犬と猫は同居できるの? ストレスを感じさせない生活の方法を紹介

犬と猫は同居できるの? ストレスを感じさせない生活の方法を紹介

犬と猫どちらも好き! 同居できるならどっちも飼いたいと思っている人は少なくないと思います。最初の挨拶で失敗させてしまっては、その後吠えや噛むなどの喧嘩になどによりストレスを抱えてしまう可能性もあります。犬と猫の同居生活の方法を紹介します。

犬と猫の同居は可能

犬と猫

犬の散歩などで外に出たときに猫と出会うと犬は猫を追いかけようとしますし、猫は警戒して逃げる態勢に入ります。それなのに、仲良く暮らせるの? と疑問に感じる方もいると思いますが、結論から言うと犬と猫の同居は可能です。

実際、筆者は犬と猫と同じ家で暮らしていますし、うまく生活できています。最近では犬と猫が一緒の写真や動画などのもインターネット上でたくさん見ることができますが、どちらも幸せに同居するには様々な準備や手順、そして飼い主の心構えが必要です。それらをクリアすれば、犬と猫の同居は難しくはありません。

犬と猫は違う動物

同居を成功させるには犬と猫が違う動物であることを理解して、それぞれの習性に従って対応してあげることが重要になってきます。愛情が必要、清潔な住空間が必要など共通部分も多いのですが、同じ空間で暮らしても生活様態も違いますし、飼い主が気を付けてあげることもそれぞれ異ります。犬には犬の、猫には猫の対応をしてあげなければなりません。犬と猫の主な違いをあげてみます。

犬の特徴

  • 散歩など戸外に出ての運動が必要
  • しつけが必要
  • 仲間意識が強く飼い主に対する独占欲が強い
  • 縄張り意識が強い
  • シャンプーやグルーミングが必要
  • 人間に合わせて行動できる(夜は寝て朝起きるなど)
  • 食べ物に対する独占欲が強い
  • 基本は肉食よりのの雑食
  • 出された分だけ食べてしまう


猫の特徴

  • 完全室内飼育が可能
  • キャットタワーなど運動できる環境が必要
  • しつけの必要性がほぼない
  • 自分や仲間同士でグルーミングできる
  • 飼い主や家族に愛情を持つが始終べったりではない
  • 夜や早朝に行動が活発になる
  • 飼い主とは親子のような関係
  • 真正の肉食獣
  • 数回に分けて食事をする


これ以外にも異なる点はたくさんありますし、お世話の仕方も違ってきます。人間と密接な関係を築いて暮らす、人間に愛情を持ってくれて絆を結ぶことができるという点では同じなのですが、異なる点を理解してそれぞれに適した対応をしてあげないとストレスがたまり、同居がうまくいかなくなります。

犬と猫の住環境を整える

犬と猫

犬と猫の生活用式はかなり異なります。同じ家であっても、犬と猫、それぞれが満足し、ストレスなく暮らせるように準備してあげる必要があります。

犬は平面で暮らすが猫は三次元で暮らす

犬は主に床(平面)で暮らします。関節などに影響があるので高い段差などはないほうがいいです。しかし、猫は三次元で生きる動物で高い場所を好みます。平面だけでなく高さが必要です。猫が暮らすには広い面より高さや段差などが必要だといわれており、上り降りをすることが猫の運動になります。高い場所にいることに安心感を感じるので、猫を飼う際は猫が上ることができるキャットタワーなどが必要になります。犬と同居の際は必ずキャットタワーやキャットウォークなど、猫が上れる場所を用意することが必須です。

それぞれ安心できる場所を用する

犬と猫をそれぞれ単独で飼っていても、安心して過ごせる場所を用意してあげることが大切ですが、犬猫同居の際はより重要です。 犬が落ち着いて過ごせる場所に屋根付きのケージなどを設置し、毛布やベッドを入れて居心地がいい安心して過ごせる場所を作ってあげましょう。

一方猫のためには、少し高い場所に猫ベッドなどを設置してあげましょう。筆者は保護活動をしているので猫も多頭飼育しているのですが、150㎝ほどの高さの棚の一番上と2番目に猫ベッドを設置しています。猫はやはり寝る場所も高い場所を好みます。同居はしているけど、それぞれのプライベートスペースを確保してあげるといった感覚です。

