グレインフリーのフードは危険?犬猫に与えるメリット・デメリットを栄養管理士が解説

Share!

食べ物で「◯◯フリー」と聞くと体に良さそうなイメージがありますが、最近よく見るグレインフリーのドッグフードやキャットフードは犬や猫の体に良いものなのでしょうか? メリット・デメリットやグルテンフリーとの違いについて、ペット栄養管理士が解説します。#犬の食育

グレインフリーとは

麦

グレインフリーとは、「穀物不使用」を意味します。日本では2014年頃から口コミで広がり始め、2018年頃からグレインフリーのドッグフードやキャットフードが数多く市販されるようになりました。

グレインとは

グレイン(grain)とは「穀物」のことで、定義はさまざまありますがイネ科に属する稲、小麦、トウモロコシや、雑穀と呼ばれるヒエ、アワ、キビを指すことが一般的です。広義ではソバやマメ科植物を含むこともあります。

グレインとグルテンの違い

グレインと似た言葉に「グルテン」(gluten)がありますが、グルテンは小麦に含まれる「グルテニン」と「グリアジン」というタンパク質が絡み合ってできたものです。パンやうどんをこねるとモチモチした生地ができるのは、グルテンができているためです。

グルテンは「セリアック病」という遺伝性の不耐症を起こしたり、犬でもアイリッシュセッターがセリアック病と似たグルテン過敏症を起こすことが知られています。グルテンを避けることで糖質制限につながることから、グルテンフリーダイエットが流行ったこともあります。

犬や猫はグレインを消化できる?

犬と猫

グレインフリーのペットフードが注目される理由の一つとして、「犬や猫は穀物を消化するのが苦手だから」と言われることがあります。確かに犬はもともと肉食でしたし、猫は現在も肉食です(※1)。実際、生米を漁った犬が下痢をしたという話も珍しくありません。

しかし、生米が消化に悪いのは犬だけでなく人でも同じ。米や小麦に含まれるデンプンは、水と熱を加えることで構造が崩れて消化性が高まります。これをα化(あるふぁか)と言い、犬もα化されていれば消化でき、α化されたデンプンを含むフードを100%消化できていたという研究結果もあります(※2)

猫についても同様ですが、肉食の猫にとって消化しやすいものでないのは事実です。総合栄養食の基準値を策定しているAAFCO(米国飼料検査官協会)は炭水化物の基準値を設けていませんが、乾物当たり40%を超えると下痢などの消化不良が起こる可能性があります(※2)

※1 最近の研究で、犬の祖先であるオオカミは肉だけでなく植物を主食にすることもあることがわかってきました。参照:「オオカミの多彩な食生活、研究者も驚く」(National Geographic)、※2 参照:『小動物の臨床栄養学 第5版』

グレインフリーのドッグフードが市販される理由

ドライフード

グレインフリーのドッグフードが注目されるようになった理由の一つにアレルギーへの不安があるようです。グレイン、つまり穀物がアレルギーを起こしやすいという考えですが、それらの不安には2つの誤解があります。
  1. アレルギー検査の誤解
  2. 穀物アレルギーの誤解

1. アレルギー検査の誤解

よく「アレルギー検査で陽性だったから◯◯は食べさせられない」と考える飼い主さんがいますが、実際にアレルギー症状が出ていなければ避ける必要はありません。食の選択肢を狭めることは飼い主さんにも犬にもストレスになりますし、不必要な除去はアレルギー症状を悪化させる可能性があります。

アレルギー検査について、詳しくは関連記事もご覧ください。

※参照:「Does my pet have a food allergy?」(American College of Veterinary Nutrition)


2. 穀物アレルギーの誤解

穀物はアレルギーを起こしやすいイメージを持つ方もいるようですが、それも誤解です。ドイツ・ミュンヘン大学の調査では、犬のアレルゲン食材として報告が多かったのは牛肉、乳製品、鶏肉と続きました。小麦は4番目、トウモロコシは7番目、米は11番目です。

犬のアレルゲン食材として報告が多かった食材

穀物がアレルギーを起こしやすいということはありませんし、前述した通り、アレルギー症状が出ていなければ避ける必要はありません。グレインフリーのドッグフードは、穀物を食べるとアレルギー症状が出る犬のためのフードなのです。


