犬をマンションで飼うときの注意点。トラブル対策やおすすめの犬種を紹介

犬をマンションで飼うときの注意点。トラブル対策やおすすめの犬種を紹介

マンションで犬と一緒に暮らしている人はたくさんいますが、吠える声や共用部分でのマナー問題など、トラブルに悩む人がいるのも事実。そこで今回は、マンションで多いトラブルや対策、おすすめの犬種などを紹介します。

犬と暮らせるマンションとは

部屋でくつろぐ犬

まず、賃貸にせよ分譲にせよ、犬の飼育が認められている場合とそうでない場合があります。犬や猫の飼育不可のマンションであれば、犬を飼うことはできません。

犬を飼う場合は、犬やペット可マンションに引っ越しをする必要があります。ペットOKのマンションでも認められている範囲には違いがあるため、事前に契約書を確認しましょう。

また、犬が飼えるマンションにも種類があるので、マンション選びの参考にしてください。

ペット可マンション

「ペット可」マンションとは、ペットの飼育が認められているマンションです。もちろん、どのペットでも大丈夫というわけではなく、「小型犬のみ」「多頭飼いはNG」などの条件がある場合も多くあります。

またペットを飼育していない人も多く暮らしているため、すべてのマンションの間取りや設備がペットと暮らしやすいようにできているわけではありません。

ペット共生型マンション

ペット可マンションの中でも、最近徐々に増えてきているのが「ペット共生型マンション」です。ペットと一緒に暮らすことを前提に作られているため、犬や猫を飼育している人が多く暮らしており、中にはペットの飼育をすることが入居条件になっているマンションもあります。

そのため、部屋には滑りにくく傷つきにくい床材が使われていたり、トイレスペースをあらかじめ用意してくれていたりと、ペットと暮らしやすい工夫がされている場合も。

また共用部には、ペット用の足洗い場やドッグラン、ペット乗車サイン付きのエレベーターが使われていることもあります。

以前、私が暮らしていたペット共生型マンションの中には、住民と飼い犬が集まるコミュニティ会を管理会社が主催してくれたり、しつけや健康について電話相談をいつでも無料で対応してくれたりするところもありました。


マンションで多い犬にまつわるトラブル

笑顔の犬

さまざまな人が暮らす集合住宅であるマンションは、一軒家に比べるとトラブルも多くなりがちです。マンションで多い、犬にまつわるトラブルの代表例をご紹介するので、トラブルになる前にしっかりと対策を行いましょう。

ペット飼育禁止マンションで犬を飼う

「この子はおとなしいから大丈夫」と、本来犬が飼うことを許されていないマンションで犬を飼う人がいますが、これはルール違反です。いくらしつけをしっかりしていてもまったく吠えないという保証はありませんし、犬ならではの臭いを感じることもあるでしょう。


また、犬が壁や床を傷つけてしまうこともあります。さらにマンションには、犬が苦手な人や、アレルギーがあってあえて「ペット不可」の物件を選んでいる方もいます。

もし内緒で犬を飼っていることが見つかってしまった場合、立ち退きとなったり、原状回復費として敷金以上のお金を請求されたりすることも。ペット不可マンションで犬を飼うことは絶対にやめましょう。

無駄吠えなどによる騒音トラブル

犬の鳴き声が原因となる騒音トラブルは少なくありません。飼い主にとっては可愛い愛犬の鳴き声ですが、他人からしたら不快な騒音になります。特に夜間はトラブルになりやすいので要注意。そのため、まずは無駄吠えをさせないようにしっかりしつけをしましょう。

また、窓から見える鳥や外から聞こえる音に反応して吠えてしまう犬の場合、寝床を窓の近くに設けないなど工夫するのも手です。


犬をベランダに出すことでのトラブル

マンションのベランダに犬を出すときも気を付けることがあります。

まず、犬のブラッシングをベランダでおこなう人がいますが、これはマナー違反。抜けた毛が近隣のベランダに飛んでしまうため、トラブルの原因となります。

トイレをベランダに設けることもやめましょう。もちろん、ベランダにケージや犬小屋を置いて犬を飼うのはもってのほかです。

なかには、ベランダに犬を出すこと自体を禁止しているマンションもあるので、事前に契約書や利用規約を確認しておきましょう。


廊下やエレベーターなど共用部でのトラブル

廊下やエレベーターなどの共用部分では、犬をフリーにさせてはいけません。必ずリードを付けた状態か抱っこで移動しましょう。マンションによっては、共用部分は抱っこでの移動を義務付けているところもあります。

エレベーターで別の住人と一緒になる場合は、「犬がいるけれど大丈夫でしょうか」と一声かけたり、次のエレベーターを待ったりするのがベスト。

当然、共用部分での排泄はNG。もし誤って愛犬が共用部分で粗相をしてしまったら、すぐにお片付けを。備え付けのマットなどを汚してしまったら、管理会社に一言連絡してください。


マンションで飼うなら小型犬がおすすめ?

クッションの上で練る犬

では、実際にマンションで犬を飼う場合おすすめの犬種はあるのでしょうか。「この犬種ならトラブルにならない」という犬はいませんが、小型犬から選ぶことをおすすめします。

一方でおすすめできないのは、柴犬など中・大型犬です。「絶対にダメ」というわけではないのですが、飼育できる犬を小型犬に限定している場合が多く、特に賃貸マンションの場合、中・大型犬が飼育できる物件は少ないです。

さらに小型犬であっても多頭飼いができないマンションも多いため、今後についても犬を飼う前にしっかり考える必要があります。


マンション選びのポイント

待っている犬

犬と暮らせるマンションを探すときに、ぜひチェックしておいてもらいたいことがあります。

まずは床材です。愛犬が滑りにくく爪などで傷がつきにくい、下の階に音が響きにくいといった床材が使われている物件は、愛犬の健康はもちろんトラブル防止にもつながるのでおすすめです。

また愛犬がお気に入りになれるような日当たりの良い場所があったり、ペット臭がこもらないよう風通しが良かったりする物件を選ぶのも良いでしょう。

逆にエレベーターの中で犬の排泄物の臭いが残っていたりする物件は、住民のマナーが悪くモラルが低い可能性がありトラブルの原因になるため避けたほうがよいかもしれません。


まとめ

見上げる犬

多くの人が暮らすマンションで犬を飼うことは、戸建てと異なる大変さがあります。でも、あまり怖がらなくても大丈夫。転勤族の我が家はこれまで、愛犬2匹とともにペット可マンションやペット共生型マンションを転々としていますが、大きなトラブルになったことはありません。

また、引っ越してきたときにお隣さんなど近隣の住民に挨拶に行くこともおすすめ。その場で「犬を飼っているけれど、吠え声など気になれば遠慮なく言ってくださいね」と伝えれば、相手も実は愛犬家で話が盛り上がるなんてこともしばしばです。

入居前、入居後に限らず、もし不安なことがあれば管理会社に相談するのも手。モラルやマナーを守りながら、愛犬との生活を楽しみましょう。


Share!