キャットタワー Amazonで見る

犬猫と暮らすときの注意点

犬と猫は違う動物であり、その食性や習性も異なるため、一緒に暮らすときに注意しなければいけないことがあります。

食事は別にする

2018_0628_cat_na_004

まずドッグフードとキャットフードは成分が違いますから、それぞれのフードを用意します。キャットフードはドッグフードよりカロリーが高いことが多く、犬がキャットフードを食べたがることもありますが、肥満になってしまうのであげてはいけません。逆にドッグフードはキャットフードより猫にとっては栄養が足りないので、ドッグフードをキャットフード代わりにすることはやめましょう。

食べる場所も別々にすることが望ましいです。猫は基本的に「待て」と言っても待てませんし他の子のご飯を取るなと言っても、言うことを聞かせるのは難しいです。犬はしつけで「待て」ができますし、他の子のご飯を取ってはいけないということも理解できます。

しかし筆者の経験では犬は猫より食べ物に対する執着心が強く、他の子に食べ物を取られることに対してかなり嫌悪感を抱くことが多いです。しかも犬は「自分がもらったご飯である」と明確に意識します。犬が待っているのに猫が横から取ってしまうという事態は避けなければなりません。個体差があるので中には気にしない温厚なワンちゃんもいるかもしれませんが、食べるということはかなり強い本能なので、自分のご飯を取られることはストレスです。

対策としては次の方法があげられます。
  • 犬と猫をご飯を食べる部屋を分ける
  • ケージでご飯を食べさせる
  • 猫にもケージを用意し、ご飯のときはケージで食べさせる
  • 猫のご飯は高いところに置いておく

トイレの設置の仕方

犬と猫のトイレは全く違います。犬はトイレシートを使うことがほとんどで、猫はトイレ砂を使用することが一般的です。犬はトイレ訓練が必要ですが、猫は猫が好むトイレを設置し場所を教えるだけでたいてい1回で覚えてくれます。犬猫同居の際はそれぞれ落ち着いて排泄できる場所にトイレを設置してあげること、猫のトイレは個体数+1個といわれていますので設置場所を考えましょう。

ときどき起こる問題として、犬が猫のウンチを食べてしまうことがあります。これは猫のウンチが未消化だったり、キャットフードはカロリー高いので犬がにおいにつられて食べてしまうのです。原因として、犬のご飯が足りないことも考えられます。その場合は、満腹感が増すようにふやかしてからあげる、ダイエットフードにして量を増やしてあげるなどの対策をしましょう。またそのような原因がないときは、猫のトイレを犬が手の届かないようにしてください。2段以上ある猫用のケージを用意し、その中に猫トイレを設置します。入口は2段目以上だけとすれば、犬はケージ内に入れませんので食糞を防げます。

留守のときは居場所を分ける

特に最初のうちは、仲良くできているようであっても飼い主さんが留守のときは部屋を分けたりケージに入れるなどして居場所を分けるようにしましょう。不測の事態を避けるためです。

「初めまして」は慎重に

白い子犬と子猫

犬と猫の同居をうまくいかせるには、初対面でいきなり一緒しないことが大切です。どちらが先住であっても、最初は新入りの子は部屋を別にしてケージに入れましょう。新入りの子も新しい環境に慣れる必要がありますし、先住の子にとっておうちは自分の縄張りですから、いきなりフリーにして縄張りを我が物顔で歩かれるのは不快ですしストレスを感じます。

犬であれ猫であれ新入りの子を別の部屋において、ほかの存在がお家の中に来たことにまず慣れさせましょう。数日たってその子の存在に慣れてきたら、ケージ越しに会わせてみます。このときも無理に対面させず、先住の子がケージに自分から近づくの任せます。近づいてこなかったらそれでもOKですので、先住の子の気持ちに任せましょう。犬も猫も新しい存在には少なからず興味を抱きますから、最初は警戒してもそのうちのぞきにやってきます。先住の子のペースに任せてあげましょう。

子犬・子猫のほうが抵抗感が少ない

筆者は大人で保護した子も同居させているので、大人の犬と猫でもきちんと手順を踏めば同居は可能ですし、とても仲良くなった例もあります。それでも、子猫や子犬だと警戒心が薄いのでより慣れやすいです。ただし、同居する相手が大人の犬・猫であった場合、子犬・子猫に攻撃が向けられたときは命にかかわることもあるので注意が必要です。

