犬はタンパク質の摂りすぎに注意!必要量や不足過剰のリスクを栄養管理士が解説

Share!

犬にとってタンパク質は重要な栄養素ですが、不足だけでなく摂りすぎにも注意が必要です。今回はフード・おやつ選びや手作りごはんを与える際に最適な必要量や割合について、不足や過剰で見られる症状やオススメの食材についてペット栄養管理士が小動物栄養学博士のニック獣医師の知見をもとに解説します。#犬の食育

犬の必須栄養素「タンパク質」

PETOKOTO FOODS

タンパク質は三大栄養素の一つで、犬に欠かせない栄養素です。ビタミンやミネラルも大事な栄養ですが、タンパク質は犬の体の50%を占め(水を除く)、筋肉や内臓、皮膚、骨などあらゆる組織・細胞の源になっています。

三大栄養素
タンパク質
脂質
炭水化物
糖質
食物繊維

犬はもともと肉食でしたが、人との生活の中で「肉食寄りの雑食」に進化しました。効率的にエネルギーを作るためには肉だけでなく野菜などもバランス良く食べる必要がありますが、今でも私たち人間よりタンパク質を多く必要とする体をしています。


犬が1日に必要なタンパク質の量・割合

PETOKOTO FOODSの匂いを嗅ぐ2匹の犬

飼い主さんがドッグフード選びで気にされることの一つに、「どれくらいのタンパク質が含まれるフードを選ぶべきか」があると思います。

ペットフードの栄養基準を決めている世界的な団体「AAFCO」(全米飼料検査官協会)によると、水分を抜いた状態のフードに対し、成犬の場合は18%以上、子犬は22%以上のタンパク質が含まれるべきとされています(※)

例えばPETOKOTOのオリジナルドッグフード「PETOKOTO FOODS」でも、AAFCOの基準に沿ってビーフが30%、チキンが44%、ポークが31%、フィシュが36%含まれているため、子犬からシニアまでオールステージで食べられる総合栄養食になっています。

AAFCOのほかに国産ドッグフードではペットフード取引協議会、ヨーロッパ産ではFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)などが栄養基準を決めています。フード選びの際は、それらの基準に沿った総合栄養食になっているかどうかを確認するようにしてください。

※乾物1kg、代謝エネルギー4000kcal当たり

タンパク質が不足した場合に見られる症状

犬はタンパク質が不足すると成長不良や貧血、食欲不振、毛艶が悪くなるといった症状が見られるようになります。総合栄養食を食べていても食べる量が少なければタンパク質は不足してしまいますので、その子に合ったごはんを与えるようにしてください。1日の最適カロリー量はPETOKOTO FOODSの「フード診断(無料)で簡単に計算することができます。

食べる量が少なくなりがちなシニア犬(老犬)は特に注意が必要です。エネルギーが不足すれば、筋肉をエネルギー源にするため分解されてしまいます。体を動かしにくくなって余計に食べる量が減ってしまう悪循環になってしまいますので、好みのごはんを見つけたり、食べやすい環境を作ってあげたりすることが大切です。


高タンパクフードのメリット・デメリット

牛肉

犬にとってタンパク質が重要なら、より高タンパクなごはんを選ぶのがいいのではないかと考える方もいるでしょう。実際、犬は高タンパクなフードを好む傾向にあり、もともと肉食であったことを考えれば当然と言えます。

しかし、肉食だったのは過去の話。先ほど話した通り、現在は肉だけでなく野菜もバランス良く食べる必要があります。過剰に摂取すれば、特定の栄養が不足したり消化の際に肝臓や腎臓に負担をかけてしまったりします。

高タンパクフードのメリット

子犬

タンパク質は子犬期の成長に欠かせないものですし、シニア犬(老犬)や闘病中の筋力減少を抑えるためにより多く必要な場合もあります。しかし、あえて「高タンパクフード」を選ぶ必要はありません。全ての総合栄養食は必要なタンパク質を含んでいるからです。

また、タンパク質は脂質や炭水化物と違って、たくさん摂取したとしても体内で蓄積することはできません。過剰なタンパク質はただエネルギーとして燃やされるか、脂肪に変わって蓄えられるだけです。

飼い主さんに注目していただきたいのは、タンパク質の量ではなく質です。一言で「タンパク質」と言っても、フードのタンパク質源として使われている食材はさまざまです。量が多くても、質が悪ければ実際の消化・吸収率は低いかもしれないのです。


高タンパクフードのデメリット

怒る犬

犬は人と共に生活する中で遺伝子を変化させ、炭水化物も消化してエネルギーにできるようになりました。これは単に食材の選択肢が広がっただけでなく、体にとっても良い効果が生まれました。

犬は摂取したタンパク質をアミノ酸に分解し、肝臓でグルコース、尿素窒素、そしてエネルギーに変換します。さらにタンパク質の老廃物である尿素窒素は、腎臓でろ過します。つまりタンパク質に頼るほど、肝臓や腎臓に負担をかけることになります。

