ラガマフィンの飼い方|性格や体重、病気、寿命など迎えるためのポイントとは?

ラガマフィンの飼い方|性格や体重、病気、寿命など迎えるためのポイントとは?

ラガマフィンはラグドールを品種改良して生まれました。見た目はラグドールと非常によく似ているため、ラガマフィンを純血種として認めていない血統書登録団体もあります。今回はラガマフィンの歴史や性格、体重や毛色などの特徴、かかりやすい病気や寿命、ブリーダーや保護猫からの迎え方などについて紹介します。

ラガマフィンの性格や特徴

名前の由来は、国際ラグドール愛好会の一人が冗談半分で「ぼろきれを着た少年」「いたずら小僧」という意味の英単語である「Raggmuffin(ラガマフィン)」と血統書登録団体に仮登録をしたことです。後から名前の変更を試みたものの却下されたため、今でも「ラガマフィン」という名前が使われています。

歴史

ラガマフィンはラグドールを品種改良して生み出されました。ラグドールはアメリカ・カリフォルニア州のブリーダー、アン・ベイカーが誕生させた猫種です。アン・ベイカーはラグドール誕生から約10年後の1971年に「国際ラグドール協会(International Ragdoll Cat Association)」を設立し、所属しているブリーダーのみがラグドールの名称を使うことができるフランチャイズのようなビジネスを始めました。

アン・ベイカーの方法に反感を抱いたブリーダーたちの一部が結集し「国際ラグドール愛好会(Ragdoll Fanciers Club International)」という組織を設立しました。そして彼らはラグドールを基礎に、ペルシャ猫メインクーンなどの猫と交配させ、ラガマフィンを生み出したといわれています。

ちなみに現在はブリーダーたちの努力によりTICAやCFAなど主要な血統書登録団体がラグドールを登録しているため、国際ラグドール協会に登録をしていないブリーダーもラグドールという名前を使うことができます。

ラガマフィンの性格

ラガマフィンの性格はラグドールに非常によく似ていて、狩りに対する本能が弱いため引っ掻きにくい傾向があります。とても寛容な性格の持ち主なので、小さな子どもに対しても嫌がることなく優しく接してくれるでしょう。抱っこされることを嫌がらないので、腕の中でそのまま寝てしまう子もいます。

特徴

見かけによらず筋肉質でがっちりとした体つきのラガマフィンは、成長スピードが非常に遅く、成猫になるまでに3〜4年かかるのが特徴です。毛の色と目の色の組み合わせはさまざまなので、ラガマフィン一匹ずつ見た目が異なることもラガマフィンの魅力の一つといえるでしょう。

ラガマフィンとラグドールの違いは?

ラガマフィンとラグドールは非常によく似ています。個体差もありますが、以下が見分けるポイントされています。
毛の色
ラガマフィンの毛の色のバリエーションはさまざまですが、ラグドールの毛の色は白っぽい毛がベースになっています。
目の色
ラガマフィンの目の色は猫によってさまざまですが、ラグドールの目の色はブルーのみです。
ラガマフィンとラグドールの写真
ラガマフィン(左)、ラグドール

平均寿命や体重

ラガマフィンの平均寿命は10歳〜13歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なので少し短めといえるでしょう。また、ラガマフィンの平均体重はメスが4.5kg〜7kg、オスが7kg〜9kgです。

ラガマフィンの毛色

ラガマフィンの毛色のバリエーションはさまざまです。

ブラックスモークタビー&ホワイト


レッド&ホワイト


クリーム


ラガマフィンのかかりやすい病気

ラガマフィンは遺伝的な問題によって病気にはなりにくいといわれていますが、猫は腎臓病になりやすい体質を持っています。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた時には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。

ラガマフィンの飼い主さんのブログや動画

小太郎びより

ラガマフィンの飼い主のブログ ラガマフィンの小太郎くんと飼い主さんとの楽しそうな毎日が綴られています。

ラガマフィンの動画

ラガマフィンの赤ちゃんの動画です。よちよち歩きが本当にかわいいですね。

ラガマフィンの迎え方

価格や相場

どこから迎えるかによりますが、ペットショップでの平均価格はだいたい30万円前後です。

保護猫の里親になる

保護犬、保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」 保護され新しいおうちを探しているラガマフィンもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にはラガマフィンの特徴を持った子もいます。保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。実際にブリーダーの元へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのラガマフィンを見つけることができます。

ラガマフィンを家に迎えること

ラガマフィンの魅力をお伝えできたでしょうか? ラガマフィンの毛は長いのでほっといておくと、絡まってしまったり、毛玉ができてしまったりする恐れがあります。ラガマフィンを家に迎えた際は週に2〜3回ほどブラッシングをしてあげて、猫が健康に過ごせるようにしてあげましょう。

OMUSUBIなら子猫から成猫まで探せます!

保護犬、保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」
保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月から成猫まで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

なお、本稿は以下を参照して執筆しています。
第2稿:2017年10月5日 公開 初稿:2016年10月26日 公開
Share!