犬の胃腸炎とは? 原因や症状、治療法などを獣医師が解説

私たち人間と同様に、犬の胃腸環境も日々変化します。愛犬が「なんだか元気がない」「最近ご飯を食べない」場合は、胃腸から来る不調かもしれません。胃腸炎は胃や十二指腸、小腸、大腸等の消化管で炎症を起こし、嘔吐や軟便、下痢、血便などの消化器症状を現す状態のことをいいます。今回はさまざまな要因によって症状を現す犬の胃腸炎について、獣医師の新川が解説します。

病名 胃腸炎
症状 食欲不振、下痢、血便、嘔吐、流涎など
原因 感染症、薬物や毒物への暴露、ストレスなど
危険度 中。すぐに命に関わる病気ではありませんが、長期間放置してしまうと衰弱します。

犬の胃腸炎の症状

トイプードルの子犬

  • 元気減退
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 軟便・下痢
  • 排便回数の増加
  • 血便
  • 流涎(よだれが垂れる)
  • えずき
  • 嘔吐(未消化物/透明〜黄色液体)
  • 吐血

お腹を痛がっているかどうかは本人でないとわからないと思いますが、犬の場合は抱っこやお腹の周辺を触られるのを嫌う行動で分かることが多いです。

上記の症状は多くの病態に当てはまります。

そのため、すべて該当するからといって「胃腸炎」と決めつけず、可能性の一つとして動物病院で診てもらいましょう。


犬の胃腸炎の原因

眠そうなフレンチブルドッグ

  • 感染(ウイルス・細菌・真菌・寄生虫)
  • 誤飲・誤食
  • 自己免疫のトラブル
  • 薬物・毒物への暴露、変敗した食品
  • 体質(食物不耐性・食事の急な変化)
  • 遺伝的素因
  • ストレス(環境因子・心因性)
  • 加齢
  • 原因不明(非特異性炎症疾患)

薬物・毒物への暴露として考えられるのは「ヒトの薬」「殺虫剤」「農薬」「家庭内の洗剤」「消毒薬」「タバコ」「観葉植物」「ネギ類」「チョコレート」「ブドウ」「キシリトール」「ボタン電池」など他多数挙げられます。

人にとって「毒」ではないものも、犬にとって「毒」になり得るものもありますので注意が必要です。

その他、開封から時間が経って酸化した食品や、高温多湿で保存していて腐敗したものやカビが生えたものは与えないようにしましょう。


犬の胃腸炎の治療法

ドーベルマンの横顔

主な治療法は現在出ている症状に対する対症療法が基本です。

状況によっては「皮下点滴や注射」「内用薬の服用」「獣医師の指示のもと体質や病態に合わせた食餌療法」をおすすめします。

場合によってはさらなる検査(内視鏡検査、組織検査)や入院が必要になり、まれに外科的なケアが必要な場合もあります。

犬の胃腸炎の予防法

抱っこされる犬

  • 定期的なワクチンの接種
  • 誤飲や誤食を回避
  • 体質に合う食事の選択
  • 適度な運動と休息
  • ストレス源の排除
  • 暑熱対策
  • サプリメントの活用

夏季は暑熱ストレスによって、胃腸障害が出る場合もあるために暑さ対策が必要になります。

ご飯がいたんで食中毒様症状を呈することもあるので、食べ残したものは時間を決めてさげてください。

サプリメントは「免疫増強作用」「抗酸化作用」「整腸作用」のあるものを活用することで予防の一助になることでしょう。


まとめ

仰向けの犬

胃腸炎は消化管で炎症を起こし、嘔吐や下痢、血便などの症状を呈します
胃腸炎の原因はさまざま考えられます
一般的な治療法は対症療法です
誤飲・暑さ対策、適度な運動と休息などで予防しましょう

食欲不振や嘔吐、軟便、下痢などは日常的に遭遇しやすい症状だと思います。

半日〜1日ほどは、食事の内容を加減したり、絶食したり、適切な環境でゆっくり休息を取らせたりして様子を見ても問題ありません。

しかし、なかには医療的ケアが必要なものが潜んでいる可能性があります。

症状が長引いたり、繰り返したりする場合は、動物病院に連れて行きましょう。


参考文献

  • Schultz RD. 2006. Duration of immunity for canine and feline vaccines: a review., Vet Microbiol. Oct 5;117(1):75-9. Epub 2006 Apr 18.
  • Ryuji IEMURA, Ritsuko TSUKATANI, Junko NONAKA, Kayoko KAWAMURA and Michino UMEMURA. 2013. Prevalence of Canine Coronavirus and Canine Parvovirus Infection in Diarrheic Puppies.J. Jpn. Vet. Med. Assoc., 66, 61 ~ 64
  • Rolfe, R.D. 2000. The role of probiotics cultures in the control of gastrointestinal health. J. Nutr., 130(2S Suppl): 396S-402S.


Spcial Thanks:獣医師として、女性として、 両立を頑張っているあなたと【女性獣医師ネットワーク
女性獣医師ネットワーク
女性獣医師は、獣医師全体の約半数を占めます。しかし、勤務の過酷さから家庭との両立は難しく、家庭のために臨床から離れた方、逆に仕事のために家庭を持つことをためらう方、さらに、そうした先輩の姿に将来の不安を感じる若い方も少なくありません。そこで、女性獣医師の活躍・活動の場を求め、セミナーや求人の情報などを共有するネットワーク作りを考えています。


Share!