猫はプリンを食べても大丈夫? 過度なカロリー摂取やアレルギーを引き起こすリスクも

子どもから大人まで人気のプリン。人が食べていると興味を示す猫も多いのではないでしょうか。実はプリンは猫にとってリスクのある食べ物であり、糖分の取りすぎになってしまったり、虫歯を引き起こす可能性があります。また、卵や乳製品のアレルギー反応を引き起こす可能性もあるのです。猫がプリンを食べた場合どのような危険性があるのか紹介していきます。

猫はプリンを食べても大丈夫?

プリン

プリンを猫が口にした場合、過剰なカロリー摂取となってしまったり、卵や乳製品アレルギーを引き起こしたりするケースもあります。猫が肥満状態になると糖尿病のリスクも高くなります。甘いものの食べ過ぎは人間同様にリスクがあるということを、しっかりと認識しておきましょう。

糖分(ショ糖)

プリンには多く糖分が含まれています。砂糖の成分であるショ糖ですが、これらを過剰摂取した場合は猫も人間と同様に過度なカロリー摂取となってしまいます。またごく稀ではありますが、ショ糖が原因となり虫歯になってしまう猫もいます。食は健康に生きるために必要不可欠な要素ですので、一生綺麗な歯を保ってあげるためにも、糖分を過剰に与えることは避けましょう。


卵・乳製品

アレルギーの原因がはっきりとわからないことも多いですが、たんぱく質がアレルギー源となっている猫も多くいます。プリンには卵や牛乳といった乳製品も含まれているため、たんぱく質のアレルギーを持つ猫であればアレルギー反応が出る可能性も十分に考えられます。乳製品アレルギーを持っている猫も珍しくないため要注意です。

アレルギー反応が出た場合、下痢嘔吐、皮膚疾患といった症状が出る場合があります。猫がプリンを誤って食べてしまった場合は、その後変わった症状がないかしっかりと確認するようにしてください。


猫には甘いものを感じるセンサーがない

プリン

プリンをはじめとし、甘いものを欲しがる猫も多くいるようですが、猫には甘いものを感じ取る味覚がないと言われています。人間は基本的に「酸味」「苦味」「塩味」「甘味」の4種類の「基本味」に加えて「旨味」を感じることができます。

一方で猫は「酸味」「苦味」「塩味」の3種類を感じることができます。つまり、猫には甘いものを感じる味覚がなく、甘いものを欲しがる理由は香りに反応しているか、人が食べていることで興味を持っていることが多いのです。実は甘いものを美味しいと感じて食べているわけではありません。


猫用のプリンはおすすめできない?

市販では犬猫兼用のペット向けのプリンも販売されているようです。誕生日や特別な日には「猫と一緒に甘いものを食べたい……」と思う方もいるでしょう。しかし、食品添加物が含まれていたり、シロップ漬けのフルーツを使用しているものも多いため、猫によって良いものとは言えません。

どうしても猫にプリンを与えたい場合は手作りのプリンをおすすめしますが、先ほどもお伝えしましたように、猫には甘いものを感じ取るセンサーがありません。猫にプリンを与える必要はないと言えます。

猫にはプリンを与えない

ねこ

プリン興味を示す猫もいるようですが、プリンは猫にとって決して良い食べ物ではありません。さまざまなリスクもありますし、猫には甘さを感じ取る味覚がないと言われています。美味しいと感じてプリンを欲しがっているわけではないということも、頭に入れておきましょう。

万が一食べてしまった場合は、少量であれば問題がないことが多いです。しばらく異常がないか様子を見てあげてください。猫は基本的にペットフードから必要な栄養を摂取することができます。愛猫の健康管理のため、猫にプリンを与えるのは避けましょう。