マンチカンってどんな猫?性格や寿命、体重などの特徴、里親の迎え方などを紹介!

Share!

短足が特徴のマンチカンは「猫界のダックスフンド」とも呼ばれる猫種です。短足であるにも関わらず運動能力は高く、驚くべきスピードと小回りの持ち主で「猫のスーパーカー」とも呼ばれています。また、性格も愛らしく、大人になっても子猫の好奇心や愛嬌を失いません。そんな数々の異名を持つマンチカンについて実はさまざまな論争があります。マンチカンの名前の由来、歴史、性格、短足などの特徴、毛色の種類、かかりやすい病気や寿命、ブリーダーや保護猫からの迎え方などを紹介します。

マンチカンの基礎知識

マンチカンは英語で「Munchkin」と書きます。マンチカンの名前は、「オズの魔法使い」に出てくる小人(マンチキン)に由来しているといわれています。「むしゃむしゃ食べる」という意味の「munch」と「小」という意味の接尾辞「kin」を組み合わせて「オズの魔法使い」の作者が生み出した造語です。

マンチカンの歴史

マンチカンの歴史は諸説ありますが、イギリスで1940年代にジョーンズ博士によって「短い足の猫」の存在が報告されたことが起源だとされています。その後、世界各地で「短い足の猫」の存在が報告されるものの、マンチカンの実態は明らかではありませんでした。

1980年代にサンドラという女性がアメリカのルイジアナ州で、トラックの下にいた妊娠している足の短い猫を拾ったことで実態が明らかになりました。まだまだマンチカンの歴史は浅く「足が短いということは遺伝子的に欠陥があるのでは? 」という遺伝性疾患を憂慮する意見もあります。

世界的に有名な血統書発行団体はCFA(CatFanciersAssociation)とTICA(TheInternationalCatAssociation)といわれていますが、現在マンチカンを純血種として認めているのは、TICAのみです。

参照:CFA 参照:TICA

マンチカンの特徴

マンチカンはとても筋肉質なので、足が短いにも関わらず、他の猫と同様にジャンプをしたり、木に登ったりすることができます。また、マンチカンの特徴でもある短足は小回りを効かせて走ることにも役立ち、運動量は多い猫です。体に対しては大きな顔とカールせずに真っすぐ垂れたしっぽも特徴的です。

実は多い!足長のマンチカン

足が長いマンチカン
Photo by kainalu913さん Thanks!
実は足の短いマンチカンは全体の2割〜3割程度だといわれていて、ほとんどのマンチカンは、普通の猫の足の長さと同じなのです。

折れ耳のマンチカン

折れ耳のマンチカンは正式にはマンチカンではなく、折れ耳のスコティッシュフォールドの血を引いた「雑種」とされています。そのため、TICAではマンチカン同士の交配で生まれた子のみをマンチカンとして認定しています。ちなみに、スコティッシュフォールドの折れ耳は「骨軟骨異形成症」という成長過程において軟骨の形成に異常が発生する病気によるものです。

二足歩行のマンチカンもいる?

二足で立つマンチカンの写真
Photo by mario_at9さん Thanks!

マンチカンは短足なので、他の猫より安定感があり二足で立つことが得意です。

マンチカンの性格

マンチカンはとても社交的な猫で、人が大好きです。子猫の頃からの好奇心や愛嬌が衰えず、とても甘えん坊な性格なので、たくさん遊んであげましょう!人間だけでなく他の動物とも仲良くできることから、多頭飼いに適した猫種でもあります。

マンチカンの大きさや寿命

マンチカンの平均寿命は11歳〜13歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なのに比べて少し短いです。

また、マンチカンの平均体重は、2kg〜4kgです。基本的に、猫は1歳の頃の体重が適正な重さだといわれています。健康に過ごせるように、こまめに体重チェックをしてあげましょう。

マンチカンの毛色

マンチカンは毛色はさまざまです。シルバーやブラック、三毛、中にはロシアンブルーのようなブルーもいます。

ホワイト

A post shared by 야옹 (@starcat7942) on



ブラック

ブルー


茶トラ

A post shared by ぷー (@pooh0403) on


長毛のマンチカン

A post shared by noriti (@noriti8) on


マンチカン系の雑種(ミックス)

マンチカンとスコティッシュフォールドのミックスが最近増えています。

マンチカンとスコティッシュフォールドの違い

マンチカンとスコティッシュフォールドの写真
Photo by tipa0212さん Thanks! 足長のマンチカン(左)、立ち耳のスコティッシュフォールド

マンチカンとスコティッシュフォールドは極めて似ています。個体差はありますが、以下のポイントを見分ける参考にしてください。

顔の形

マンチカンは体に対して顔の大きさの比重が高いことが特徴です。対してスコティッシュフォールドは丸顔で鼻の幅が広めであることが特徴です。

尻尾

マンチカンの尻尾はカールせずに真っすぐ垂れていることが特徴です。対してスコティッシュフォールドは、尻尾が柔らかく、先に向かって細いことが特徴です。

マンチカンとペルシャの雑種「ミヌエット」(ナポレオン)

マンチカンとペルシャの子供は「ミヌエット」(以前はナポレオン)と呼ばれていて、ペルシャの丸い目と長い毛、マンチカンの短い足を持っていることが特徴です。「ミヌエット」はTICAで血統登録されています。

マンチカンがかかりやすい病気

現在マンチカンの遺伝的な病気は報告されておらず、信頼のできるブリーダーから迎えれば、遺伝的な病気の心配をする必要はありません。しかし、短い足を持っている子はヘルニアなどの整形の疾患にかかりやすい傾向があります。一緒に遊ぶ際には、腰に負担がかからないように気にかけてあげることで、予防することが可能です。猫全般では、腎・泌尿器の病気が多いため、水を与えてあげ、おしっこの匂いなどに異変がないか日頃から確認してあげると良いでしょう。

マンチカンの迎え方

マンチカンを迎える時の方法を紹介します!マンチカンは性格も外見もとてもかわらしいので、「迎えたい!」と思う人も多いでしょう。ただ動物はもちろん病気にもなれば、猫だと15年近く生きます。自分のライフスタイルで猫を飼って幸せにしてあげられるかしっかりと考えた上で迎えるようにしましょう。

保護猫の里親になる

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

PETOKOTOの姉妹サイトである保護犬・保護猫のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてくださいね!まずは保護猫から迎える選択肢をご検討ください。

募集情報を見る

ブリーダーやキャッテリーから迎える

好きな毛色や、血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。実際にブリーダーの元へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

ブリーダーとキャッテリーの違いは?

「ブリーダー」は猫の飼育と繁殖を行っている人たちの総称です。ブリーダーの中でも、主要な猫の血統書登録団体であるTICAもしくはCFAに認められているブリーダーのみがキャッテリーと名乗ることが出来ます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのオリエンタルショートヘアを見つけることができます。

マンチカンを迎える前に理解を

マンチカンは遊ぶことが大好きな上に穏やかな性格のため、一般的な猫に比べて多頭飼いに適しています。マンチカンが先住猫の場合は問題ありませんが、マンチカンを後猫として迎えてあげる場合は、先住猫の性格などをよく理解した上で迎えてあげましょう。

なお、本稿は以下を参照して執筆しています。