犬のくしゃみをする場合に考えられる原因と病気を獣医師が解説

犬のくしゃみをする場合に考えられる原因と病気を獣医師が解説

犬もくしゃみをすることがあります。人の場合、花粉症などアレルゲン物質が鼻道に入ることによって外に出そうとくしゃみをします。犬も同様、鼻道に細菌などの異物が入ることによってくしゃみが出ます。くしゃみと同時に血が出た場合は早急に動物病院へ連れていきましょう。今回は、犬のくしゃみや鼻水の症状がある場合に考えられる原因や病気、応急処置などを目黒アニマルメディカルセンター/MAMeCの顧問獣医師で獣医循環器認定医の佐藤が解説します。

くしゃみがひどい場合に考えられる原因と病気

吠える犬

犬のくしゃみは、主に鼻(上部気道)への刺激で生じます。多少のくしゃみは、異物排出のためや季節の変わり目など温度変化によって出ますので、様子を見て大丈夫な場合が多いです。

しかし、病的な原因が疑われる場合は、くしゃみによって同居動物に感染が広がってしまうことや、頻発する場合には体力低下につながることもありますので、それぞれに応じた対処や検査、治療が必要になる場合があります。

感染性鼻炎

病的なくしゃみの原因としてもっとも多いのが「感染性鼻炎」です。細菌やウイルス、まれに真菌によって起こります。

とくに若齢の子によくみられます。さまざまな性状の鼻汁を伴うことがありますが、中でも子犬ではウイルス感染がとても多いです(ウイルス感染の場合は、鼻水を伴わないこともあります)。

鼻水が普段よりも明らかに多量に出たり、膿っぽかったり血が混じっている場合は、異常です。動物病院で診てもらうようにしましょう。

異物

鼻道(鼻の穴)の入り口や内部に異常が存在することでくしゃみや鼻汁が認められることがあります。比較的よく認められる異物として植物の種やフードなどがあります。

異物が鼻道に入っている場合は急にできた違和感に身体がなんとか外に出そうと、近くの家具に頭をぶつけるほど激しいくしゃみやくしゃみの回数が多くなる傾向にあります。

アレルギー

特定の季節や、タバコ、香水などによってくしゃみが出る場合は、アレルギーの可能性が高くなります。

特に、若齢の犬でくしゃみが出た場合は、季節との関係(花粉など)や、来客、新しい環境など、くしゃみの原因になるものがないか考えてあげてください。


歯周病

広い意味では鼻炎に分類されます。高齢の場合はこの原因が多いです。歯みがきをしっかりと行えていないことからくる、歯垢、歯石の付着が歯周病を引き起こすことがあります。

歯周病が重度になると、歯周病菌が顎の骨を溶かしてどんどん深い方に入っていき、鼻につながる管を作ってしまうことがあります。そうなると、歯周病菌が鼻に入ることにより、膿性(黄色い膿)の鼻水を伴うくしゃみが出ることが多いです。

歯みがきができていなくて歯石がついてしまっている子で、くしゃみや鼻水が多くなってきたなと思ったら、要注意です。


ガンを含む腫瘍

鼻の中にできた腫瘍によって、くしゃみや鼻汁が出ることがあります。とくに、高齢の子では注意が必要で、中でも鼻血が出た時は気をつけてあげてください。

犬では、鼻血が出ることは少なく、外傷や歯周病の時などにも稀に認められるものの、高齢での鼻血は腫瘍(ガン)の最初の症状なことも多いため、十分に注意が必要です。鼻の腫瘍の場合、顔の形が変わってくることも多いです。



犬のくしゃみへの応急処置

犬

応急処置として、犬やケースに応じた対応を述べますが、根本的な解決策は動物病院での検査が必要になります。くしゃみが続くようであれば、病院へ連れて行ってあげましょう。

また、くしゃみが続いていても止めようとはしないでください。異物を外に出そうとする正常な身体の反応なので、くしゃみ中にマズルを抑える、抱っこするなど、止めようとすると返って悪化することがあります。

くしゃみが出にくい環境作り

原因にかかわらず、くしゃみの予防として、人と同様に、空気清浄機や加湿器を使って、お部屋の環境を適切に保っていただくと良いでしょう。

温度は25℃ほど、湿度も50〜60%が目安です。湿度が低くなりすぎると、ウイルスなどによりくしゃみが出やすくなるので、注意が必要です。

若齢の子はしっかり食事を

若齢の子の場合には、成長に伴って体力がつき、自然とおさまることがあります。しっかりと食事をさせ、体力をつけさせてあげましょう。

しかし、身体の小さい子では、くしゃみが続くことで体力が落ちてしまうこともあるので、あまり様子を見過ぎないように気をつけましょう。

異物を取り除く

異物が外から見えている場合は、ピンセットなどで優しくつまんで取り除いてあげてください。ただし、植物の種などの場合、引っかかっていることもあるので、無理に引っ張らないことが大切です。

また、鼻の穴の奥に異物が入ってしまっているときは、外から見えないことも多いので、くしゃみが続いて原因が分からないというときには、動物病院でみてもらうと良いでしょう。

花粉の季節は散歩を控えましょう

アレルギーが疑われる場合には、原因となる物質を調べて取り除いてあげたり、花粉の季節には散歩を控えるなどが良いでしょう。また、掃除をしっかりと行って、ハウスダストを減らしてあげるのも大切です。

散歩後には、ブラッシングで、散歩中に毛についたアレルゲンを取り除いてあげましょう。フローリングのお掃除シートなどを使うのも有効です。

歯垢、歯石がついている場合

くしゃみが出るようになった子で、歯垢、歯石が多量についている場合には、すぐに病院に行きましょう。もし歯周病がくしゃみの原因の場合には、抜歯などの処置が必要になることもあります。

高齢の子のくしゃみの場合

高齢の子でくしゃみが出るようになった場合には、腫瘍ではないかどうかを調べるためにも、早めに動物病院に行きましょう。鼻の穴の腫瘍は、小さいうちは外から見てもまったく分からないことが多いため、注意が必要です。

また、高齢の犬の場合、腫瘍ではなく感染などが原因だったとしても、体力が落ちていて治りづらかったりすることもあるため、早めの受診が大切です。

異変を感じたらすぐ病院へ

横になった犬のアップ写真

このように、くしゃみはくしゃみでも、軽度な病気から重度な病気までさまざまです。くしゃみ1つでも、小さい身体には負担がかかる行為です。

単に大丈夫だろうと放っておかず、少しでも異変を感じたら動物病院で診てもらいましょう。

第3稿:2020年3月16日 公開
第2稿:2017年8月1日 公開
初稿:2016年5月20日 公開

Share!