バイヤーおすすめ犬のヒーター 必要性や安全性・注意点を解説

バイヤーおすすめ犬のヒーター 必要性や安全性・注意点を解説

犬の寒さ対策を本格的に考える季節になりました。ふさふさな毛で覆われている犬にヒーターは必要なのでしょうか? 人間よりも床に近い場所にいる犬にとってピンポイントで温められるヒーターはとても便利なアイテムです。今回はペトことバイヤーのおすすめする、パネルヒーターやカーペットなど安全なヒーターをご紹介します!

犬のヒーターの必要性

犬は暑さによって体温調整ができなくなる熱中症だけでなく、寒さによる低体温症にも気をつけなくてはいけません。夏だけでなく、冬の防寒対策もしっかり考えていく必要があります。


ヒーターは犬の防寒対策として便利なアイテム。犬がくつろげる場所、お気に入りの場所に設置することで、温かいリラックス空間を作ることができます。ただ、そのためにはヒーターのある場所が犬にとって安全で清潔に過ごせる場所でなければなりません。特に安全性に関しては人間が暖房器具を使用するときと同様に、慎重になる必要があります。

コンセントを噛んでしまった場合の火災や、長時間触れていることで起こる低温火傷などの事故がないようにするために、ヒーターを置く環境、犬の性格や体格に合わせて考えていきましょう。


犬のヒーターの注意点

犬用のヒーターにはさまざまな種類があります。犬にとってより快適で安全な防寒対策にするために注意点を考えていきます。


火災

ヒーターは熱を持つものですし、電気を使うものも多くあります。使用する時に周りに燃えやすいものがないように注意するなど、環境を整える必要があります。

置き型など転倒する可能性があるものに関しても注意が必要です。また、噛み癖や掘り癖がある犬がコンセントなどをいたずらすることで、火災や事故につながる可能性もあります。特に犬だけでお留守番をする時間はしっかり安全対策・管理をする必要があります。


やけど

犬用のヒーターで温度が低いものであっても、長時間触れていることで、低温やけどをしてしまう可能性があります。犬が長時間ヒーターのそばにないように、定期的に様子をみてあげましょう。特に直接肌に触れるタイプのヒーターに関しては、上に布を敷いてあげるなどの工夫をしましょう。


熱中症

長時間ヒーターを使用することで熱が体にこもってしまうことがあります。そうすると冬でも熱中症になってしまう可能性がありますので注意しましょう。犬がヒーターを使うときは熱くなりすぎていないか、水分をちゃんととっているか、飼い主さんのこまめな管理が必要です。


清潔で快適な空間

布を使った犬用ヒーターは犬がくつろぐ場所、長時間過ごす場所に置くことが多いと思います。そのため、洗濯や掃除などができて、衛生的な状態を保てるものにする必要があります。布は不衛生にしておくと雑菌も繁殖しやすく犬の体調面においても悪影響を与えてしまうので気をつけましょう。

乾燥対策

ヒーターを使うことで、室内が乾燥しやすくなることもあります。乾燥することで犬が風邪をひきやすくなったり、皮膚のトラブルにつながったりすることもあるので気をつけましょう。ヒーターによる寒さ対策と一緒に加湿器などをつかった乾燥対策をすることも大切です。


バイヤーおすすめの犬用ヒーター

この冬おすすめの犬のヒーターを紹介します。

ペット用 ホットカーペット


  • 特徴:高温燃焼を防止するために、2つの55°C過熱保護装置を内蔵しており、過熱の場合は自動的に電源を切れる2重保護のデザインです。電源コードはペットの噛みや爪引きには耐えられるラセン管を採用し、噛み癖のワンちゃんに負けない丈夫なステインレス内蔵。ペットの感電の危険から守ります。
  • ブランド:Pecute
  • サイズ:S/M/L
  • お手入れ:カバーは洗濯機で丸洗い可

Amazonで見る


遠赤外線パネルヒーター


  • 特徴:遠赤外線の力でしっかりと足元をあたためてくれる薄型デスクヒーター。ファンヒーターなどのように身体の表面だけが熱くなったり、空気が乾燥するようなことはありません。また、遠赤外線は家具や壁などで反射するのでお部屋全体を効率よく暖めることができます。
  • ブランド:ANBOCHUANG
  • サイズ:W100×D51×1cm
  • 重量:1.09kg
  • 消費電力:180±10W

Amazonで見る


オアシス縦置き型


  • 特徴:電気を使わず温度調節ができる新発想のペットハウス。夏は保冷剤で涼しく、冬は断熱壁が暖かさを保ちます。
  • ブランド:SDK工房
  • サイズ:W36.5×D55×H45cm
  • 重量:1.2kg

楽天で見る
Amazonで見る


遠赤ヒーター付きサイドテーブルペット(犬・猫)用


  • 特徴:冬の寒い時期にぴったり。ペット用の暖房ヒーターとサイドテーブルがセットになった商品です。遠赤外線は体の中から温めるので、低い温度でも暖かさを感じる事が出来ます。火傷の心配もなく、また空気を汚す事もないので安心して使用できます。まるで太陽に当っているようなひなたぼっこのようなぬくもりです。
  • ブランド:Petlife
  • サイズ:W60×D43×H40.5cm
  • 重量:10.5kg
  • 消費電力:110W
  • 生産国:日本

楽天で見る
Amazonで見る


あったかぬくもりマット


  • 特徴:電気を使用せずに簡易的に温まる、安全で経済的なマットです。芯材に発泡マットを使用し、床からの冷気を遮断してペットの体温を保ちます。
  • ブランド:アイリスオーヤマ
  • カラー:ペールピンク/ペールイエロー
  • サイズ:W75×D57×H1cm
  • 重量:370g

楽天で見る
Amazonで見る

安全で快適な空間を

ヒーターは犬の防寒対策にとっても便利なアイテムですが、使い方によっては危険を伴います。犬にとって暖かく快適な空間作りをするためには、ヒーターを安全・適切に使用することが大切です。
小さなヒーターであっても暖房器具という認識を忘れずに、細心の注意をはらって愛犬のために快適な環境を整えてあげましょうね。


第2稿:2019年11月18日 公開
初稿:2018年12月20日 公開

Share!