のごはんの量が適切かどうかを確認しましょう。犬に応じて、与えるカロリー数は異なってきます。カロリー計算をして、適正な量を与えるようにしましょう。

1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」で簡単に計算することができます。


わがまま

わがままで食べないという可能性もあります。「ごはんを食べないから」と、おやつをあげてはいませんか?

そのようなことが続くと、犬は「食べないで待っているとおやつがもらえる」と思う可能性があります。代わりにおやつを与えるのは、癖になってしまうのでやめましょう。


まとめ

ごはんを食べる犬
ごはんを食べない場合はまず病気を疑いましょう
子犬や老犬の場合は病気の可能性が高い
病気ではないと明らかであれば他の可能性を考えましょう
愛犬の健康状態を把握するのに目安となるのが「食事」と「排泄」です。ごはんの食べっぷりやいつもと排泄物が異なるようであれば動物病院連れて行きましょう。

日頃からよく観察し、愛犬の変化にいち早く気がつけるといいですね。

Share!