新しい子ばかりに注目しない

新しく来た子には手をかけたくなるし、興味関心がそちらに向きがちになるのはわかりますが、一気に家族の関心が新入りの子にばかり向けられると先住の子はストレスを感じますし、嫉妬して先住の子を受け入れがたくなることもあります。意識して先住の子を大切に扱ってあげましょう。


同居に向かない子もいる

筆者は保護活動で犬も猫も保護するので何度も同居させた経験があり、まったく同じ空間にいられないほど険悪な仲という経験はありません。しかし、中にはやはり同居に向かない子もいます。猫は大抵の場合、犬が自分に危害を加えないと理解すると犬を恐れなくなりますが、犬と一緒に寝るほど仲良くなる子と犬に近寄られるのが苦手な子がいます。

また、現在筆者が飼っている犬4匹はすっかり猫の存在に慣れていますし、猫と仲良く暮らしていますが、中には他のペットとの同居が難しい犬もいます。犬種でいうとワイヤーフォックステリアなどの他の動物への攻撃性が高い種類の犬は同居が難しいでしょう。同居できるかどうかはその子の性格によるところが大きいので、先住猫・先住犬の性格をよく考慮したうえで同居を検討してください。

犬が猫を嫌いな場合は同居は困難

犬が猫を嫌いな場合は同居は困難でです。反対に猫が犬を苦手に思っている場合は、キャットウォークやキャットタワーなど高い場所のスペースや通路を作ってあげることで同じ空間で暮らすことは可能です。猫は高いところに逃げることができますが、犬は猫からにげられる場所がありません。そのため、犬が猫を嫌いな場合は、部屋を別にしたり、1階は犬で2階は猫などフロアで分けたりとできる限り離してあげましょう。

無理に仲良くさせない

2018_0628_cat_na_001

犬と猫が一緒に遊ぶ姿や、くっついて寝ている様はほのぼのとして癒やされますね。犬と猫を同居させたらそんな姿を見てみたいですが、無理に仲良くさせようとするのはやめましょう。異なる動物ですし、個々の性格や相性が強く影響しますので距離感はそれぞれ。

筆者宅でも仲良しの加減はそれぞれで、いつも犬と一緒に寝る猫もいますし、別に犬を嫌いではないけれどくっついたりはしないという子もいます。仲良しになれるのはお互いの相性が良いとき。相性は飼い主さんでもいかんともしがたいですよね。自然に仲良くなるのを見守りましょう。同じ空間に落ち着いて居られれば、同居は成功だと筆者は思っています。

犬のしつけと運動は必須

散歩する犬

新入りの子が猫がだった場合、犬と飼い主さんの信頼関係が築けていれば新入りの子を受け入れやすくなります。正しい関係が築けていれば飼い主さんが大切にするものを犬も大切にするからです。正しい関係を築くためにはしつけが必要です。また、犬がストレスなく穏やかに過ごせるためには十分な運動をすることが大切です。運動不足は様々な問題行動の元になりますし、猫を追いかけてしまったり攻撃的なったりする危険もあります。

去勢はした方がいい

同居の際は、犬であれ猫であれ去勢させた方がいいでしょう。犬も猫も去勢していないオスは縄張り意識が強くなりますので、新入りの子を攻撃してしまう、全く受け入れない可能性があります。また攻撃しなくてもスプレー行為などをしてしまうこともあります。



みんな違ってみんないい

dog-2822939_1280

犬と猫の同居は可能であり、一緒に寝るほど仲良くなることも珍しくはありません。しかし、忘れてはいけないのが、犬も猫も相手を殺すことができる牙と爪を持っているということ。犬や猫はそれを簡単に使ってはいけないことを知っているので、普段は平和に暮らすことができています。ですが、強いストレスにさらされると自分の身を守るために爪と牙を使うことを余儀なくされてしまいます。そのことを忘れずに、犬と猫を同居させる際は十分な準備を行ってください。犬と猫、それぞれの特性を知って、同居してもストレスなく暮らせるように配慮することが成功の秘訣です。

Share!