グレインフリードッグフードのメリット

麦と犬

高級路線のドッグフードでは特に「グレインフリー」と書かれることが多く、パッケージだけで比較してしまうとメリットがあるのではと思いがちです。しかし、主なメリットとして挙げられるのは以下の2つです。

  1. 穀物アレルギーを避けることができる
  2. 何となく体に良さそうが気がする

1. 穀物アレルギーを避けることができる

穀物を食べるとアレルギー症状が出る犬にとって、グレインフリーは大きなメリットです。ただ、アレルギー症状が出ていないのにアレルギー検査の陽性反応だけで判断したり、飼い主さんの思い込みで穀物アレルギーだと判断したりしないように注意してください。

2. 何となく体に良さそうが気がする

これがグレインフリーのドッグフードが売れている大きな要因です。「◯◯フリー」と書かれていると、何となく体に良さそうなイメージがわいてしまうもの。それでもデメリットがなければ問題ありませんが、グレインフリーは危険性が指摘されています。詳しくは後述します。

グレインフリーのキャットフードが市販される理由

食事をする猫

猫の場合はドッグフードの「アレルギーを避けるため」とは違って、「肉食だから必要ない」という理由でグレインフリーが選ばれるようです。ただ、こちらも誤解があります。グレインフリーにして穀物を避けても、炭水化物は別の食材で配合されているはずだからです。

肉食だからという話であれば炭水化物を抜くべきで、穀物だけを抜く理由にはなりません。猫にとっても効率良くエネルギーを作ることができる糖質は重要ですし、食物繊維は腸内環境を整えてくれます。つまり猫もアレルギー症状が出ていない限り、穀物を抜くメリットは特にないのです。

グレインフリーのデメリット

ゴールデンレトリバー

ドッグフードやキャットフードの中には結果的にグレインフリーになっているものもあり、グレインフリーを食べているから体に良くないということはありません。実際、獣医栄養学の専門医がレシピを作った「PETOKOTO FOODS」も4種類のメニューのうち2種類は穀物を含まないため結果的にグレインフリーになっています。

しかし、グレインフリーのドッグフードやキャットフードは以下のようなリスクも指摘されています。グレインフリーのフードだけを与え続けている方は注意が必要です。
  1. 高タンパクになると肝臓や腎臓の負担が増す
  2. 心臓病との関連性が疑われている

1. 高タンパクになると肝臓や腎臓の負担が増す

犬や猫は摂取したタンパク質をアミノ酸に分解し、肝臓でグルコース、尿素窒素、そしてエネルギーに変換します。さらにタンパク質の老廃物である尿素窒素は、腎臓でろ過します。つまりタンパク質に頼るほど、肝臓や腎臓に負担をかけることになります。

また、高タンパクフードは犬の攻撃性を高める可能性があります。体内のアミノ酸濃度が高くなると、セロトニンを作るトリプトファンが脳内に入るのを邪魔します。セロトニンは精神安定に深く関わっており、不足するとイライラ感につながってしまうのです(※)

※参照:水越美奈『食と問題行動』(ペット栄養学会誌)


2. 心臓病との関連性が疑われている

2019年、アメリカの食品医薬品局(FDA)が、グレインフリーのドッグフードを食べている犬は心臓病の一種である拡張型心筋になりやすい可能性があると発表しました。カリフォルニア大学デービス校からは、タウリンの欠乏が関係しているのではないかとする研究が出ています(※1)

アメリカの科学ニュースサイト「RealClearScience」は、2019年最大のジャンクサイエンス(エセ科学)としてグレインフリードッグフードを挙げ、「グレインフリードッグフードは犬を殺すかもしれない」と紹介しています(※2)


まとめ

PETOKOTO FOODS
グルテンフリーは最近の流行り
アレルギー症状がなければ必要ない
グルテンフリーにはデメリットもある
グルテンフリーフードはアレルギー症状が出ている犬や猫には必要ですが、アレルギーのない子の体に良いという科学的な根拠はありません。逆に病気になる可能性も指摘されています。不確かな情報や流行りに流されることなく、愛犬・愛猫にとって本当に良いごはんを選んであげてください。


\20%OFFキャンペーン実施中!/
PETOKOTOFOODS
ご満足いただけなかった場合は初回配送分に限り、全額返金いたします。ぜひ一度お試しください。

>> 詳しくはこちら <<