また、高タンパクフードは犬の攻撃性を高める可能性があります。体内のアミノ酸濃度が高くなると、セロトニンを作るトリプトファンが脳内に入るのを邪魔します。セロトニンは精神安定に深く関わっており、不足するとイライラ感につながってしまうのです(※)

※参照:水越美奈『食と問題行動』(ペット栄養学会誌)

手作りごはんのメリット・デメリット

犬の手作りごはん

PETOKOTOでは、しっかりと犬の栄養学を勉強した方でない限り、毎日のごはんを手作りにすることはオススメしていません。新鮮なごはんを食べることはとても大切ですが、栄養バランスが偏っていれば逆に不健康になってしまうからです。

実際、手作りフードを食べていた子が体調を崩して病院に行ったところ、手作りフードが原因だったという事例もあります。健康のためにしていたことが不健康につながっては本末転倒ですね。


手作りごはんのメリット

PETOKOTO FOODSに「メロン」をちょい足し

愛犬のごはんを手作りするメリットは、大きく二つあります。一つは「新鮮な食材を最低限の加工で食べさせられる」こと。もう一つは、「何を食べさせているかが明確」ということです。

どれだけ良い食材を使っても、栄養は加工する際に失われてしまいます。ドライフードのような高温調理では、それが顕著に起こります。また、市販のドッグフードでは例えば原材料に「肉」とだけ書かれ、産地や部位が詳しく説明されていないものもあります。

添加物もどんなものがどれだけ使われているのか、一般的な飼い主さんがすべてを理解するのは難しいでしょう。手作りなら何をどんな目的で使うかは飼い主さん次第ですので、安心して食べさせることができます。ただ、それには専門的な知識が必要です。

そこで、ペトことでは国産食材を使った手作りのような新鮮なごはんを提供しています。冷凍でお届けするため、保存料や香料など添加物も使っていません。手作りフードを食べさせたい方は、ぜひご検討いただければと思います。


質の良いタンパク質と質の悪いタンパク質

PETOKOTO  FOODS

犬のごはんは、タンパク質の量よりも質が大事であることをお伝えしました。食材自体の質や鮮度も大事ですが、消化しやすい食材を選ぶことも大事です。

犬が消化しやすい高タンパク食材

動物性タンパク質で消化しやすい食材は、卵、チーズ、魚が挙げられます。

タンパク質といえば肉のイメージがあると思いますが、熱が加えられていない肉類のタンパク質は消化にはよくありません。肉はゆっくり加熱調理することで消化しやすい食材になります。

トロトロの角煮をイメージしてみてください。繊維状のタンパク質であるコラーゲンは、加熱すると65度で最も硬くなります。しかし75度を超えるとゼラチン化して柔らかくなり、消化にも良くなるのです。

生のままだと消化が悪いのは、肉だけでなく大豆や小麦も同様です。こちらもタンパク質を大豆から分離させた豆腐や、小麦タンパクを取り除いた小麦グルテンであれば非常に栄養価が高く、消化に良いタンパク質となります。


まとめ

PETOKOTO FOODSを欲しがるビーグル
犬は総合栄養食で十分なタンパク質が摂れる
必要以上のタンパク質は肝臓や腎臓に負担をかける
高タンパクフードが犬の攻撃性を高めてしまう場合も
専門知識なしで手作り食にするのは危険
タンパク質は量より質を重視する

ドッグフードを選ぶ際に気になるポイントとして、「タンパク質」を挙げる方は少なくないと思います。それは、犬がもともと肉食だったことから連想されるイメージが大きいと思います。しかし、現代の犬は肉だけでなく野菜なども必要とするようになりました。

一つの栄養や一つの食材に偏るのではなく、いろいろな食材からいろいろな栄養をバランス良く摂ることが、長生きへの近道となります。正しい知識で、愛犬に健康的なごはんを食べさせてあげてください。


PETOKOTOFOODS
ご満足いただけなかった場合は初回配送分に限り、全額返金いたします。ぜひ一度お試しください。

>> 詳しくはこちら <<


この記事を監修している専門家

ニック・ケイブ(Nick Cave)獣医師

ニュージーランド・マッセー大学獣医学部准教授、米国獣医栄養学専門医

ニック ケイブ先生
マッセー大学獣医学部小動物内科にて一般診療に従事した後、2000年に獣医学修士を取得(卒業論文は『食物アレルギーの犬と猫の栄養管理』)。2004年よりカリフォルニア大学デービス校で栄養学と免疫学の博士号を取得し、小動物学臨床栄養の研修を修了。同年、米国獣医師栄養学会より米国獣医栄養学専門医に認定。2005年より小動物医学および栄養学の准教授、獣医栄養学の専門医としてマッセー大学に戻る。家族、2匹の犬、猫、そしてヤモリと暮らしている。